土地(更地)をスマートに早く売る方法・泥臭くても高く売る方法

更地の価格を査定するサービス、しかも無料!で書きましたが、
「空家等対策の推進に関する特別措置法」が施行されて、固定資産税の優遇措置が得られなくなった空き家が取り壊され、土地の供給量が多くなっていきます。

固定資産税は、毎年1月1日時点で家屋があるかどうかを確認しています。
だから、「特定空き家等」に指定されていなかったとしても、更地にして売却したい場合には1月2日以降に取り壊すのが節税対策になります。


さて、土地を高く売るには、どうすればいいでしょうか?

いったん不動産屋の立場を離れて、わたし自身が土地を高く売るには、いったい何をするか考えていきたいと思います。
【参考】古い家は解体して更地にしたほうが売れやすいって本当?

土地を高く売る・早く売るはトレード・オフの関係

大きな視点で見た場合、土地の流通経路は二種類だと思います。

  • 不動産関係の業者に売る
  • 一般の買主さんに売る

  • 不動産関係業者と大きく括ってしまいましたが、建売業者・マンション建設業者・再販業者などがあります。
    どの業者も「利益を得るため」の営業行為として土地を買うわけですので、購入価格は安ければ安い方がいいとなります。

    複数の業者に相見積もりをとった場合、
    「◯千万円だったら買えますよ」
    と買い取りの上限金額を示してくれます。

    とくに建売業者などのスピード感は見習うべき点があって、土地の見積依頼をした次の日には金額が出ることもあります。

    業者には土地を早く売ることができます。

    一方で、一般のお客様に土地を売る場合は、高値を追求できる可能性があります。

    土地を高く買ってくれるお客様には、そこに住みたい理由があるからです。

    もし、売れるまでの時間に縛られないのであれば、建売業者などに買い取ってもらうのではなく、一般の買い主に土地を売ったほうが高くなると言えるでしょう。

    売地

     

    泥臭いけど地道な土地の販売方法

    • 不動産会社にはレインズに登録してもらう
    • 新聞折り込み・投函チラシに掲載
    • 店頭広告の掲載
    • 不動産ポータルサイトに掲載
    • 現地看板を立てる
    • 除草をしっかりしておく
    • 不要物の撤去
    • 【追記】2016(平成28)年1月から、囲い込み対策で、売主がレインズの登録をチェックできるようになりました!レインズ売り出した不動産の検索可能に!

    どれをとっても、ありきたりで目新しいものはないでしょう。

    ただ、「あたりまえのことをあたりまえにやり続ける」ことは難しいです。

  • お客様の反応がない
  • 結果が出ない
  • やり方が間違っているのでは?
  • やらない理由、やりたくない理由はいくらでも出るでしょう。

    結果が出なくて不安だから、新しいことを次々にやるのはいいのですが、当たり前のことは続けなくてはいけません。

    土地を、すぐに・高く売る方法に悩んで、探している暇があったら、あたりまえのことをやり続けたほうがずっといいでしょう。

    だって、これまで試行錯誤した戦略で結果がでたものが残ったのですから。

    泥臭い、あたりまえの販売手法には特効薬はありません。
    しかし、これらの販売手法にはそれぞれに実績があるのですから。

     

    【まとめ】土地を高く売るには

    土地を高く売るには、なにをすべきなのか、先に述べたような泥臭いことを続けていくことが大切です。

    半年以上売り出していたのに、「現地看板を見た」と近所の方から電話が来ることがあります。
    (自分も含めて)意外に人は広告を見ていません。

    すぐに効果の出る方法というのは、これまで考えつくされているので、土地を高く売るための必殺技はありません。
    そのかわり、続けていれば「この土地がほしい」というたった一組のお客様にいつか届くことができます。

    早く土地を売りたいなら、安くても建売業者に売却すべきです。
    時間をかけてでも土地を高く売るには、じっくり、泥臭く、売り出していくのが正道。


    売り出す土地の除草などは、売り主さんが続けますが、広告関係は不動産会社に任せる必要があります。
    これは、広告費がかかることなので、どれだけ付き合ってもらえるのか、不動産業者を選定することも重要になりますね。

    私がオススメする不動産査定。

    不動産売却一括査定ランキング1位
    大手と地元、エース営業が査定するHOME4U

    不動産一括査定は、大手不動産会社が中心だったり、逆に地元密着の小さな不動産屋しか参加していない査定サイトが少なくありません。というか、ほとんどの査定サイトがどちらかになります。(汗)

    • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
    • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

    ありますよ!
    大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加する査定サイト HOME4U

    競合するライバル会社が多いので、各不動産会社は売れるNO.1営業を担当させます。
    HOME4U(ホームフォーユー)の評判・口コミ

    • 対応地域:全国
    • 査定料金:無料
    • プライバシーマーク取得だから安心
    • 厳選された550社で悪徳業者は排除
    • 査定利用者数は日本最多の550万人

    不動産売却一括査定ランキング2位

    東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

    もし東京・神奈川・埼玉・千葉の物件を売却するのであれば、HOME4Uの一括査定とは別にソニー不動産の売却相談もプラスして下さい。

    ソニー不動産はHOME4Uの一括査定に参加していません。

    しかし、両手取り引きを封印するソニー不動産のビジネスモデルは、売主にとって有利だと考えるので、ぜひともソニー不動産の売却提案を聞いて欲しいんです。

    「高く売りたい」売主と、
    「安く買いたい」買主。

    仮に不動産屋が買主の味方をすると、売主は不利益を被ります。でも(普通の)不動産屋は両者の味方を演じつつ両方の仲介をして、売主・買主の両方から仲介手数料をいただきます。

    ソニー不動産では売主の利益を追求し、高値売却にこだわるため、原則として「両手取り引きを禁止」しています。

    ソニー不動産は、大手不動産屋の「両手狙い」「物件隠し」「囲い込み」を許しません!

    ソニー不動産の評判・口コミをみる

    • 対応地域:東京・埼玉・千葉・神奈川
    • 利用料金:無料査定
    • 不動産種別:マンション・戸建て・土地

    最大5万円分の仲介手数料割引制度あり!

    card0531_2
    • 早く売却・高く売却は両立する?
    • 売れない不動産の共通点とは?
    • 値下げ交渉される本当の理由とは?
    入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった「管理人のプロフィール」を大公開!宅建士・さやかのプロフィール

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする