実家を売却するとき、気をつけるべき三原則。

パソコンのモニターに向かい、物件紹介の広告をつくっていたとき、一本の電話が鳴りました。
電話の主は、二日前にご実家を売却するために、媒介契約を締結したお客様。

「すみません、実家の売却の件ですが、買いたいという人が見つかったので広告を止めていただけますか?」

まだ、売りだしてもいないのに、実家に買い手がついたという・・・。

  • 親を有料老人ホームに入所させるため、実家を早く売却したい
  • 親が一人暮らしで心配なので実家を売却して、一緒に暮らしたい
  • 実家を相続したものの、住むつもりもないので売却したい
  • 放ったらかしにしてあった実家の固定資産税を払うのがもったいないので売却したい

不動産屋には、このような理由から実家の売却相談にいらっしゃいます。
ご実家を売却するときに注意すべきポイントを紹介します。

実家の所有者の意志は尊重しましょう

まず、ご実家は誰の名義になっているのか確認する必要があります。
これは、登記済権利証・登記識別情報・登記簿謄本などで調べることができます。

長男だから、実家の売却をする権利があるわけではありませんね。

また、「親が痴呆症などでボケてしまったので、子どものわたしが・・・」というのも基本的には通用しません。
ただ、まったくダメなわけではなくて、成年後見制度を利用して家庭裁判所で後見開始の審判を申し立て、成年後見人に選任されれば、実家の売却をする権利が得られます


いい加減な不動産屋の場合、「売り主の確認」怠る業者・営業が多くて困ります。
新人の頃に不動産営業の基礎を厳しく教えられていないと、本人確認をしないまま売却の手続き(媒介)をしてしまったりします。

実家の売却をすすめて、購入する人も決まり、いざ契約・決済(引き渡し)となった時に「実家は親の所有」で無権利状態だったのでは、所有権移転登記ができません。

最悪の場合、債務不履行(引き渡しをしない)で損害賠償請求をされかねないので、注意する必要があります。

不動産の買い主は半径500メートルにいる

不動産の担当営業は、中古物件を売りに出すときに、まずその物件の近隣を中心に徹底的にチラシを撒きます。

不動産の買い手というのは、その近くにいる人がもっとも見込みがあるとされています。

  • 賃貸からの住み替え、子どもの学区が変わらないよう地域を限定
  • 親の介護が必要なので、近くの家を探している
  • 近くに引っ越すならば住宅の購入資金を親が援助してくれる
  • 子どもが生まれるので実家の近くに引っ越したい

インターネットで不動産物件を探せる時代だからといって、縁もゆかりもない土地の物件を買いたいという人は滅多にいません。
しかし、近所に住む人は「そこに住みたい」強い動機を持っている人がいます。


冒頭で紹介した、「買いたいという人が見つかったので広告を止めて」と電話をされた売り主さんは、
「売り出すならわたしが買う」と隣の家の人に言われて、実際に売却しました。

隣地を購入した方は、もともとの敷地と合わせて、ヘーベルハウスの大きな二世帯住宅を建築しました。
駐車場も3台分確保した豪邸です。


「買い主は半径500メートルにいる」というのは不動産業界で鉄則になっていて、わたしも駆け出しの頃に教えていただきました。

早く売りたいなら買取業者、高く売りたいなら個人の買い主へ

相続が決定していて、納税のため、すみやかに実家を売却しなくてはいけないこともあるでしょう。

不動産売却にスピードが求められるのであれば、買取業者に買ってもらうのがいいでしょう。

業者は、買い取った不動産をリフォームしたうえで転売したり。
解体したあと、新築の建売にしたりします。

実家の売却

利益を得るために、なるべく安く買いたいのが買い取り業者です。
多少、安くても、そのぶん早く売却することができます。


時間がかかっても構わないから、実家を高く売却したいというのであれば、一般のお客様が買ってくれるのを根気よく待つ必要があります。

そのあたりは、売却する方の事情によってくるので、不動産屋に相談に乗ってもらうのが一番よいでしょう。


私がオススメする不動産査定。

不動産売却一括査定ランキング1位
エース営業が査定するHOME4U

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい
ありますよ!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加する査定サイト「HOME4U」 

優秀なライバル会社が多いので、不動産会社は売れるNO.1営業を担当させます。
HOME4U(ホームフォーユー)の評判・口コミ
  • 対応地域:全国
  • 査定料金:無料
  • 個人情報の管理が厳しい
  • 厳選された550社で悪徳業者は排除
  • 査定利用者数は日本最多の550万人
不動産売却一括査定ランキング2位
東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!


あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

ソニー不動産の評判・口コミをみる
  • 対応地域:東京・埼玉・千葉・神奈川
  • 利用料金:無料査定
  • 不動産種別:マンション・戸建て・土地
card0531_2
  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?
入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった「管理人のプロフィール」を大公開!宅建士・さやかのプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする