不動産売却の費用、仲介手数料はいくらかかる?

不動産を売却するときに、かかる費用が以下の通りです。

  • 仲介手数料(媒介した不動産業者へ)
  • 収入印紙の代金(売買契約書に貼付)
  • 住民票の取得
  • 印鑑証明の取得
  • 抵当権抹消費用(ローンがある場合)

費用のなかで大きなウエイトを占めるのが、不動産会社に支払う仲介手数料でしょう。

不動産売却時の仲介手数料について説明します。不動産を売却するときの仲介手数料を安くする方法。もあわせてお読みください。

不動産売却時の仲介手数料

不動産会社に支払う仲介手数料は、売却する不動産物件の成約価格で決まります。

不動産の売買価格 仲介手数料の上限
200万円以下 5%(消費税は別)
200万円超、400万円以下 4%+2万円(消費税は別)
400万円超 3%+6万円(消費税は別)

※業者が宅地または建物の売買等に関して受けることができる報酬の額
平成26年2月28日国土交通省告示第172号

宅建業者は、この報酬額の制限を超えた金員を受け取ることができません。

広告料?
そんなものは請求できません。

仲介手数料の早見表

不動産売却時の仲介手数料の目安として、早見表を作成しています。
「売りだした価格」ではなくて最終的に「成約した物件価格」が基準になります。

売却価格 仲介手数料 + 消費税 売却価格 仲介手数料 + 消費税
2000万円  71万2800円 5500万円  184万6800円
2500万円  87万4800円 6000万円 200万8800円
3000万円 103万6800円 6500万円 217万800円
3500万円 119万8800円 7000万円 233万2800円
4000万円 136万800円 7500万円 249万4800円
4500万円 152万2800円 8000万円 265万6800円
5000万円 168万4800円 8500万円 281万8800円

仲介手数料の支払い時期

仲介手数料は、決済・引渡し時に一括で支払うわけではありません。(まれに、そういうこともあります)
売買契約締結時に半金、決済(引渡し)時に残金を支払います。
不動産売却の仲介手数料の支払い時期

【参考】不動産売却のトラブルで仲介手数料が返ってくる場合、返ってこない場合。もあわせてご覧ください。

 
私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は、、、ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

家を高く売る方法
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法