家が売れた後の片付け、捨てる?残していいの?エアコンや特注のカーテン

掃除

家を売るときの、お掃除の大切さについては、過去に何度か紹介しています。

汚い家より、キレイな家のほうが、お客様の印象もいいですから、不動産屋としても紹介しやすくなります。

さて、売れた後から引渡しまでの家の片付けについて、捨てるべきなのか・残しておいても良いのか、という話をしたいと思います。

古いけど使えるエアコンとか、特注のカーテンなどですね。

モノを買うとき「安くて、サポートが手厚いのは、どこか?」ひと通り調べてから購入するのが普通です。しかし、家を売るときには、いい加減に選んだ不動産屋の言いなりで損をする人が多い。
せめて3社でも、複数の不動産会社に相談すれば「勉強している売主だ」と営業の対応が違ってきます。不動産屋に一目置かれるには、一括査定経由が正解です。
イエウールHOME4UすまいValue
売却に熱意のある不動産会社が多く在籍する査定サイト。
提携する不動産会社の数が一番多く、準大手から地元の中小までラインナップが豊富。
なるべく早く売りたい・高く売りたいなど様々なニーズを叶える営業が見つかる

公式サイト → イエウール

準大手・中堅・地元中小までがバランスよく揃った不動産査定の老舗。
都心・地方の両方に強く、必ず複数の不動産会社が選べるのがHOME4Uのポイント。
18年間の運営・累計35万件超の査定実績は圧倒的。

公式サイト → HOME4U

大手不動産グループ6社による一括査定。
対応エリアは全国だが、都心・主要都市から外れると、対応できる不動産会社が少なくなるのが残念。
担当営業は(大手の余裕からか)あっさりした人柄が多く、物足りなく感じる売主も多い。

公式ページ → すまいValue

モッタイナイは買主に確認する

ようやく内見してくれたお客様から「購入の申し込み」が入れば、あとは価格交渉があって、売買契約締結に進みます。

不動産売買契約の準備・当日の流れ
売り出していた家に「購入申し込み」が入り、売主・買主、双方が条件面で合意することができたら、いよいよ不動産売買契約です。 売主が契約に際し、準備することと、契約当日の流れをご紹介します。 契約前の準備 契約で必要なもの...

まだ、引っ越しの準備もされていない方が多いかもしれませんが、売買契約締結前に、捨てるもの・残すものを決める必要があります。

家に残すものを決め、それ以外のものは、すべて捨てます。

    捨てるか、残すのか、迷うのは以下の設備

  • リビングの特注カーテン
  • 設置済みのエアコン
  • 洒落たコンセントカバー
  • 芝刈り機
  • 庭に設置した物置
残置物の確認手順

売主が「残したいもの」をピックアップして、買主に「残してもいいですか?」と尋ねます。
一つずつ「残すか」「捨てるか」を決めて、「設備表」・「物件状況報告書」に記載します。

残すものはキレイにして引き渡す

やった!残せるラッキー♪
こんな気持ちで置いていくのは、買主さんにとって本意ではないでしょう。

捨てるのはお金もかかるし、使ってくださるのであればありがたい。
こんな気持ちを込めて、最後に残すものも掃除してから引渡してください。

引き渡した後に、ドアの立て付けが悪いとか、クレームが起きるのは、引き渡しの仕方が悪い場合がほとんどです。

家を売った後に不具合などでクレームがあった場合の対処法
もし、家を売却した後で、建物や住宅設備に不具合があったら・・・? せっかく買ってもらったのに、買主さんに申し訳ないという気持ちもあるかもしれません。 しかし、家を売ったあと、3年も経ってからクレームを言われても、正直、困りま...

担当の不動産営業も十分注意しますが、経験のない営業だと、そもそもクレームを予見することが出来ません。

買主に対する感謝の気持ちを最後まで忘れないでください。

本気で家を売る人の不動産会社選び

提携する不動産会社数、No.1の不動産査定

  • 売却の得意な不動産屋が集まるサイト
  • より高い査定額を選べる
  • 比較するから分かりやすい
  • 高い査定額の根拠が分かる
  • 相性が合う営業さんに出会える

本気で高く売りたいならイエウール

【VIP待遇】バカにされない一括査定

「たった一社にしか頼まない」売主を不動産屋はバカにして囲い込む。

あえて、競争原理の働く「一括査定」で頼む売主を、不動産屋は「勉強している」と一目置きます。

HOME4Uは日本でもっとも長く続いている一括査定。

決済・引き渡しのルール
宅建士さやかの家を売る方法