【朝日新聞】簡易宿所、5年間で3倍に増加

簡易宿泊

簡易宿泊所と言われてもピンときませんね。

民泊なら、話題になったのでイメージが湧きます。
でも、ホテルや旅館、民泊でもない「簡易宿泊施設」が増加しています。

2018年8月23日朝日新聞より

モノを買うとき「安くて、サポートが手厚いのは、どこか?」ひと通り調べてから購入するのが普通です。しかし、家を売るときには、いい加減に選んだ不動産屋の言いなりで損をする人が多い。
せめて3社でも、複数の不動産会社に相談すれば「勉強している売主だ」と営業の対応が違ってきます。不動産屋に一目置かれるには、一括査定経由が正解です。
イエウールHOME4UすまいValue
売却に熱意のある不動産会社が多く在籍する査定サイト。
提携する不動産会社の数が一番多く、準大手から地元の中小までラインナップが豊富。
なるべく早く売りたい・高く売りたいなど様々なニーズを叶える営業が見つかる

公式サイト → イエウール

準大手・中堅・地元中小までがバランスよく揃った不動産査定の老舗。
都心・地方の両方に強く、必ず複数の不動産会社が選べるのがHOME4Uのポイント。
18年間の運営・累計35万件超の査定実績は圧倒的。

公式サイト → HOME4U

大手不動産グループ6社による一括査定。
対応エリアは全国だが、都心・主要都市から外れると、対応できる不動産会社が少なくなるのが残念。
担当営業は(大手の余裕からか)あっさりした人柄が多く、物足りなく感じる売主も多い。

公式ページ → すまいValue

簡易宿所とは?

一ヶ月くらい前に、会社の研修で「簡易的な宿泊施設」の見学会に行ってきました。

上・下の2段ベッドが、ズラッと並んでいる、ドミトリータイプの宿泊所。
バックパッカー御用達の安宿ですね。

基本的に、横になって寝ることができる施設なのですが、
共用スペースには、シャワー・トイレ・キッチン・冷蔵庫もあります。

写真は、貧乏旅行者の味方 booking.com

ドミトリータイプの宿泊所

日本は物価が安い?

以前は、日本人が物価の安い東南アジアを旅行することが多くありました。
しかし、最近では逆に東アジアからの旅行者が日本中を訪れています。

日本は安全だし、歴史的建造物もある
というのが観光客増加の理由ですが・・・

じつは、以前に比べると、相対的に日本の物価が安くなっています。

海外旅行に行くと、ちゃんと座って食事をしようとすると、身構えてしまうような料金の場合が多い。

でも、日本国内なら安くて美味しいお店がたくさんありますね。

海外からの旅行者にとって、敷居の低くなった日本を旅行するため、簡易宿所が利用されています。

遊休不動産の利用

私が見学した簡易宿所は、ビル2階の空きテナントを利用していました。

空中店舗(ビルの2階以上のこと)は、借り手が少ないため家賃(テナント代)を安く抑えることができます。
ビルオーナーにとっても、空きテナントのままではモッタイナイですね。

訪日観光客の宿泊施設は不足していて、以前では考えられなかった需要。

まさに需要と供給がマッチしたのが簡易宿所と言えます。

空きテナントを持て余しているビルオーナーの皆さん。
簡易宿所を運営して、遊休不動産の活用してみませんか?

本気で家を売る人の不動産会社選び

提携する不動産会社数、No.1の不動産査定

  • 売却の得意な不動産屋が集まるサイト
  • より高い査定額を選べる
  • 比較するから分かりやすい
  • 高い査定額の根拠が分かる
  • 相性が合う営業さんに出会える

本気で高く売りたいならイエウール

【VIP待遇】バカにされない一括査定

「たった一社にしか頼まない」売主を不動産屋はバカにして囲い込む。

あえて、競争原理の働く「一括査定」で頼む売主を、不動産屋は「勉強している」と一目置きます。

HOME4Uは日本でもっとも長く続いている一括査定。

コラム
宅建士さやかの家を売る方法