不動産売却のトラブルで仲介手数料が返ってくる場合、返ってこない場合。

不動産仲介を仕事としていると、トラブルや致し方ない理由で売買契約が取り消しや解約になることがあります。

そんなとき、売主(売買契約の当事者)は、支払った仲介手数料が返ってくるのか、返ってこないのかが心配になるでしょう。

不動産の取引が解約になった理由と時期によって、仲介手数料が返金されるかが違ってきます。

仲介手数料は二回に分けて半分ずつ支払う

まず不動産取引の基礎知識として、売り主は仲介手数料を二回に分けて半分ずつ支払うように不動産業者に促されます。これは、多くの不動産会社が加盟している不動産協会の推奨している仲介手数料の支払い(不動産会社にとっては「受領」)方法です。

不動産売却の仲介手数料の支払い時期

売買契約締結後、引渡しまでの間に、何らかのトラブルで不動産取引が取りやめになることがあります。そうなると契約の当事者は「仲介手数料を払いたくない」となることが多いのです。

そんな場合に宅建業者(不動産会社)が仲介手数料をとりっぱぐれる事のないようにという不動産協会の措置なんでしょう。

ローン特約の契約は仲介手数料が返ってくる

売却する不動産の買い手(お客様)が、物件の購入にあたり住宅ローンを使う場合には「融資利用の特約(通称:ローン特約)」というものが契約に付加されます。不動産売買契約の標準書式では、第17条に見られます。

融資利用の特約(ローン特約)

融資の全部または一部の金額につき承認が得られないとき、または否認されたとき、買い主は、売り主に対し、表記契約解除期日までであれば、本契約を解除することができます。

簡単に言い換えると「銀行から住宅ローンの承認が得られなかったら契約は解除です」ということです。不動産売買契約が解除されると、支払った仲介手数料は返却されます。

手付解除・債務不履行解除では仲介手数料が返ってこない

不動産の売買契約には「手付解除」というものがあります。これは、売買契約締結後で、物件引渡しまでの期間に「どうしても売る(買う)のをやめたい」となったときに、契約を解除することができるものです。

不動産売買契約の手付解除

ただし「手付解除」にはペナルティがあります。

買主が契約を解除する場合には、売り主に売買契約締結時に支払った「手付金」を放棄して解除します。

逆に売り主が解除する場合には、売買契約締結時に受け取った「手付金」を買い主に返して、そのうえで手付金と同額を支払わなければなりません

買い主が解除する場合も、売り主が解除する場合も、理由があって取りやめるわけでしょうから、「迷惑料」だといえると思います。

さて、解除となった場合の不動産会社に支払う仲介手数料ですが、過去の判例をみても支払う必要があります。

売買契約は、契約時に成立しているのであって引渡し時ではありません。すでに契約をした後で「やっぱりやめた!」では、仲介手数料は返ってきません。

これは、債務不履行による解除にも同じことがいえます。

売り主の債務不履行とは、物件を引き渡すことができなくなること。
不動産会社への仲介手数料は支払わなければなりません。

ただし、不動産会社との交渉次第で支払いを免れることも多いようです。
一度ダメになっても「また売りだすから」と告げれば、「では半金だけ・・」とか「次回には全額いただきますから」と言ってくれることもあるでしょう。(私は一度、そんなことがありました)

他人の不動産を利用して稼ぐのが不動産屋。
誰に、どうやって売れば一番儲かるのか、いつも考えています。

ですから、「悪徳不動産屋に騙された!」なんて話が尽きませんね。

もうお分かりでしょうが、たった一つの不動産屋の意見を鵜呑みにするのは危険です。
「自分にしか相談していない」と知った不動産屋は、やりたい放題でしょう。

多くの不動産屋と知り合い、話を聞けばリスクが少なくなる。

しかも、大手・準大手・中堅・地元密着の中小とバランスよく、不動産会社をピックアップするのが賢明です。

不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

2つの一括査定を利用するのがスタンダードです。

私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は・・ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫なら・・

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県(プラス、大阪・兵庫)にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉と、大阪・兵庫の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

家を売る費用
宅建士さやかをフォローする
宅建士さやかの家を売る方法