家が売れた後の片付け、捨てる?残していいの?エアコンや特注のカーテン

掃除

家を売るときの、お掃除の大切さについては、過去に何度か紹介しています。

汚い家より、キレイな家のほうが、お客様の印象もいいですから、不動産屋としても紹介しやすくなります。

 
さて、売れた後から引渡しまでの家の片付けについて、捨てるべきなのか・残しておいても良いのか、という話をしたいと思います。

古いけど使えるエアコンとか、特注のカーテンなどですね。

モッタイナイは沢山ある

ようやく内見してくれたお客様から「購入の申し込み」が入れば、あとは価格交渉があって、売買契約締結に進みます。

まだ、引っ越しの準備もされていない方が多いかもしれませんが、売買契約締結前に、捨てるもの・残すものを決める必要があります。

 
売買契約時に、「設備表」・「物件状況報告書」という取り決めを売主・買主で行います。

そこで、家に残すものを決め、それ以外のものはすべて捨てる必要があります。

    捨てるか、残すのか、迷うのは以下の設備

  • リビングの特注カーテン
  • 設置済みのエアコン
  • 洒落たコンセントカバー
  • 芝刈り機
  • 庭に設置した物置
残置物の確認手順

売主が「残したいもの」をピックアップして、買主に「残してもいいですか?」と尋ねます。

一つずつ「残すか」「捨てるか」を決めて、「設備表」・「物件状況報告書」に記載します。

残すものはキレイにして引渡しましょう

やった!残しておいてラッキー♪

こんな気持ちで置いていくのは、買主さんにとって本意ではないでしょう。

 
捨てるのはお金もかかるし、使ってくださるのであればありがたい。

こんな気持ちを込めて、最後に残すものも掃除してから引渡してください。

 
引渡した後に、ドアの立て付けが悪いとか、クレームが起きるのは、引渡しの仕方が悪い場合がほとんどです。
【参考】家を売った後に不具合などでクレームがあった場合の対処法

担当の不動産営業も十分注意しますが、経験のない営業だと、そもそもクレームを予見することが出来ません。

 
買主に対する感謝の気持ちを最後まで忘れないでください。

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却の基礎知識
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法