売買契約締結から引き渡しまでの期間に手付解除になる理由と頻度

q1先日、売り出した自宅に買い手が見つかり、不動産売買契約を締結して手付金の1割を受け取りました。

そこで少し心配事があるのですが、不動産の引き渡しまで、あと4週間もあります。
この間に購入した人が「やっぱり契約を辞めます」みたいなことって、あるのでしょうか?

実際にあることなのか、またある場合には、どれくらいの頻度でありますか?

当サイトにお寄せいただいた、不動産売却に関する質問にお答えしています。

不動産売買契約から決済・引き渡しまででキャンセルになる3パターン

ご自宅が売れたんですね、おめでとうございます~♪

不動産の売買契約が成立すると、そんなにキャンセルになることはありません。

それでもいくつかキャンセルのパターンがあります。売買契約の読みあわせで聞いたかと思いますが、あらためてお伝えいたします。

ローン特約による解除

これは、買主さんが住宅ローンの融資を受けて物件を購入する場合に限られます。

売買契約から決済・引き渡しまでの期間が4週間と比較的長くとってあるので、おそらく買主さんは住宅ローンを組むと思います。

ローン特約というのは、住宅ローンの審査に落ちてしまったら、不動産売買契約は解除されるという特別な約束(特約)のこと。

住宅ローンの審査に一週間くらいかかるものと考えて下さい。

正式には「融資利用の特約(通称:ローン特約)」と言い、不動産売買契約の標準書式では、第17条に見られます。

融資利用の特約(ローン特約)

融資の全部または一部の金額につき承認が得られないとき、または否認されたとき、買い主は、売り主に対し、表記契約解除期日までであれば、本契約を解除することができます。

手付解除

つぎに、心配されている手付解除によるキャンセルです。

契約したんだけど、やっぱり やめた!というのがこれに当たります。

手付解除の条項

なんか、身勝手に感じますよね?

だから手付解除にはペナルティが課せられています。

買主が契約を解除する場合には、売り主に売買契約締結時に支払った「手付金」を放棄して解除します。

逆に売り主が解除する場合には、売買契約締結時に受け取った「手付金」を買い主に返して、そのうえで手付金と同額を支払わなければなりません。

不動産売却のトラブルで仲介手数料が返ってくる場合、返ってこない場合。
不動産仲介を仕事としていると、トラブルや致し方ない理由で売買契約が取り消しや解約になることがあります。 そんなとき、売主(売買契約の当事者)は、支払った仲介手数料が返ってくるのか、返ってこないのかが心配になるでしょう。 不動産の...

支払った手付金を迷惑料として差し上げますので、契約はなかったことに・・・、というのが手付解除です。

債務不履行

私は約束を守っているのに、相手が約束を守ってくれない、というトラブルです。

契約違反による解除には違約金が定められます。違約金の額については、売買契約書に記載することになっています。

違約金の額は、物件価格(売買代金)の20%相当額とする場合が多いと思います。

不動産売買契約の債務不履行条項

手付解除になる理由と頻度

手付解除になるケースって、殆どないと思います。

少なくとも私の経験にはなくて、念のため先輩に聞いてみましたが、「やったことがある」という程度です。ちなみにその場合は、ローン特約の期間中だったので、住宅ローンの審査に落ちたことにして、手付金を支払わずに処理してしまったそうです・・・。

ローン特約の解除については、私の経験上もあります。

まぁ、担当営業としては「ローンの審査、通らないだろうな?」と思いながら購入申し込みを入れているので、「やっぱり審査落ちか!」って感じですけど・・・・。

それでも、10件に1件もないと思います。

手付解除になる理由

最後に手付解除になる理由についてお話します。

手付解除になるのは、契約時に欲しかった物件が、決済・引き渡しまでに欲しくなくなってしまう、もしくは、買えなくなってしまう、心理的・環境的な変化が起こった場合です。

具体的に言うと、転勤が決まった・肉親が病気で倒れた・住宅ローンの重圧に不安になった、等が挙げられます。

手付金を放棄してまで、購入をやめる!と言ってらっしゃるので、許してください。

他人の不動産を利用して稼ぐのが不動産屋。
誰に、どうやって売れば一番儲かるのか、いつも考えています。

ですから、「悪徳不動産屋に騙された!」なんて話が尽きませんね。

もうお分かりでしょうが、たった一つの不動産屋の意見を鵜呑みにするのは危険です。
「自分にしか相談していない」と知った不動産屋は、やりたい放題でしょう。

多くの不動産屋と知り合い、話を聞けばリスクが少なくなる。

しかも、大手・準大手・中堅・地元密着の中小とバランスよく、不動産会社をピックアップするのが賢明です。

不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

2つの一括査定を利用するのがスタンダードです。

私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は・・ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫なら・・

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県(プラス、大阪・兵庫)にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉と、大阪・兵庫の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

不動産売買契約の準備・流れ・ルール
宅建士さやかをフォローする
宅建士さやかの家を売る方法