不動産売買契約の準備・当日の流れ

売り出していた家に「購入申し込み」が入り、売主・買主、双方が条件面で合意することができたら、いよいよ不動産売買契約です。

売主が契約に際し、準備することと、契約当日の流れをご紹介します。

  • 契約日前に、担当営業に提示していただきたい資料
  • 契約当日に持参するもの
  • 契約当日の流れ

契約日前に、担当営業に提示していただきたい資料

    重要事項説明・契約書作成への資料提供(契約前)

  • 管理規約・使用細則(マンションの場合)
  • 建築確認通知書(検査済証)
  • 固定資産税納付書
  • ローン残高証明書
  • 測量図・境界確認書
  • 購入時の契約書・重要事項説明書

上に記したものは、担当の不動産営業が、重要事項説明書及び不動産売買契約書の作成を行うために必要な書類です。

不動産屋が管轄の役所で取得できるものは準備します。しかし、所有者本人でなければ取得できない、所持していない書類があるのでご協力ください。

他に、「付帯設備表」「物件状況等報告書」という二つの書類を作成します。

これは、売却する家の住宅設備について、壊れているものがないか、チェックするものです。
担当営業と一緒に、現状確認しながら作成するのが好ましいです。

契約当日に持参いただくもの

  • 本人確認用身分証明書
  • 登記済証または登記識別情報
  • 実印
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)
  • 収入印紙(郵便局で購入)
  • 仲介手数料の半金(買い主から預かる手付金からでも可)

売買契約当日に、必要となるものです。

契約は土・日・祝日に行われることが多いので、印鑑証明・収入印紙は事前に準備する必要があります。

なお、収入印紙は担当営業が立て替えて購入することもあるので、印紙代金だけ持参する場合もあります。

契約当日の流れ

  1. 売主・買主、双方の本人確認
  2. 重要事項説明(売主不在のことも多い)
  3. 売買契約書の読み合わせ
  4. 付帯設備表・物件状況等報告書を確認
  5. 署名・捺印
  6. 手付金の受領(領収書を発行)
  7. 仲介手数料の半金を不動産屋に支払い

不動産売買契約は、上記のような流れで行います。所要時間は(重要事項説明に出なければ)1時間程度と考えてください。

なお、2項目の重要事項説明は、売主が立ち会う必要は(本来)ありません。ただ、仲介する不動産屋によっては、売主の同席をお願いすることがあります。おもに「◯◯信託不動産」といった信託銀行系の不動産会社に多いです。

重要事項説明に同席されるようなら、プラス1時間を覚悟しなければならないでしょう。

契約する場所は、不動産会社の応接室・銀行の契約スペースなどで行われることが多いです。
売主と買主の住んでいる場所が離れている場合は、買主の近所で契約行為を行うことが普通です。(買主優先)

他に心配なことがある場合には、事前に担当不動産営業にご確認ください。

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却の基礎知識
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法