【朝日新聞】負動産対策にネット競売、ワクワク!FKR不動産オークション!

負動産対策にネット競売

朝日新聞「負動産対策にネット競売」が掲載されました。

「不動産」ではなく「負動産」です。
お金ばかりかかって活用できない「負債の不動産」という意味でしょう。

負動産が安くても売れなかった理由

  • 固定資産税の支払いがイヤ
  • 管理費・維持費にお金がかかる
  • 利用しない不動産を処分したい
  • タダでも良いから手放したい

安くても売りたい
と思っても、不動産屋は熱心にお客様を探してくれません。

なぜかって?
値段の安い物件は、仲介手数料も安いから!

手数料が安くても仕事なんだからやるべきではないのか・・・。
建前としては、その通りなのですが、100万円の物件を売っても仲介手数料は5万円にしかなりません。

5万円の報酬のために役所の調査など走り回って・・、
契約書・重要事項説明書を作成するのも時間がかかります。

そのうえ、その契約がトラブルになったらと考えると、不動産仲介を生業としている者にとって、リスクに報酬が釣り合わないのです。

負動産のネット競売サイト

不動産会社が頼りにならないなら、ネットのオークションをしよう!

負動産のオークションをはじめたのは「不動産競売流通協会(FKR)」。
https://fkr.or.jp/

FKR不動産オークション

新聞記事に掲載されていた千葉県の土地、100平米・18万円~もあります!

FKR不動産オークション → https://fkr.or.jp/efuoku/

見ているだけでワクワクしちゃいます。

【まとめ】安く処分できる負動産

FKR不動産オークションの手数料ですが、売却額の3%、もしくは、15万円の高い方が手数料になるとのこと。

仮に、FKR負動産オークションを利用して、100万円で物件が売れたとした場合、100万円の3%は3万円なので15万円が手数料になります。
600万円で売却できれば、18万円で3%ルールが適用されるのでしょう。

新聞に掲載されていた千葉の18万円の土地ですが・・・。
九十九里海岸にも近く、マリンスポーツが大好きな人にとっては魅力的なのではないでしょうか?

本格的な家を建てるのではなく。
建築確認の取れるコンテナハウスなら、安く設置できます。

無骨な感じはありますが、それもオシャレ感ありますね。

コンテナハウス
https://www.dwell.com/

わたしのオススメする不動産査定

大手と地元、エース営業が査定するHOME4U

一括査定は大手が中心だったり、逆に地元の小さな不動産屋だけのサイトばかり・・・。

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

 
あります!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

コラム
宅建士さやかの家を売る方法