自殺・殺人のあったマンション・事故物件を購入する人/安くても売却する方法

先日、千葉市の「事故物件」のネット公売がニュースになりました。

  • 官公庁オークションで事故物件を出品
  • 2014年1月男性が何者かに刺され死亡(殺人事件)
  • 固定資産税の滞納から、差し押さえ、公売に出品
  • 756万円で出品 → 1,111万1100円で応札(1件のみ)
  • 敷地面積 527平米
  • 木造2階建て、延べ床面積 308平米
  • 近隣相場では、5,000万円程度の物件
  • 落札者は千葉市内の不動産業の男性
  • シェアハウス・セミナーハウスなどに利用を見込む

千葉市でネット公売にかけられた事故物件

訳あり物件でも買う人は多い

殺人事件の現場になった家、一家心中のあったマンション、事件事故の現場になった不動産は数多くあります。

私も、不動産業に携わるようになると、物件の売却を依頼され、調べてみたら自殺したことのある物件だったということがあります。私が携わったの場合でいうと、依頼者からは自殺に関することをなにも聞かされませんでした。でも、調査のために周辺を歩いていると、近所のおばさんに話しかけられ、自殺した当時のことを教えてくれたのです。

噂好きのおばさんというのは、どこにでもいるものですね。自殺した物件であることを知らずに家を売っていたら、あとで大変なことになっていたかもしれません。

一方で、訳あり物件だとしても「安く買えるなら大丈夫!」というお客様も少なくありません。

私が事故物件を売却した方は、若い看護師でした。「人の生死とか身近なので気になりません」とおっしゃっていました。【参考】マンションで自殺があったけど、この部屋は売れるの?

中国人・韓国人など外国籍の方も、あまり気にされない方が多いと聞いています。

そもそも、京都などは歴史的に見て、暗殺・辻斬り・焼き討ちなどが、多く起こっています。
戦争で空襲にあって、多数の方が焼け死んだ東京も、人気があります。

ヨーロッパでは石造りの歴史的な建物が多く、築100年は若い物件と言われます。
当然、事件・事故もあるので、気にされることがないと聞いています。(仲介で絡んだことはありません)

買い取り査定ならば、すぐに売れる

事件・事故があった不動産物件を売却しようとするとき、売り主の告知義務として必ず事故について触れなければなりません。

宅建業者(不動産会社)は重要事項説明書の「その他重要な事項」の項目で明記し説明します。売り主は、「物件状況報告書」のなかで明記し、説明することを義務付けられています。

物件で自殺した人が、家族だった場合には、話たりするのが辛いですね。一般の見ず知らずの人に話すことは、大変な心理的なストレスでしょう。

こんな場合には、不動産の買い取り業者を利用すると良いでしょう。
買い取りを検討される方は、一括査定で備考に「買い取り査定を希望」と記入すればOKです。

ぜひご活用ください。

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却の注意点
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法