【朝日新聞】簡易宿所、5年間で3倍に増加

簡易宿泊

簡易宿泊所と言われてもピンときませんね。

民泊なら、話題になったのでイメージが湧きます。
でも、ホテルや旅館、民泊でもない「簡易宿泊施設」が増加しています。

2018年8月23日朝日新聞より

簡易宿所とは?

一ヶ月くらい前に、会社の研修で「簡易的な宿泊施設」の見学会に行ってきました。

上・下の2段ベッドが、ズラッと並んでいる、ドミトリータイプの宿泊所。
バックパッカー御用達の安宿ですね。

基本的に、横になって寝ることができる施設なのですが、
共用スペースには、シャワー・トイレ・キッチン・冷蔵庫もあります。

写真は、貧乏旅行者の味方 booking.com

ドミトリータイプの宿泊所

日本は物価が安い?

以前は、日本人が物価の安い東南アジアを旅行することが多くありました。
しかし、最近では逆に東アジアからの旅行者が日本中を訪れています。

日本は安全だし、歴史的建造物もある
というのが観光客増加の理由ですが・・・

じつは、以前に比べると、相対的に日本の物価が安くなっています。

海外旅行に行くと、ちゃんと座って食事をしようとすると、身構えてしまうような料金の場合が多い。

でも、日本国内なら安くて美味しいお店がたくさんありますね。

海外からの旅行者にとって、敷居の低くなった日本を旅行するため、簡易宿所が利用されています。

遊休不動産の利用

私が見学した簡易宿所は、ビル2階の空きテナントを利用していました。

空中店舗(ビルの2階以上のこと)は、借り手が少ないため家賃(テナント代)を安く抑えることができます。
ビルオーナーにとっても、空きテナントのままではモッタイナイですね。

訪日観光客の宿泊施設は不足していて、以前では考えられなかった需要。

まさに需要と供給がマッチしたのが簡易宿所と言えます。

空きテナントを持て余しているビルオーナーの皆さん。
簡易宿所を運営して、遊休不動産の活用してみませんか?

家の売却は一括査定から始めるのが確実で安全。
ひとつの不動産会社の意見だけを鵜呑みにするのは危険だからです。

たくさんの意見を聞けばリスクが少なくなる。
でも、何社も聞くのは面倒くさいし、営業されるのも心配。

不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

まずは、机上査定で多くの査定を取り寄せ、そのなかからじっくり選べばOKです。

無駄に偉そうだったり、上から目線なのではなく。
一緒に売り方を考えてくれるパートナー(営業さん)を探しましょう。

私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は・・ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

コラム
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法