不動産屋に騙された!隣の空き地は建たないと聞いたのに・・。

q1郊外(やや田舎)に建売の一戸建てを購入しました。

買ったときの不動産屋は、売主(建売の業者)で「仲介手数料が無料」でした!

問題はここからなんです。
家の南西方向には月極駐車場になっているのですが、最近、この土地(駐車場)にマンションが建つことが分かりました。

「しばらくは、この土地に何も建ちませんよ」
契約をする前に、不動産屋からは、こう聞いています。

私たちが家を買ってから、わずか1ヶ月です。
不動産屋の言う「しばらく」とは1ヶ月程度のことを言うのでしょうか?

不動産屋に騙されたとしか思えません・・・。

当サイトにお寄せいただいた、不動産取り引きに関する質問にお答えしています。

重要事項説明書類を確認してください

家を買って1ヶ月で隣地にマンションが建つとは、微妙なタイミングですね。
お気持ちをお察しいたします。

不動産屋として、また宅地建物取引士として問題になるのは、2点だと考えます。

重要事項説明をする時点で

  • 不動産屋(宅建士)はマンションが建つことを知っていたか?
  • 近隣の建築計画を調べなかったのか?

不動産売買契約を締結した際の、重要事項説明書を取り出して、確認してください。

重要事項説明では、その時点の建築計画を調査して、告知する義務が宅建士にあります。
もし、宅建士が建築計画を知っていて、それをあなたに告げなかったのであれば「不実告知」のおそれがあります。

普通、重要事項説明では「公図(こうず)」という白地図のようなものを使って、以下のような説明します。

  • 隣の土地は、どこの誰が所有しているのか?
  • 近くに建築計画・都市計画道路はないか?

誰が所有しているかを調べるのは重要です。
隣地をマンションデベロッパーが所有していれば、遠からずマンションが建つのが明らかです。

重要事項説明で、資料があるのか、説明を受けたのかどうかが、争点になりそうですね。

近隣の建築計画を自分で調べる方法

普通の人は、しないと思いますが、不動産屋を信じられない人のために「自分で調査する」方法をお教えします。

簡易的に調べる場合、法務局と役所に行きます。

法務局での調査

法務局は、一般の方には馴染みがないかもしれません。
平日の昼間にしか開いていないので、注意してください。

法務局の場所は、「〇〇市 法務局」と、購入する物件の所在地の市区町村で検索するといいでしょう。

法務局で取得する公的な書類

  • 公図または地図
  • 購入する土地の登記事項証明書(登記簿謄本)
  • 隣接地・道路の登記事項証明書

どうやって取得すればいいのか分からないかもしれません。
法務局には「住宅地図(ゼンリン)」が備えてあります。
住宅地図で調べたい場所(土地)を見つけたら、それを指し示しながら職員に尋ねてください。

隣接地の確認は、先に公図を取得すれば簡単に分かります。

どこの土地を誰が所有しているのかを調べるのが、法務局調査の目的です。

役所での調査

役所での調査は、「都市計画課」と「建築指導課」の二つを廻ればいいでしょう。

都市計画課で調べること

  • 地図を忘れずに持っていく
  • 都市計画道路の有無とその内容
  • 都市計画公園などの有無とその内容

都市計画課では、上記の他に、用途地域・建ぺい率・容積率など、様々なことを教えてくれます。

建築指導課で調べること

自治体により「建築課」「建築審査課」など、名称が違います。

  • 近隣の建築計画の有無
  • 建築計画があれば「建築計画概要書」の写しをもらう

【参考】建築計画概要書の閲覧制度

以上を調べれば、周辺の道路計画や、マンション建設の計画がわかるでしょう。

まとめ

まずは、重要事項説明書を確認して、説明を受けたのかどうかをハッキリさせることですね。

不動産屋の調査後に、建築確認申請が出されているのであれば、それ以上、宅建士には調べることができず、不可抗力だと言えます。

ただ、不動産屋が知っていたのに、騙したり、故意に隠して契約をさせたとなれば、大変な問題になります。

家の売却は一括査定から始めるのが確実で安全。
ひとつの不動産会社の意見だけを鵜呑みにするのは危険だからです。

たくさんの意見を聞けばリスクが少なくなる。
でも、何社も聞くのは面倒くさいし、営業されるのも心配。

不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

まずは、机上査定で多くの査定を取り寄せ、そのなかからじっくり選べばOKです。

無駄に偉そうだったり、上から目線なのではなく。
一緒に売り方を考えてくれるパートナー(営業さん)を探しましょう。

私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は・・ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

トラブル
宅建士 さやかをフォローする
宅建士さやかの家を売る方法