マンションの売却理由が「離婚」って言わなきゃいけない?◯◯の場合はトラブルになるかも・・・。

「失礼ですが、マンションのご売却理由は何ですか?」

「あぁ、それは、離婚して引っ越すことになったので・・・・。」
「すでに、妻と子どもは出て行ったのでここに戻ることはありません。」

さびしげに語るご主人。

まだ片付いていないカウンターキッチンには、お子さんを写した写真立てが飾られていました。

写真立て

  • 見学に来た人にマンションの売却理由って聞かれることはありますか?
  • 直接、尋ねられなかったとしても、いつか言わなくてはいけないのでは?
  • 買おうとしているマンションが離婚したって縁起が悪くないですか?
  • できれば、ご近所にも知られることなくマンションの売却も済ませたい

離婚を理由に、住んでいたマンションを売却される方は少なくありません。
結婚したカップルの三組に一組が離婚をするのですから、当然といえば当然です。

マンションの売却理由が「離婚」だと、言う必要はありません。
ただし、そのマンションが◯◯の場合には、後々トラブルになりかねないかもしれません。

モノを買うとき「安くて、サポートが手厚いのは、どこか?」ひと通り調べてから購入するのが普通です。しかし、家を売るときには、いい加減に選んだ不動産屋の言いなりで損をする人が多い。
せめて3社でも、複数の不動産会社に相談すれば「勉強している売主だ」と営業の対応が違ってきます。不動産屋に一目置かれるには、一括査定経由が正解です。
イエウールHOME4UすまいValue
売却に熱意のある不動産会社が多く在籍する査定サイト。
提携する不動産会社の数が一番多く、準大手から地元の中小までラインナップが豊富。
なるべく早く売りたい・高く売りたいなど様々なニーズを叶える営業が見つかる

公式サイト → イエウール

準大手・中堅・地元中小までがバランスよく揃った不動産査定の老舗。
都心・地方の両方に強く、必ず複数の不動産会社が選べるのがHOME4Uのポイント。
18年間の運営・累計35万件超の査定実績は圧倒的。

公式サイト → HOME4U

大手不動産グループ6社による一括査定。
対応エリアは全国だが、都心・主要都市から外れると、対応できる不動産会社が少なくなるのが残念。
担当営業は(大手の余裕からか)あっさりした人柄が多く、物足りなく感じる売主も多い。

公式ページ → すまいValue

買い主は売却理由を何のために尋ねるのか?

マンションの売却理由が、夫婦の離婚だというのが恥ずかしい。
こういう気持ちは、よく分かります。

同様に、勤めていた会社を解雇されてローンの返済が苦しくなったから。
という売却理由も、以前は多かったように思います。

不動産屋の営業は「売却理由」を必ず尋ねます。(だから嫌われるのかな?)

不動産屋は、買い主さんに尋ねられる可能性があることは、どんな情報でも仕入れておく必要があるからです。

では、買い主さんは、なぜ売却理由を尋ねるのでしょう?

  • 同じマンションでトラブルを起こす人はいないか
  • マンションの上下階・左右に隣接する部屋で騒音はないか
  • この部屋に幽霊が出たりするのではないか
  • 自殺や殺人事件のあった部屋なのではないか

中古マンションを購入しようとする人が、気にしていること・前に住んでいた売り主さんに尋ねたいことは、上記のような理由です。

売り主さんが離婚するかどうかは、買い主さんはあまり興味がありません。

担当営業には、離婚と伝えるべき

そのマンションを買おうとしている人は、売り主の婚姻関係について、それほど興味がありません。

ですから、マンションの売却理由を尋ねられたときに「離婚」という必要はありません。

  • 親の介護が必要になったので、売却することにしました。
  • 職場に少しでも近いところへ引っ越すことにしました。
  • しばらく賃貸に住んで一戸建てを買おうかと思います。

多少、無理のある売却理由でも、まったくの嘘でなければ買主さんにそう伝えてもいいでしょう。

ただし、不動産屋の担当営業には、正直に離婚の話はして欲しいですね。
もしかして、その方便(嘘)がトラブルを引き起こしそうならば助言することができるからです。

マンションの売却理由をなんというかは、担当営業ならば普通アドバイスします。

ただ見学だけをしている人には、間違っても離婚のことなんか言いません。
本当に「買いたい」という意志を示したお客様にだけ言う必要があるかもしれませんね。

とくに新婚生活をその部屋で始めたいと考えているカップルには、前オーナーの離婚を気にされる方もいらっしゃいます。
離婚のことを告げずに、契約・引き渡しまでしてしまっても、契約不履行にも契約解除も求められません。

黙ったまま引っ越した後で、噂好きの近所の人に「あの人、離婚したからマンション売ったのよ」と言われてしまうのが痛いです。

トラブルになりかねないのは◯◯のとき

さて、ここまでマンションの売却理由は離婚だと言わなくても大丈夫、という話をしてきました。
しかし、必ず言わなくてはいけない場合が一つだけあると考えます。

それは、マンションの名義が共有の場合です。

離婚される時って、円満に別れることは少ないのでしょう。

「妻に連絡が取れなくって・・・」

マンションから出て行ったが最後、近寄りもしないし、電話にもでないというパートナーは多いです。

マンションを夫婦の共有名義で購入した場合は、(基本的には)必ず夫婦二人の売却意志を確認する必要があります。
二人の所有物であるマンションを、一人の意志で勝手に売ってしまうことはできません。

二人で買ったものは、二人で売らなくてはいけないのです。

ただ、メッチャ非協力的な(元)奥さんとかいるんですよ、たまに。

  • 契約日をすっぽかしたり
  • 引き渡しを忘れていたり

(元)旦那が憎くてわざとやっているのか、すでに興味が無いのかもしれません。契約や決済引き渡しがスムーズにいかないと、売り主・買い主の双方にとって迷惑になります。

事前に、売り主の一人である、元パートナーが、決済に同席しないことがわかっていれば、司法書士の先生と相談して、事前に対処することができます。

マンションを買ったときに共有名義にしたかどうかを忘れてしまった人は、「登記済権利証」「登記識別情報」「登記簿謄本」などを確認することで分かります。

心配だったら、不動産屋の担当営業に相談してください。

本気で家を売る人の不動産会社選び

提携する不動産会社数、No.1の不動産査定

  • 売却の得意な不動産屋が集まるサイト
  • より高い査定額を選べる
  • 比較するから分かりやすい
  • 高い査定額の根拠が分かる
  • 相性が合う営業さんに出会える

本気で高く売りたいならイエウール

【VIP待遇】バカにされない一括査定

「たった一社にしか頼まない」売主を不動産屋はバカにして囲い込む。

あえて、競争原理の働く「一括査定」で頼む売主を、不動産屋は「勉強している」と一目置きます。

HOME4Uは日本でもっとも長く続いている一括査定。

内覧に備える
宅建士さやかの家を売る方法