売却不動産の購入申し込みでチェックすべきポイント

happy0517

さっき見学にいらしたお客様は、どうだったんだろう?

何件か内覧(見学・内見)があって、好感触のお客様があると、いよいよ「購入申し込み」が入ります。

これは、売買契約のひとつ前のステップです。当然、契約前に確認しておかなくてはならないことがありますのでまとめて紹介したします。

  • 物件の希望購入価格の確認
  • 契約希望日の確認
  • 手付金の額を確認
  • ローン特約の有無を確認
  • 引渡し希望日の確認

物件の希望購入価格の確認

まず、一番初めにチェックしなければいけないのは「物件の購入希望額」です。

これは、お客様(買主)が購入したい金額を記入して、不動産屋を経由して売主に提示されます。

売主は高く売りたいのですが、買主は安く買いたいのが普通です。
お互いの利害は相反することになるので、この「購入希望金額」が折り合わなければ、つぎの売買契約締結に進むことが出来ません。

 
しかし、買主も購入したいと思って、希望金額を記入するので、メチャクチャな数字ではないはずです。

希望金額については、担当の不動産営業と相談しつつ、お互いが納得できる点を見つけましょう。

中古住宅の売却に値引きが必要な理由とは?
不動産の売却査定のとき、不動産営業にこう言われるかもしれません。 不動産営業 中古住宅の場合は、買い主から値引き交渉が入るのが普通です! え~っ! それって本当に普通なんですか? ...

契約希望日の確認

つぎに、売買契約の希望日をチェックします。

売買契約締結では、(原則として)売主・買主が会って、契約事項を読み合わせし、署名捺印します。

「購入申込書」には、買主の希望する契約日が記載されています。土・日・祝日など、仕事の関係もあるかと思います。

浮かれてしまうこともあるかと思いますが、契約可能な日時かどうかを確認してください。

手付金の額を確認

手付金というのは、物件価格の一部を契約締結日に受け取るお金です。

手付金の相場は、だいたい物件価格の5%前後です。
マンションを3,000万円で売却することが決まった場合の手付金は、150万円前後ですね。

手付金が多すぎて困ることは、売主にとってないと思いますが、少なすぎる場合には注意したいところです。

自分の担当する不動産営業に「なぜ、手付金が相場よりも少ないのか?」確認してもらったほうが良いでしょう。

ローン特約の有無を確認

不動産売買契約には、ローン特約という特別な約束があります。

「万が一、ローンの審査に通らなかったら契約は白紙だからね!」というものです。

ローン特約がなければ、現金で購入するということですから、途中解約のリスクが少なくなります。
逆にローン特約がついているようであれば、契約が白紙になることも覚悟しておかなければならないということです。

引渡し希望日の確認

購入申込書には「物件の引渡し希望日」が記載されています。

  • いつまでに引っ越しが可能なのか?
  • 住宅ローンの一括返済手続きは間に合うか?

少なくとも、この2点だけは確認しておく必要があります。

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却の基礎知識
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法