売却不動産の「購入申し込み書」チェックポイント

さっき、見学にいらしたお客様は、どうだったんだろう?

内覧(見学・内見)が何件かあって、好感触のお客様があると、いよいよ「購入申し込み」が入ります。

これは、売買契約のひとつ前のステップです。
購入申込書でチェックすべきことを、紹介します。

  • 物件の希望購入価格の確認
  • 契約希望日の確認
  • 手付金の額を確認
  • ローン特約の有無を確認
  • 引渡し希望日の確認

街の不動産屋では300万円以上、損をする!
  • 仲介の1・2・3位まとめて査定
  • 年間成約11万件超の実力
  • 売却サポート・フォローがVIP待遇
  • 担当営業の宅建保有率96%以上
  • 大手なら個人情報の取り扱いも安心
  • すぐ売らない!査定だけでもOK!
  • 住宅ローンが残っていても大丈夫!
  • 査定額を無料で比較【すまいValue】

チェック1:「購入申込書」の希望購入価格

まず、一番初めにチェックしなければいけないのは「物件の購入希望額」です。

これは、お客様(買主)が購入したい金額を記入して、不動産屋を経由して売主に提示されます。

売主は高く売りたいのですが、買主は安く買いたいのが普通です。
お互いの利害は相反することになるので、この「購入希望金額」が折り合わなければ、つぎの売買契約締結に進むことが出来ません。

しかし、買主も購入したいと思って希望金額を記入するので、メチャクチャ安くはないはずです。

希望金額については、100%買主の要求に合わせる必要はありません。
むしろ、希望額の中間くらいで折り合いをつけるのが一般的。

担当の不動産営業と相談しつつ、お互いが納得できる点を見つけましょう。

中古住宅の売却に値引きが必要な理由とは?
不動産の売却査定のとき、不動産営業にこう言われるかもしれません。 不動産営業 中古住宅の場合は、買主から値引き交渉が入るのが普通です! え~っ! それって本当に普通なんですか?

チェック2:「購入申込書」の契約希望日

つぎに、売買契約の希望日をチェックします。

売買契約締結では、(原則として)売主・買主が会って、契約事項を読み合わせし、署名捺印します。

「購入申込書」には、買主の希望する契約日が記載されています。
土・日・祝日など、仕事の関係もあるかと思います。

浮かれてしまうこともあるかと思いますが、契約可能な日時かどうかを確認してください。

チェック3:「購入申込書」の手付金額

手付金というのは、物件価格の一部を契約締結日に受け取るお金です。

手付金の相場は、だいたい物件価格の5%前後です。
マンションを3,000万円で売却することが決まった場合の手付金は、150万円前後ですね。

手付金が多すぎて困ることは、売主にとってないと思います。
しかし、少なすぎる場合、簡単にキャンセルされる危険があるので注意です。

自分の担当する不動産営業に「なぜ、手付金が相場よりも少ないのか?」確認してもらったほうが良いでしょう。

不動産売買契約における手付金のルール
不動産売買のクライマックスは、売買契約。 契約で買主から受領するものに手付金があります。 手付金は、売買代金の一部であると同時に、締結した不動産契約の正当性を担保するための証拠としての意味合いもあります。 ...

チェック4:「購入申込書」ローン特約の有無

不動産売買契約には、ローン特約という特別な約束があります。

「万が一、ローンの審査に通らなかったら契約は白紙だからね!」というものです。

ローン特約がなければ、現金で購入するということですから、途中解約のリスクが少なくなります。
逆にローン特約がついているようであれば、契約が白紙になることも覚悟しておかなければならないということです。

売買契約締結から引き渡しまでの期間に手付解除になる理由と頻度
先日、売り出した自宅に買い手が見つかり、不動産売買契約を締結して手付金を受け取りました。 そこで少し心配事があるのですが、不動産の引き渡しまで、あと4週間もあります。 この間に購入した人が「やっぱり契約を辞めます」みたいなことって、...

チェック5:「購入申込書」引渡し希望日

購入申込書には「物件の引渡し希望日」が記載されています。

  • いつまでに引っ越しが可能なのか?
  • 住宅ローンの一括返済手続きは間に合うか?

少なくとも、この2点だけは確認しておく必要があります。

訪問査定はコロナが危険!メールで机上査定

むやみに査定担当に会う「訪問査定」は危険。

簡単なフォームに入力して、査定額をメールで受け取る「机上査定」ならば、不動産営業に会うことを最低限に抑えることができるので安心です。

机上査定なら大手の査定額を無料で比較【すまいValue】

プロフィール

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

不動産売買契約の準備・流れ・ルール
宅建士さやかの家を売る方法