マンションの売却で調べておきたい管理組合の順番について

自宅であるマンションを売却するときに、売主さんに調べておいて欲しいことが不動産屋にはあります。

それが、マンション管理組合の役員の順番です。
管理組合は組合員(所有者)のなかで輪番制によって理事・役員が選出されます。

これからマンションを購入しようとするお客様にとって、

じつは来年度が管理組合の順番です、と言われるのと、
昨年役員だったので次は10年後です、と言われるのではインパクトが違いすぎますね。

管理組合の順番は管理組合に問い合わせる

新築当時から住んでいるマンションであれば、管理組合の発足当時の資料を見返すと、管理組合の順番について表記されているのが普通です。

途中で、立候補がない限り、その順番通りに理事・役員の選出が行われていきます。

そんなに、古い資料は残っていないよ!

こんな場合は、管理組合に直接問い合わせるのがいいですね。

問い合わせをしたからって突然、順番が回ってくるわけではないので安心して下さい。

不安

購入されるお客様は、新しく購入しようとするマンションに対して希望だけを持ていらっしゃるわけではありません。

  • お隣さんは、どんな人だろう?
  • 近所に怖い人やうるさい人はいないだろうか?
  • 同じマンションに、同学年のいじめっ子はいない?
  • マンション内で揉め事とか起こってないかな?

ドキドキとワクワク、気持ちとしては、遠くから引っ越してきた転校生のイメージです。

そんな不安な心境なのに、順番だから明日から学級委員長だからね!なんて言えませんよね。

ですので、しっかり管理組合の順番は調べて、順番が近いときには、どのように話せばいいのか、担当する不動産営業と打合せをしておいて下さい。

マンションの売却に強い不動産屋が揃っている → マンションnaviの評判・口コミ

管理組合のメンバーに加わるメリット

面倒くさそう、というイメージが先行する管理組合の役員・理事。

たしかに世帯数の多い大型マンションは、所有者の利害が必ずしも一致しないので、揉め事が少なくないといえます。

あとは、建築後20年を超えるような歴史のある管理組合の場合、過去の役員・理事の経験者(OB/OG)が、事あるごとに口を挟んできて、理事会の運営がままならないという話も伺います。

たしかに、面倒くさいのは事実なのですが、協力して問題にあたる、現役の理事・役員には当然ながら固い団結力がうまれます。

お子さんがいなくて、共働きの夫婦だったりすると、
10年間、同じマンションに住んでいても、
「知り合いや友だちがいない」って話をよく聞きます。

マンションに引っ越したばかりで大変かもしれませんが、
一気にマンション内にお友達をつくる良い機会ですよ。

↑ 私はいつも、こんな風にお話しています。(参考まで)

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却の基礎知識
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法