【朝日新聞】負動産対策にネット競売、ワクワク!FKR不動産オークション!

負動産対策にネット競売

朝日新聞「負動産対策にネット競売」が掲載されました。

「不動産」ではなく「負動産」です。
お金ばかりかかって活用できない「負債の不動産」という意味でしょう。

負動産が安くても売れなかった理由

  • 固定資産税の支払いがイヤ
  • 管理費・維持費にお金がかかる
  • 利用しない不動産を処分したい
  • タダでも良いから手放したい

安くても売りたい
と思っても、不動産屋は熱心にお客様を探してくれません。

なぜかって?
値段の安い物件は、仲介手数料も安いから!

手数料が安くても仕事なんだからやるべきではないのか・・・。
建前としては、その通りなのですが、100万円の物件を売っても仲介手数料は5万円にしかなりません。

5万円の報酬のために役所の調査など走り回って・・、
契約書・重要事項説明書を作成するのも時間がかかります。

そのうえ、その契約がトラブルになったらと考えると、不動産仲介を生業としている者にとって、リスクに報酬が釣り合わないのです。

負動産のネット競売サイト

不動産会社が頼りにならないなら、ネットのオークションをしよう!

負動産のオークションをはじめたのは「不動産競売流通協会(FKR)」。
https://fkr.or.jp/

FKR不動産オークション

新聞記事に掲載されていた千葉県の土地、100平米・18万円~もあります!

FKR不動産オークション → https://fkr.or.jp/efuoku/

見ているだけでワクワクしちゃいます。

【まとめ】安く処分できる負動産

FKR不動産オークションの手数料ですが、売却額の3%、もしくは、15万円の高い方が手数料になるとのこと。

仮に、FKR負動産オークションを利用して、100万円で物件が売れたとした場合、100万円の3%は3万円なので15万円が手数料になります。
600万円で売却できれば、18万円で3%ルールが適用されるのでしょう。

新聞に掲載されていた千葉の18万円の土地ですが・・・。
九十九里海岸にも近く、マリンスポーツが大好きな人にとっては魅力的なのではないでしょうか?

本格的な家を建てるのではなく。
建築確認の取れるコンテナハウスなら、安く設置できます。

無骨な感じはありますが、それもオシャレ感ありますね。
https://box-of-iron-house.com/category/house/

家の売却は一括査定から始めるのが確実で安全。
ひとつの不動産会社の意見だけを鵜呑みにするのは危険だからです。

たくさんの意見を聞けばリスクが少なくなる。
でも、何社も聞くのは面倒くさいし、営業されるのも心配。

不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

まずは、机上査定で多くの査定を取り寄せ、そのなかからじっくり選べばOKです。

無駄に偉そうだったり、上から目線なのではなく。
一緒に売り方を考えてくれるパートナー(営業さん)を探しましょう。

私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は・・ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

コラム
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法