不動産の一括査定で営業さんを指名したり、希望を伝えることはできますか?

q1不動産売却の一括査定サービスで、担当営業を指名したり、女性の営業さんが良いとか、ベテラン営業に頼みたいとか、そういう希望を伝えることはできるのでしょうか?

不動産の売却が初めてなので、戸惑っています。

当方が、不動産取引について分からないことだらけなので、担当してくださる不動産営業の方は、”若さが取り柄”みたいな新人営業さんだと困ります。

かと言って、強面の海千山千みたいな大ベテランの営業さんだと、言いたいことが言えなくなってしまうのではないかと心配になってしまいます。

中堅で、物腰が柔らかくて、でもシッカリしているみたいな営業さんに担当してほしいのですが、一括査定でそこまで要求することはできないのでしょうか?

当サイトにお寄せいただいた、不動産売却査定に関する質問にお答えしています。

担当営業の希望を伝えないとダメです

不動産査定を申し込む方って、こういう心配があるんですね、勉強になりました。

担当してもらいたい不動産営業のタイプがあるならば、しっかり希望を伝えなければいけません。
お客様から、なにもリクエストがないと、不動産会社の反響順で営業を割り当てられます。

担当する物件の順番とか割り当て方を簡単にご説明します。

その場にいた営業が担当する場合

  • アポなしで店頭に直接、来店された場合

 
チラシを撒いた本人が担当する場合

  • 撒いたチラシに反響があった場合

 
営業が順番に担当する場合

  • 電話による、売却依頼のお客様の問い合わせ
  • 一括査定などのネットからの反響

お客様からの問い合わせや、売却依頼をいただくことを不動産屋では反響と呼んでいます。

うえに記したように、反響の種類によって、誰が担当するかが変わってきます。

反響をとる順番を決めておくと、その場に不在でも、後から対応することができます。

こうやって反響をとる順番を決めておかないと、反響の電話を取るために、ずっと営業所に居座って、チラシ撒き(ポスティング)に行かない営業がでてしまうのです。

順番にしておけば、営業所に帰ってから対応することもできます。また、自分で撒いたチラシに反響があれば、そのお客様を担当することもできます。

不動産屋にとって、チラシ撒きってすご~く大切なものなんです!

担当する不動産営業を指名する方法

不動産の一括査定サービスを利用する際に、担当者を指名したり、希望する担当がある場合には、以下のように入力して下さい。

リビンマッチで担当の希望がある場合

リビンマッチの査定依頼の入力画面で、最後にでてくる5ページ目に「コメント」という欄に、担当者の希望を記載すればOKです。

リビンマッチ査定申し込み手順の流れ
不動産一括査定サイト「リビンマッチ」の、申し込み画面にそって紹介していきます。 その前に・・・、 リビンマッチの特徴をおさらいします。 登録不動産屋は約800社 売却契約後にギフトカードのプレゼント ...

リビンマッチの査定画面

  • 妻がやり取りをするので、女性の不動産営業を希望します
  • 新人でも構わないので、やる気のある元気な営業を希望します
  • いろんな相談ができるよう、同年代の男性営業を希望します
  • 経験豊富で頼もしい、ベテラン営業さんを希望します。

コメント欄には、こんな風に記入していただければ、分かります。

イエイで担当の希望がある場合

イエイの場合にも、4ページ目に「要望・質問など」という欄があり、自由に書き込めるようになっています。

「机上査定」のみが選べる!イエイ一括査定の申し込み手順の流れ
不動産一括査定サイト「イエイ」の一括査定で、申し込みの画面に沿って紹介していきます。 イエイのサービスをおさらいしておくと・・・。 査定参加の不動産会社数1,000社超 不動産屋と会わなくて済む「机上査定」が選べる ...

イエイの査定依頼画面

不動産売却は担当者選びが鍵

不動産売却において、担当する不動産営業はメッチャ重要です。

相性の良い、売れる営業に担当してもらえば、簡単に売れる物件でも、
担当が悪いと、いつまで経っても売れないことがあります。

営業のスキルとか経験とか、熱量みたいなものが、全然違うんです。

不動産査定で比較!売れる営業の見極め・チェック方法
初めて家を売る人が、不動産屋の仲介なしで売却をすることは、現実的に難しいでしょう。 ということは、売却を依頼する不動産屋選びが不可欠になります。 不動産関係に勤める知人に紹介してもらう ポストに投函される不動産チラシを...

わたしのオススメする不動産査定

大手と地元、エース営業が査定するHOME4U

一括査定は大手が中心だったり、逆に地元の小さな不動産屋だけのサイトばかり・・・。

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

 
あります!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

査定の知識
宅建士さやかの家を売る方法