西日本レインズを使って調べられる2つのこと

全国に4つあるレインズのなかから、西日本レインズ(国土交通大臣指定 公益社団法人 西日本不動産流通機構)を紹介します。

西日本レインズとは?

レインズというのは略語です。
”Real Estate Information Network System” → REINS(レインズ)
英単語の頭文字を1字ずつとって並べていることが分かります。

レインズは、売り出されたり、貸し出された不動産物件を(不動産会社間で)お互いに探したり、紹介し合うための物件情報のデータベースです。

レインズの目的は閉鎖的になりがちな、不動産取引の透明性を実現するために運営されています。

不動産業界のデータベース「レインズ」の前身となる、「オープンマーケット(OM)」という団体を1984年につくったのが、「すまいValue」に参加する不動産会社の大手6社です。

すまいValueの評判・特徴
不動産屋で大手企業って、どういう会社がありますか? いま住んでいるマンションを売りたくて、近所の不動産屋に話を聞きにいきました。ところが、少々、面倒くさいことになっています。 本当に相談だけが目的で行ったのですが、「いますぐ売り...

西日本レインズの管轄エリア

日本には、4つのレインズがあって、それぞれ物件を管轄する地域が違います。

西日本レインズが管轄している地域は、中国地方(5県)・四国地方(4県)・九州地方(7県)・沖縄の合計17県です。

  • 中国地方(鳥取県・島根県・岡山県・広島県・山口県)
  • 四国地方(徳島県・香川県・愛媛県・高知県)
  • 九州地方(福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・宮崎県・鹿児島県)
  • 沖縄県

西日本レインズの他は、日本に3つのレインズがあります。

レインズには一般向け・プロ向けの2種類がある

不動産屋に就職すると、真っ先に研修でレインズの使い方を習います。
それは、不動産会社だけしかログインできないクローズド(プロ向け)なレインズです。

プロ向けのレインズ以外に、一般の人が誰でも閲覧できるレインズ(の入り口)もあります。2つのレインズは、入り口は違うけれど同じデータを参照しています。

ただし、プロ向けのレインズが100%の物件情報を閲覧できるとすると、一般向けのレインズで閲覧できる情報は40%くらいに制限されています。

一般向けのレインズ入り口

http://www.nishinihon-reins.or.jp/

プロ向けのレインズ入り口

https://takikou.subcenter.jp/
※会員(不動産会社)専用のIDとパスワードがないとログインできません。

一般向けのレインズで調べるべき2つのこと

先述しましたが、レインズは不動産取引の透明化と円滑化を目的として情報を公開しています。
つまり、レインズのデータを有効に利用されることを求めています。

逆に、レインズを閲覧することで起こる不利益(不動産会社や売主の情報)に関しては、閲覧ができないようにしっかりブロックされています。

一般の人、とりわけ不動産を売りたいと考えていらっしゃる人には、以下の2つの点をレインズで調べていただきたいと思います。

レインズで調べるべきこと

  • 売り出す前に、過去の成約単価を調べる
  • 売り出してから、レインズに物件が登録されたかを調べる

売り出す前に、過去の成約単価を調べる

家を売る前に売却相場を調べる4つの理由
家を売りたいんですが、まず何をすればいいですか? まだ住み始めて15年の一戸建てを売ろうかと考えています。 家を売ろうかと考え始めたキッカケは妻のお母さん(義母)の介護のためです。義母は、近所に住んでいるので通ってお世話をするこ...

売り出してから、レインズに物件が登録されたかを調べる

レインズ売り出した不動産の検索可能に!売主限定で確認OK
これまで不動産屋にしか利用できなかったレインズ(REINS:不動産流通標準情報システム)が、レインズの登録状況を閲覧・確認する機能が解放されました(売主限定)。 これで「囲い込み」・「物件隠し」といった、不動産屋が両手狙いで行う悪い手...

まとめ

西日本レインズの画面

西日本レインズは、不動産取引のデータや、媒介契約の基礎知識など、不動産を売却するための情報が盛り沢山です。

また、処分を受けた宅建業者(不動産屋)の情報公開(会員処分)も行っています。
不動産売却を頼む前に、悪徳業者でないかのチェックにも使えます。

不動産会社と媒介契約を締結した、売主様は必ずレインズをチェックし「自分の物件が登録されているか?」確認してください。

家の売却は一括査定から始めるのが確実で安全。
ひとつの不動産会社の意見だけを鵜呑みにするのは危険だからです。

たくさんの意見を聞けばリスクが少なくなる。
でも、何社も聞くのは面倒くさいし、営業されるのも心配。

不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

まずは、机上査定で多くの査定を取り寄せ、そのなかからじっくり選べばOKです。

無駄に偉そうだったり、上から目線なのではなく。
一緒に売り方を考えてくれるパートナー(営業さん)を探しましょう。

私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は・・ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

レインズ
宅建士 さやかをフォローする
宅建士さやかの家を売る方法