家を売るときに準備する必要書類とは?

house_1_1104

家を売るときには、どんな準備をしたらいいの?

これから家の売却を始めるお客様の、最初の疑問だと思います。

お掃除や不動産屋選びなど、家の売却準備は色々ありますが、今回は家を売り始める場合に必要な書類についてご紹介します。

家の売却する準備、必要な書類

売却前の必要書類

  • 住宅ローンの返済予定表
  • 登記済証(権利証)または登記識別情報
  • 間取り図面
  • 土地の測量図面(戸建て)
  • 購入時の不動産売買契約書・重要事項説明書
  • その他、購入時のパンフレットなど

住宅ローンの返済予定表

住宅ローンの残債が、どれだけあるのかが分かるものであれば返済予定表でなくても大丈夫です。確定申告・年末調整のために送られてくる「借入金の年末残高等証明書」の方が馴染みがあるかもしれませんね。

家を売り出そうかという場合には、最終的に家がいくらで売れれば良いのか? どのくらい手残りがあるのか?を知る必要があります。

今後、不動産屋に話を聞いて、家の売り出し価格を決めるときにも「住宅ローンの残債」は大きな指針になるはずです。

家を売る費用、売却後の手残り一覧表
家を売るときにかかるお金(費用)について教えてください。 初めての家の売却で、アドバイスをお願いします。 家を売り出すにはどんな費用がかかりますか? 仲介手数料と言うのはよく聞きますが、他に広告費とかリフォーム代などどれくらいかか...

登記済証(権利証)または登記識別情報

登記済証は、いわゆる不動産の権利書と言うもので、最近は「登記識別情報」に代わりました。

登記済証および、登記識別情報は、家を売ろうという人が、真正な売主であるということを示す、大事な書類です。

もし見当たらない場合には、不動産屋の担当が決まったらご相談ください。司法書士の先生と事前に相談しておく必要があります。

keisan_1_1104

間取り図面

マンション西向きの部屋

売り出す家(お部屋)の間取りが分かる図面があると不動産屋は助かります。一戸建てであれば建築時の図面・マンションであれば図面集があるかと思います。

もし見当たらなくなってしまっていたら、なくても大丈夫です。不動産の担当営業が現地を確認しながら手書きで間取り図のラフを描きます。それをもとに間取り図面を作成するソフト(CADなど)を使ってきれいなものに仕上げていきます。

私は間取りを描くのが苦手なんです。(汗)
でも、お客様から預かった間取りや、手書きのラフをもとに間取り図面(データ)を作成してくれるサービスがあるので、重宝しています。

土地の測量図面(戸建て)

一戸建ての場合は、土地の測量図面と公図が必要です。

新しく分譲開発された住宅地では、キレイに区画割がされていますが、古い土地や、田舎(山の方)の土地の場合には、所有者本人も曖昧な場合が多くあります。

旗竿地や(ツッコミの)私道が隣接している場合は、隣近所と土地を分け合って所有しているので、販売活動前に所有権の確認をします。隣地の境界確認がとれていない場合には測量士による境界確定を依頼する必要がありますので、別途費用がかかることをご容赦ください。

購入時の不動産売買契約書・重要事項説明書

いまから売り出そうとしている家を購入したときの、不動産売買契約書および重要事項説明書(重説)があると、不動産屋が契約資料を作成するときに助かります。

もし見当たらなければ、契約書・重説が無くても、問題なく家を売り出すことも、新しく売買契約を締結することもできます。ご安心ください。

その他、購入時のパンフレットなど

新築でマンションを購入した人であれば、周辺の住宅環境や街の紹介をしたパンフレットを貰っているでしょう。それらのパンフレットを見返してみると、これから売り出す自分の家のセールスポイントを再発見することができます。

長く住んでいると、当たり前になってしまうことも、最初に出会ったときには新鮮だったのではないでしょうか? これから売り出す家の(未来の)買主は、その家を買ったときのあなたの姿に重ねることができます。

  • どんなところが気に入ったのか?
  • 購入を決めたキッカケはなんだったのか?

思い返し、まとめて不動産屋に話してあげると、あなたの家の販売活動でアピールするべきポイントが明確になります。

分かったような顔をしている不動産屋でも、あなた以上にあなたの家の良さを知ることは絶対にありえません!

あなたの家の魅力を不動産屋に教えてあげてください。

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却の基礎知識
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法