マンションを住みながら売却するメリットとデメリット。

  • マンションに住みながら売却することなんてできるのか?
  • 賃貸に引っ越してから売りに出したほうが高く売れるのでは?
  • でも売れるかどうかも分からないのに引っ越すのはお金もかかり不安
  • 同じマンションの知り合いにも売却することを知られたくない
  • お客様が見学に来たとき、子供はいても平気なの?

自宅のマンションを住みながら売却するケースは多いです。

売主さんのみならず、買い主であるお客さまにとっても、居住中(住んでいる状態)のマンションを見学することはメリットがあるのです。

不動産営業の立場から見た、マンションに住みながら売却するメリットとデメリットを紹介します。

モノを買うとき「安くて、サポートが手厚いのは、どこか?」ひと通り調べてから購入するのが普通です。しかし、家を売るときには、いい加減に選んだ不動産屋の言いなりで損をする人が多い。
せめて3社でも、複数の不動産会社に相談すれば「勉強している売主だ」と営業の対応が違ってきます。不動産屋に一目置かれるには、一括査定経由が正解です。
イエウールHOME4UすまいValue
売却に熱意のある不動産会社が多く在籍する査定サイト。
提携する不動産会社の数が一番多く、準大手から地元の中小までラインナップが豊富。
なるべく早く売りたい・高く売りたいなど様々なニーズを叶える営業が見つかる

公式サイト → イエウール

準大手・中堅・地元中小までがバランスよく揃った不動産査定の老舗。
都心・地方の両方に強く、必ず複数の不動産会社が選べるのがHOME4Uのポイント。
18年間の運営・累計35万件超の査定実績は圧倒的。

公式サイト → HOME4U

大手不動産グループ6社による一括査定。
対応エリアは全国だが、都心・主要都市から外れると、対応できる不動産会社が少なくなるのが残念。
担当営業は(大手の余裕からか)あっさりした人柄が多く、物足りなく感じる売主も多い。

公式ページ → すまいValue

売主は見込み客に、見込み客は売主に会えることがメリット

よく、ネットの情報などには居住中の様子を見ることで「家具の配置などを参考に住み替えたときのイメージが分かる」と書いてあります。

間違いではありませんが、これからマンションを買おうと言うお客様は、新築マンションの展示場なども必ず内覧しています。
あらためて、住んでいるマンションの部屋を見て、家具の配置を参考にする人は多くありません。

そんなことよりも買い主さんが最もメリットだと感じてくれるのは「住んでいる人に会える」「生の声が聞ける」というのが一番でしょう。

売主にとっても、お客様にお会い出来るチャンスです。当然、直接マンションの魅力をアピールすることもできます。

「不動産屋が説明すればいいのでは?」と思われる売り主さんも多いかもしれません。
しかし、買い主さんは不動産屋の喋ることなんて話半分に聞いています。

所詮、そこに住んでいる売主には、かなわないと知っているのです。

  • 同じマンションの住民で困った人はいないか
  • 隣近所はどんな人たちが住んでいるのか
  • 夜間に騒音などで困ったことはないのか
  • 保育園や幼稚園の待機状況はどうなのか
  • 子どもが通うことになる小学校の様子はどうか
  • 通学路に危険な箇所はないのか

当然ながら、本気でマンションを買う気がある人ほど、これらのことが気になるのです。

担当してくれる不動産屋に聞いても「分からない」だろうと考えますよね。

マンションを住みながら売却するとき、最大のメリットはお客様の最も聞きたい質問に答えることができるという事がわかるでしょう。

デメリットは生活感

マンションを住みながら売り出すときのデメリットは、にじみ出る生活感でしょう。

居住中の中古マンションを買おうとする人は、新築マンションの購入も視野にいれています。
両者を比較すると、どうしてもかなわないのが「お客様になにを想像させるか」

新築のマンションは、おしゃれなインテリアを配して、「こんな家に住みたい」という夢を与えることが容易です。

一方で、居住中のマンションは、「やっぱり子どもが二人いるとこうなるよな」という現実感なのではないでしょうか。

お客様の夢を演出するために、新築マンションの展示場では「ちょっと小さめのテーブル」が置いてあることを知っていますか?置いてあるインテリアが小さいと、その分だけ部屋が大きく見えます。

展示場は追加オプション満載の夢の売り場と言っていいでしょう。

マンションの部屋

  • 荷物があって、部屋が狭く感じてしまう
  • 収納などを確認するのがお互いに遠慮する
  • お風呂・トイレを見る・見せるのに抵抗がある
  • 見学のたびにする掃除が大変
  • 突然の見学に、売主さんが都合を合わせなければならない
  • ペットや小さいお子さんを見学のたびに外に連れ出す苦労も

さっと例を上げましたが、マンションを住みながら売却するときのデメリットになります。

空室にするメリット

不動産屋の本音としては、売り出すマンションは、空室のほうがありがたい。

やっぱり、引っ越した後で、軽くクリーニングを入れてくれたお部屋のほうが、内覧したお客様の「感度が出る」ことが多いです。

あとは、売り主さんの都合に合わせて、内覧のスケジュール調整をしなくてよいのも空室のメリットです。

ごくまれに、「子どもが生まれるのでマンションを買おうかな?」という感じで、フラッと来店されるお客様がいらっしゃいます。

こういうお客様に対して、「せっかくいらしたので、ご紹介できる物件をご案内します」といって、空室中の売出し物件を見せて回ると、「いいですね~」と一気に買う気モードになることがあります。

こういう「フラッと客」には、居住中のマンションは紹介できないんですよね、現実的に。
機会損失と言えると思うのですが、住みながら売りだすのは、不動産屋としてはやりづらいということです。

他に、空室で売り出す場合には、週末ごとに現地販売(オープンルーム)を開催することができます。オープンルームは来場客数こそ多くないものの、購入意欲の高いお客様が来場されます。

詳しいことは、不動産の一括査定で相談してみることをおすすめします。

本気で家を売る人の不動産会社選び

提携する不動産会社数、No.1の不動産査定

  • 売却の得意な不動産屋が集まるサイト
  • より高い査定額を選べる
  • 比較するから分かりやすい
  • 高い査定額の根拠が分かる
  • 相性が合う営業さんに出会える

本気で高く売りたいならイエウール

【VIP待遇】バカにされない一括査定

「たった一社にしか頼まない」売主を不動産屋はバカにして囲い込む。

あえて、競争原理の働く「一括査定」で頼む売主を、不動産屋は「勉強している」と一目置きます。

HOME4Uは日本でもっとも長く続いている一括査定。

内覧に備える
宅建士さやかの家を売る方法