家の売却理由に好印象・悪印象ってある?

売主さんの心配されていることの一つに、売却理由が挙げられます。

だいたいの売主さんは、悪い印象を持たれて家が売れなくなるのでは?と考えています。

たしかに買主さんは、「どうして家を売るんですか?」って、売却理由を必ず尋ねます。
思い返すかぎり、この質問をされなかった買主さんっていないかもしれません。

でも、売主さんが心配している売却理由は、離婚とか、(給料が下がって)住宅ローンの支払いが厳しくなったりとか、そういうことなんですよね・・・。

良い印象の売却理由・悪い印象の売却理由とその伝え方を紹介します。

良い印象の売却理由

基本的にポジティブで良い印象の売却理由は、進んで伝えたほうが家は売れやすくなります。

  • 広い間取りへの住替え
  • マンションから一戸建てへの住替え
  • 転勤による売却

その物件は、最寄り駅から徒歩15分くらいの住宅地内の一戸建て。
50坪くらいの敷地に一台分の駐車場がある4LDKの間取りでした。

正直いって、住宅としては特に際立った売りと言えるものがない物件でした、
でも、その売り主さんの売却(住み替え)理由にインパクトがあったんです。

お客様のご見学の際には、私がさりげなく売主さんに売却理由の話を振って、本人の口から大いに語ってもらいました。

  • この家に住み始めてから運がよくて
  • 会社で重要なポストに昇進して
  • 年収もそれまでの3倍に跳ね上がった
  • だから都心に住み替えることにした
  • これを売り主さんの口から聞くと説得力がハンパないのです。

    ご見学にいらしたお客様は、商売をされていた(経営者)ので「ゲンを担ぐ」「縁起のいいもの」を非常に気にします。
    見学したその日のうちに、値引き交渉もなく購入の申し込みをいただきました。

    簡単!あなたの家が売れるストーリーは?
    不動産屋にとって、一戸建ては、マンションよりも少しだけ売りづらい。 マンションは鉄筋コンクリート造(RC)で、かつ規格が一定、買う人にとって安心感があります。 反対に一戸建ての多くが、木造(W)住宅で、柱や梁など中身の状態がわか...

    意外に買主が気にしない売却理由

    売主が気にしているのに、買主はさほど気にならないという家の売却理由もあります。

    離婚が売却原因って、縁起が悪い気がするかもしれません。

    しかし買主が新婚カップルで、購入するマンションで二人の新生活を迎えるというケースで「離婚が売却理由」と伝えても、気にされる様子はありませんでした。

    ローン返済に困ったことなども同様です。

    言わなくてはいけない!悪い印象の売却理由

    不動産屋は、「買主が購入前に知っていれば買わなかった」という事実(売却理由)は、しっかりと伝えなくてはいけません。

    この「知っていれば買わなかった」という基準が曖昧すぎます、また個人差があるので、基本的には包み隠さず、すべてを伝えるようにしています。

      とくに問題になるのは下のような売却理由です。

    • その家で事件・事故・自殺があった
    • 近隣とのトラブルで揉めて出ていく
    • 夜間の騒音がひどく、ノイローゼになった

    こういう売却理由の場合には、販売価格を下げたうえで、心理的瑕疵・特別な理由があるので、安くなっていると説明することで納得してもらうしかありません。

    他の方法として、業者による買い取りも一つの選択肢になります。面倒な手続きもなく、心理的瑕疵のリスクも買取業者が負ってくれます。(買取金額は一般仲介に比べて、安くなることはご了承ください)

    わたしのオススメする不動産査定

    大手と地元、エース営業が査定するHOME4U

    一括査定は大手が中心だったり、逆に地元の小さな不動産屋だけのサイトばかり・・・。

    • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
    • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

     
    あります!
    大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

    内覧に備える
    宅建士さやかの家を売る方法