専任媒介より2.5倍広告量が多い一般媒介のメリット3つ

q1家を売却しようと思っています。

そこで、まずは不動産屋に話を聞きに行くと、
「一般媒介では、まともに広告できない」と言われてしまいました。
まるで「専任媒介でなければ売ってやらないぞ!」という勢いです。

こんなことってあるのでしょうか?
専任媒介で頼むのが常識で、一般媒介では広告すらしてもらえないのでしょうか?

できれば一般媒介で、複数の不動産屋から家を売り出してもらいたいと考えています。
専任媒介・一般媒介のメリット・デメリットを教えてください。

当サイトにお寄せいただいた、不動産売却に関する質問にお答えしています。

専任ファーストは不動産屋の常套句

専任媒介でなければ売れませんよ!
一般媒介の物件は広告できません!

専任媒介をゴリ推しする不動産営業は少なくありません。というより、ほとんどの営業が常套句として上記のセリフを使っているのではないでしょうか。

「営業が薦めたから、その家に決めた」なんてお客様(買い主)はいません。
むしろ、不動産屋の営業トークに辟易していて、営業が薦める物件を疑っているお客様がほとんどです。

ですから安心して下さい。営業が一番に推したからと言って家が売れるわけではないですし、物件の条件にピッタリと合うお客様は、営業のオススメに関係なくその物件を購入します。

質問それでは、なぜ営業は専任媒介を薦めるのですか?

回答不動産営業は自分の営業成績のために専任媒介を薦めます。
他社との客付け競争になったら、自分のペースでのんびり営業できない、きっと勝ち目がないと思っているのでしょう。

専任は広告量が多いは間違い!

一般媒介では、ほとんど広告できませんよ!
専任媒介の物件を優先的に宣伝することになってます!

これは不動産営業が「専任で媒介契約を締結してもらおう」と必死になっているときのセリフです。この言葉に嘘はありませんが、あえて本当のことを隠しているとも言えます。

たしかに、その不動産会社にとっての広告量や掲載場所は、専任物件に比べて一般物件が劣るでしょう。しかし一般媒介で売り出す売主は、複数の不動産会社と媒介契約を締結して同時に売り出します。

1社による10の広告量より、5社から5ずつ広告を出せば、結果的に2.5倍の広告量になります。狭いところで深く掘り下げるか、浅くても広く掘るかの差になります。

現状の不動産広告はインターネットの物件情報が集客の生命線です。様々なポータルサイトはもちろん、ローカルな物件サイトにも数多く掲載して、ひと目に触れるほうが優位です。

営業の言う専任ファーストは営業自身に都合の良い言葉です。

一般媒介のメリット


一般媒介のメリットは、多くの不動産屋から売り出す点にあります。

複数の不動産会社から売り出すメリット

  • 能力が低く「売れない営業」に拘束されない
  • 一社より複数社で広告したほうが絶対量が増える
  • 囲い込みによる値下げ圧力がない

メリット1、「売れない営業」に拘束されない

これまで何度となく紹介してきましたが、不動産営業は「売れる営業」と「売れない営業」の能力の差が激しく存在します。専任媒介でも運良く「売れる営業」に担当してもらえたらラッキーです。しかし逆の場合は、いつまでも売れないばかりか、値下げまでしなければならなくなります。

最初に一般媒介を選択していれば、多くの不動産営業と付き合うことで、「売れない営業」が担当するリスクを軽減することができます。「売れない営業」が一定数いるかわりに「売れる営業」に当たる確率もあがります。

メリット2、一社より複数社で広告したほうが絶対量が増える

先に説明した通り、多くの不動産会社で物件掲載したほうが買い主の目に触れる確率は高まります。

そもそも不動産会社は選り好みするほど広告枠が少なくありません。「40物件掲載で月に◯◯万円」と言うように掲載物件数に応じて広告料金が決まっていて、不動産会社は必死に掲載枠を埋めようとしています。

専任だろうと一般だろうと掲載することに変わりはありません。

メリット3、囲い込みによる値下げ圧力がない

一社に専任で媒介を依頼すると、不動産屋には競合するライバルがいなくなります。売主をコントロールすることができるのが専任媒介を取得する不動産会社のメリットです。

不動産会社にはメリットですが、売主にとってはデメリットでしかありません。
他社からのお客様の紹介を、勝手に不動産屋が断ってしまったりするんです!

そして、十分に売主を焦らせてから・・・、こう言うのです。

お客様から問い合わせもないので、価格を下げましょう!
下げなきゃ売れませんよ!

不動産会社による囲い込みに関しては、以下で詳しく紹介しました。

不動産屋の囲い込みを避ける方法/両手仲介の多い不動産屋データ
不動産業者の囲い込みについて質問です。 マンションの売却を考えています。 不動産業者は、大手・中小、いろいろおりまぜて査定に来ていただいて専属専任でお願いするところを決める予定です。 不動産業者の選び方で心配な点があります。 ...
家の売却は一括査定から始めるのが確実で安全。
ひとつの不動産会社の意見だけを鵜呑みにするのは危険だからです。

たくさんの意見を聞けばリスクが少なくなる。
でも、何社も聞くのは面倒くさいし、営業されるのも心配。

不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

まずは、机上査定で多くの査定を取り寄せ、そのなかからじっくり選べばOKです。

無駄に偉そうだったり、上から目線なのではなく。
一緒に売り方を考えてくれるパートナー(営業さん)を探しましょう。

私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は・・ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

一般媒介
宅建士 さやかをフォローする
宅建士さやかの家を売る方法