売り出した後の不動産屋のチェック方法

あなたが、最適と思われる不動産屋を選ぶことが出来たとしましょう。

しかし、実際に家を売りに出したら、やっぱり違った?と思うこともあるでしょう。

家を売り出してから、売主は(不動産会社の)販売状況のチェックをしなくてはいけません。
少なくとも、完全に信頼関係ができるまでは、必要でしょう。

不動産ポータルサイトのチェック

売り出したら、インターネットに物件を公開します!

このように説明する不動産屋は多いのですが、具体的にどのサイトに掲載をしてくれるのかが重要です。大手不動産仲介のように、自社サイトに登録するだけでは、一般のお客様の目に触れることはありません。

家を買いたいと思った人が、よく見に来るサイトに売却物件を掲載しなければ、当然、広告を見る人もいないでしょう。

人通りの少ない商店街の店先に商品を置くのと、人気のショッピングモールに商品を置いた場合を比較すると、売り上げが違って来るのが容易に想像することができます。

広告といえども、やはり一等地といえる場所に広告出稿しなくては、ほとんど見られることはないのです。

家を買いたい人がよく閲覧するポータルサイト

不動産屋にも広告の予算があります。これらのポータルサイトすべてに出稿してもらえれば最高ですが、どれかひとつでも構いません。

本当に物件掲載をしたのか?

意地が悪いように思われないか心配かもしれませんが、売り出した後に必ずチェックをしましょう。

ポスティングチラシのチェック

新聞の折り込みチラシは、以前ほどの効果がなくなってきましたが、手撒きのポスティングチラシはまだまだ効果があります。

家を買いたいという人は、こんな行動パターンをとっています。

  1. チラシで物件を発見する
  2. ネットで調べる
  3. 店舗に問い合わせをする

担当営業にとっては手間はかかりますが、広告費はあまりかかりませんので、ポスティング・チラシは不動産屋に頑張って欲しいところです。

物件を売るためのチラシは、賃貸アパートや賃貸マンションにポスティングされます。

ここに、お友達が住んでいれば、不動産チラシを溜めておくようにお願いしておくと良いと思います。

家が相場よりも高く売れる条件とは?
家を売却するからには、すこしでも高く売りたいという気持ちは、売主であれば当然で、健全な心理だと思います。 このページをご覧になった方は、一戸建てやマンションを相場よりも高く売るのが難しいと思っているかもしれません。しかし、相場...

業務処理報告書のチェック

不動産屋に売り出しをお願いするときには、媒介契約を結びます。

売り主「売ってください」 ←→「承知しました」不動産会社

これを口約束だけで済ますと、後々トラブルになりかねないので、書面を取り交わすことになっています。それが媒介契約と言い、一般・専任・専属専任と三種類の媒介契約があります。

複数の業者へ依頼レインズへの登録状況の報告義務
一般媒介できる業者の任意業者の任意
専任媒介できない業者の義務2週間に1回以上
専属専任媒介できない業者の義務1週間に1回以上
一般・専属・専任?媒介契約の違いとメリット・デメリット
媒介契約とは? 所有する不動産を売却しようとするとき、不動産会社に「売ってください」という依頼をすることになります。 売り主「売ってください」 ←→「承知しました」不動産会社 これを口約束だけで済ますと、後々トラブ...

不動産屋には販売状況の報告義務があります。

一般媒介では任意ですが、専任媒介で2週間に1回以上、専属専任媒介では1週間に1回以上の報告が義務付けられています。

この業務報告書には、このような内容が書かれています。

  • インターネットの登録状況
  • チラシのポスティング枚数
  • 店頭での紹介件数
  • 案内の状況

不明な点は、担当営業に直接電話して尋ねるのが良いと思います。

携帯番号を教えてくれる担当なら、安心して相談でき、頼りになると思います。

わたしのオススメする不動産査定

大手と地元、エース営業が査定するHOME4U

一括査定は大手が中心だったり、逆に地元の小さな不動産屋だけのサイトばかり・・・。

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

 
あります!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

売れる不動産屋の探し方
宅建士さやかの家を売る方法