中古住宅の売却に値引きは必要?

不動産の売却査定のとき、不動産営業にこう言われるかもしれません。

不動産営業
 
中古住宅の場合は、買い主から値引き交渉が入るのが普通です!
 
 

え~っ!
それって本当に普通なんですか?

値引きは不動産屋の営業戦略

前述の不動産営業の言葉には、きっと続きがあります。

不動産営業
 
中古住宅の場合は、買い主から値引き交渉が入るのが普通です!
ですから、値引き分を見込んで100万円売り出し価格を高くしましょう。
 

「値引き」は買う気のスイッチ

物件の内覧を終えて・・・、

不動産営業
いかがでしたか?
今日ご内覧いただいたマンションは?

お客様
すごく素敵で気に入りました。
帰ってから二人でよく検討してみたいと思います。

不動産営業
よろしければ
特別に100万円ほど値下げをする交渉をしてみましょうか?

お客様
お~っ!

単純なことですが、自分だけ100万円安く買えると思うと、一気に買う気スイッチがONされちゃうお客様が多いです。

限定ものとか、基本的に弱いですよね!(私だけではないはず・・)

不動産営業は、これは!と思えるお客様には、積極的に値引き交渉を持ちかけます。

 
お客様の気持ちが、トップギアに入るので、簡単で効果が高いんです。

 

値引きできなくてもOKの不思議

100万円の値引き交渉をしてみましょうか?

マジですか?

値引き交渉をするためには、「購入申込書」に値引き額を記入しなければなりません。
「購入申込書」を記入するということは、言わずもがなですが、買う気を示すことを意味します。

ですから、値引き交渉をするということは、値引き交渉が上手くいった場合、その家を買うことが条件なのです。

 
購入申込書を記入すれば、買主さんの覚悟が決まります。
もう、完全に「買う気スイッチON」です。

  • 子どもの小学校は◯◯小学校ね
  • 買い物は、このスーパーに行くことになるのね
  • 食器棚はあそこに置いて
  • 寝室に小さな机は置けるかな?

その家での将来・生活をイメージさせることができれば、もう売れたも同然です。

100万の値引き交渉が、たとえ50万円の値引きしか受け入れられなくても、買い主はその家を購入するものです。

値引き額を含んでいることを忘れてしまう売主

やったぜ~!
売れました!とばかりに売主に連絡します。

「100万円値引き交渉が入りましたが購入申し込みいただきました!」

 
すると、売主さんは「販売金額には値引き額を含んでいる」ことを、すっかり忘れていたりするんです。

「え~、そんな値引きイヤだよ!」

売り出し前に、しっかり打ち合わせをしていても、販売金額の入ったチラシを見ているうちに、「この価格で売れる!」っていう気になっちゃうものなんです。

 
担当営業としては、もう一回説明をしなければいけません。
でも、満額回答の値引きでなくても大丈夫です。

すでにお客様の買う気のスイッチは入っていますから。

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却のコツ
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法