【図解】つなぎ融資で売却前に家の購入が可能に

質問家の売却中に気に入った物件が見つかったので、先に購入するにはどうすれば良いですか?ちなみに住宅ローンは完済しています。

回答不動産会社の大手では、金融機関と提携した「つなぎ融資」を利用できます。

家の買い替えでは、「売却先行」がスタンダードです。
「売却先行」は、先に住んでいる家を売却して、受け取った売却代金で、買い替え先の家を購入します。

しかし、人気のある物件は売れてしまうことがありますね。
家が売れれば、購入代金は支払えるので、わざわざ住宅ローンを組むのは面倒です。

そんな、家が売却できるまでの短期間、お金をかりるのが「つなぎ融資」です。

【図解】つなぎ融資とは?

注文住宅の「つなぎ融資」とは違います。
家の住み替えに伴う「つなぎ融資」の流れを示します。

購入の流れ売却の流れ
購入物件の売買契約
(手付金)
気に入った物件が見つかる売却中

売却物件の売買契約
(手付金)
残代金の支払
物件引き渡し
つなぎ融資で、
購入物件の支払いを行う

引っ越しおおむね半年以内
売却物件の残代金で、
つなぎ融資を返済
残代金の受領
物件引き渡し

つなぎ融資と買い替えローンの違い

つなぎ融資は、売却する家のローンが支払い終わっている、もしくは、ほとんど終わっている場合に利用します。

一方、買い替えローンでは、売却しても住宅ローンが残ってしまう場合に、住み替え先の住宅ローンとまとめて借りることができます。

買い替えローンについては、以下の記事を参考になさってください。

【図解】買い替えローン=残債+住み替える家のローン
まだ家を買ったばかりだけど、住み替えしたい! いま住んでいる家を売却しても、ローンの残債を消せない場合には、買い替えローンを利用する手があります。 住宅ローンには様々な種類があり、金融機関によって、その呼び名も違うため、非常に分...

つなぎ融資の注意点

大手不動産会社は「つなぎ融資」を行う条件として、売却と購入の両方で専任媒介契約を求めてきます。

つなぎ融資の注意点

  • 不動産会社と提携した金融機関で融資する
  • その不動産会社に購入・売却とも専任媒介契約が必須
  • つなぎ融資の期間は3ヶ月~6ヶ月
  • 期間内に売れそうにない場合は買い取りになる

つなぎ融資は、売却を前提としているので、購入・売却とも同じ不動産会社の専任媒介契約になります。

期間内に売れなかった場合は、値下げも受け入れざるを得ませんし、買い取りになるケースもあります。

【まとめ】

不動産会社の言う「つなぎ融資」とは、注文住宅のハウスメーカーなどの「つなぎ融資」とは異なります。

売れなくても、不動産会社を替えることができませんので、不動産会社の選定は重要です。

また、「つなぎ融資」にこだわらず、少々金利が高くても短期の借り入れができる場合がありますので、不動産会社を通さずに金融機関に相談してみるのも良いでしょう。

わたしのオススメする不動産査定

大手と地元、エース営業が査定するHOME4U

一括査定は大手が中心だったり、逆に地元の小さな不動産屋だけのサイトばかり・・・。

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

 
あります!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

住宅ローン買い替え
宅建士さやかの家を売る方法