【朝日新聞】負動産対策にネット競売、ワクワク!FKR不動産オークション!

負動産対策にネット競売

朝日新聞「負動産対策にネット競売」が掲載されました。

「不動産」ではなく「負動産」です。
お金ばかりかかって活用できない「負債の不動産」という意味でしょう。

モノを買うとき「安くて、サポートが手厚いのは、どこか?」ひと通り調べてから購入するのが普通です。しかし、家を売るときには、いい加減に選んだ不動産屋の言いなりで損をする人が多い。
せめて3社でも、複数の不動産会社に相談すれば「勉強している売主だ」と営業の対応が違ってきます。不動産屋に一目置かれるには、一括査定経由が正解です。
イエウールHOME4UすまいValue
売却に熱意のある不動産会社が多く在籍する査定サイト。
提携する不動産会社の数が一番多く、準大手から地元の中小までラインナップが豊富。
なるべく早く売りたい・高く売りたいなど様々なニーズを叶える営業が見つかる

公式サイト → イエウール

準大手・中堅・地元中小までがバランスよく揃った不動産査定の老舗。
都心・地方の両方に強く、必ず複数の不動産会社が選べるのがHOME4Uのポイント。
18年間の運営・累計35万件超の査定実績は圧倒的。

公式サイト → HOME4U

大手不動産グループ6社による一括査定。
対応エリアは全国だが、都心・主要都市から外れると、対応できる不動産会社が少なくなるのが残念。
担当営業は(大手の余裕からか)あっさりした人柄が多く、物足りなく感じる売主も多い。

公式ページ → すまいValue

負動産が安くても売れなかった理由

  • 固定資産税の支払いがイヤ
  • 管理費・維持費にお金がかかる
  • 利用しない不動産を処分したい
  • タダでも良いから手放したい

安くても売りたい
と思っても、不動産屋は熱心にお客様を探してくれません。

なぜかって?
値段の安い物件は、仲介手数料も安いから!

手数料が安くても仕事なんだからやるべきではないのか・・・。
建前としては、その通りなのですが、100万円の物件を売っても仲介手数料は5万円にしかなりません。

5万円の報酬のために役所の調査など走り回って・・、
契約書・重要事項説明書を作成するのも時間がかかります。

そのうえ、その契約がトラブルになったらと考えると、不動産仲介を生業としている者にとって、リスクに報酬が釣り合わないのです。

負動産のネット競売サイト

不動産会社が頼りにならないなら、ネットのオークションをしよう!

負動産のオークションをはじめたのは「不動産競売流通協会(FKR)」。
https://fkr.or.jp/

FKR不動産オークション

新聞記事に掲載されていた千葉県の土地、100平米・18万円~もあります!

FKR不動産オークション → https://fkr.or.jp/efuoku/

見ているだけでワクワクしちゃいます。

【まとめ】安く処分できる負動産

FKR不動産オークションの手数料ですが、売却額の3%、もしくは、15万円の高い方が手数料になるとのこと。

仮に、FKR負動産オークションを利用して、100万円で物件が売れたとした場合、100万円の3%は3万円なので15万円が手数料になります。
600万円で売却できれば、18万円で3%ルールが適用されるのでしょう。

新聞に掲載されていた千葉の18万円の土地ですが・・・。
九十九里海岸にも近く、マリンスポーツが大好きな人にとっては魅力的なのではないでしょうか?

本格的な家を建てるのではなく。
建築確認の取れるコンテナハウスなら、安く設置できます。

無骨な感じはありますが、それもオシャレ感ありますね。
https://box-of-iron-house.com/category/house/

本気で家を売る人の不動産会社選び

提携する不動産会社数、No.1の不動産査定

  • 売却の得意な不動産屋が集まるサイト
  • より高い査定額を選べる
  • 比較するから分かりやすい
  • 高い査定額の根拠が分かる
  • 相性が合う営業さんに出会える

本気で高く売りたいならイエウール

【VIP待遇】バカにされない一括査定

「たった一社にしか頼まない」売主を不動産屋はバカにして囲い込む。

あえて、競争原理の働く「一括査定」で頼む売主を、不動産屋は「勉強している」と一目置きます。

HOME4Uは日本でもっとも長く続いている一括査定。

コラム
宅建士さやかの家を売る方法