不動産売買で仲介業者を使わない個人間売買の落とし穴

不動産の売却時に、仲介する不動産会社を使わないで、個人間売買で済ませようって考えたことはないですか?

「大した仕事しないくせに高い仲介手数料をとりやがって!」なんて声が聞こえてきそうで怖いです。【参考】不動産売却の費用、仲介手数料はいくらかかる?

私は、一度だけお願いされたことがあります、「白紙の売買契約書ください!」って・・・。

宅建業者(不動産会社)を挟まないで、個人間で不動産の売買契約を行うことは、もちろん可能です。こわいのはトラブルになったときのリスクです。不動産の個人間売買でどんなトラブルがあるのか、またこんな場合には個人間でもOKでは?と思えるケースを紹介します。

買い主が決まっていれば簡単

私が、「白紙の契約書ください!」ってお願いされたケースでは、すでに買い主が決まっていました。

都心のマンションだったんですが、所有している70平米くらいの分譲マンションを賃貸に出していたんです。
それで、その借り主が「気に入ったからマンションを売ってください」と貸主にお願いしたんですね。

それで、提示された売却価格も納得できる金額だったので売却することになりました。
普通ならばこのタイミングで「不動産会社に間に入ってもらう」ということになるのですが、借り主が裁判官・貸主は不動産を多く所有、ということで「個人間でやろう」ということになったようです。

私は、貸主(売り主)である、この方の不動産購入をお手伝いしたばかりだったので、快く白紙の契約書を準備しました。

不動産の売却は、お客様さえ自分で見つけることができれば、契約自体は(それまでに経験したことがあれば・・・)難しいことではありません。

契約当事者の双方が合意していれば「契約自由の原則」により、どんな契約も成立します。
仲介手数料を支払わなくていいメリットは見逃すことができませんね。

他に、個人間売買で多いケースは身内同士の不動産売買ではないでしょうか。
例えば兄弟間で不動産を売買するようなケースです。最悪、トラブルになっても許せる相手だったら、いいのでしょうね。
(身内だからこそモメるともいえますが・・・。)

個人間売買の注意点

売買契約書の雛形さえ入手できれば、基本的に契約書の項目を埋めていくことで、売買契約の要件は満たせます。

  • 敷地・建物をくまなく記載する
  • 所有権移転登記も自力でするのか

心配なことはたくさんありますが、最も陥りがちな点は、「売買の対象不動産をきちんと契約書に記載すること」です。

一戸建てなら、敷地内に複数の建物が登記されていたり、マンションでも敷地が二筆に分かれていたりします。
売買契約書に、全て記載しておかないと、Aは売り渡したのに、Bは売却していない、という状態になりかねません。

私たち仲介業者でもよくやるミスなので、とくに注意が必要だと思います。

売買契約を締結をすれば、法律上、不動産の譲渡は完了します。しかし、第三者に不動産の所有権を脅かされないためには、対象不動産の所有権移転登記をしなければいけません。

対象不動産の管轄する法務局に行き、手続きをすることになります。仲介業者が入った不動産売買では司法書士の先生が行う業務です。

私は、不動産の所有権移転登記を自力でやったことはありません。ただ、住居表示が変わったことによる「登記情報の更正」をしたことがあります。その際の法務局担当者の対応は、親切で分かりやすかったです。

あ~、自分でやってもいいんだな!って思いました。

心配なようなら、所有権移転登記だけ司法書士に依頼してもいいし、一度、法務局にやり方を聞いてから、自分でやっても良いのではないでしょうか。

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却の注意点
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法