マンションで自殺があったけど、この部屋は売れるの?

q1住んでいるマンションで、自殺さわぎがあったんです。

自殺を図ったのはマンションに住んでいた40代の男性で、働き過ぎによる過労が原因なのではと言われています。

この自殺したマンションの部屋は売ることができますか?
また、同じマンションで別の部屋を売りに出した場合には、値段が下がったりしないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

当サイトにお寄せいただいた、不動産売却査定に関する質問にお答えしています。
【参考】自殺・事故物件の売却方法

事故物件を買い主に黙って売ることはできない

自殺や一家心中、殺人事件などがあったマンションや一戸建てなどが売りだされた場合、不動産業界では「事故物件(じこぶっけん)」と呼んでいます。事件・事故があった不動産物件といった意味でしょう。

マンションを売りたい個人が、知り合いの人に個人的に売却するのであれば、自殺や事件を隠し通せるかもしれませんね。ただし、不動産売買に不動産屋(正確には宅建業者)が絡むときには、この自殺を買い主に告げる義務が生じます。

買い主への告知の義務が生じるのは、宅建業者だけでなく売り主にも及びます。ちなみに、契約関連の書類に記載する場合は「心理的瑕疵(しんりてきかし)」といいます。

この告知義務に違反して(自殺を隠して)売却したことが後から分かった場合には、慰謝料の請求をされるでしょう。

もちろん不動産屋としては、宅建業法に定められた通り、「自殺があった」旨の記載は怠りません。

しかし、人の死んだことのない場所って、ほとんどないでしょう。しかも自殺は、(最近少なくなっていますが)日本国内に一年間で3万人近くが亡くなっています。

だから事件事故があったマンションは意外に多いんです。
これはサイトで調べられます。 → 事故物件検索

事故物件を買うのはこんな人

事故物件を購入する人はいるんです。
やっぱり、物件価格が安いのが魅力なんでしょうね。

私は、一度だけ事故物件の仲介に絡んだことがあります。
その時の買主さんは、20代後半の女性で、職業は看護師、ちなみに独身でした。

看護師として働いているからなんでしょう、死が常に身近にあるので、自殺したお部屋とかって、あまり気にされていませんでした。
ひたすら、安い買い物ができたことに喜んでいる様子・・・。

ちなみに、そのときの売り主さんは自殺された家族から格安で買い取った、転売(買い取り)業者でした。

ざっくり相場感を申し上げますと、
そのエリアの同じ間取りのマンションが3,000万円くらいで取り引きされていて、
看護師さんが購入した自殺したお部屋(事故物件)は2,600万円を切る価格でした。

一割強、割安だといえるでしょう。

おそらくその転売業者は2,000万円くらいで、ご遺族から買い取ったのではないでしょうか。
壁紙を替えて水回りに手を入れて、売れない場合のリスクを見込んで500万くらい上乗せすれば、十分に利益が出せます。

価格さえ安くすれば売れない不動産はありません。

同じマンションの別の部屋も自殺の影響を受ける

いただいたご質問には同じマンションで別の部屋も価値が下がるのではないか?と書かれていました。

結論から申し上げると、自殺の影響を受けて売却価格は下がるでしょう。重要事項説明で話さなければいけないので、隠し通すことはできません。

事件前の時点に比べ、多少なりとも価格が下がることからマンションの資産価値が下がったと言って間違いがないでしょう。
これは、質問された方の不安が的中していることになると思います。

一方で事件の後も下がらない資産価値もあります。
これは、不動産にかかる固定資産税の評価額です。

マンションがいくら風評被害を受けようが、この評価額は下がりませんね。
税金を徴収するための基準になる価格なので、わざわざ徴収額が減るような評価を下しません。

マンションの固定資産税の評価額を知りたい方は、毎年3月~4月くらいに送られる「固定資産税支払通知書」をご覧になると、評価額も記載されています。

私がオススメする不動産査定。

不動産売却一括査定ランキング1位
大手か?地元か?どっちも査定はHOME4U
 
不動産一括査定は、大手不動産会社が中心だったり、逆に地元密着の小さな不動産屋しか参加していない査定サイトが少なくありません。というか、ほとんどの査定サイトがどちらかになります。(汗)

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

ありますよ!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加する査定サイト HOME4U

競合するライバル会社が多いので、各不動産会社は売れるNO.1営業を担当させます。
HOME4U(ホームフォーユー)の評判・口コミ

  • 対応地域:全国
  • 査定料金:無料
  • プライバシーマーク取得だから安心
  • 厳選された550社で悪徳業者は排除
  • 査定利用者数は日本最多の550万人

不動産売却一括査定ランキング2位
両手取り引き原則禁止!ソニー不動産
 
売主の利益を追求し、高値売却にこだわった結果、ソニー不動産では原則として「両手取り引きをしないこと」を決めました。

これは「高く売りたい」売主・「安く買いたい」買主の両方を担当すると、利益が相反するからです。
ソニー不動産は、大手不動産屋の「両手狙い」「物件隠し」「囲い込み」を許しません!

ソニー不動産の評判・口コミをみる

  • 対応地域:東京・埼玉・千葉・神奈川
  • 利用料金:無料査定
  • 不動産種別:マンション・戸建て・土地

最大5万円分の仲介手数料割引制度あり!

card0531_2
  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?
入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった「管理人のプロフィール」を大公開!宅建士・さやかのプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする