家と家族を守る「ハザードマップ」とは?

ハザードマップ_新聞記事

「大規模水害時に250万人広域避難」
2018年8月23日、朝日新聞記事より

ここ数年、集中豪雨による、土砂崩れ・洪水などの水害が報道されるようになりました。

ご自分の住んでいる土地の水害リスクを知ることができるのが「ハザードマップ」
不動産売買では、ハザードマップを買主に渡して重要事項説明をいたします。

モノを買うとき「安くて、サポートが手厚いのは、どこか?」ひと通り調べてから購入するのが普通です。しかし、家を売るときには、いい加減に選んだ不動産屋の言いなりで損をする人が多い。
せめて3社でも、複数の不動産会社に相談すれば「勉強している売主だ」と営業の対応が違ってきます。不動産屋に一目置かれるには、一括査定経由が正解です。
イエウールHOME4UすまいValue
売却に熱意のある不動産会社が多く在籍する査定サイト。
提携する不動産会社の数が一番多く、準大手から地元の中小までラインナップが豊富。
なるべく早く売りたい・高く売りたいなど様々なニーズを叶える営業が見つかる

公式サイト → イエウール

準大手・中堅・地元中小までがバランスよく揃った不動産査定の老舗。
都心・地方の両方に強く、必ず複数の不動産会社が選べるのがHOME4Uのポイント。
18年間の運営・累計35万件超の査定実績は圧倒的。

公式サイト → HOME4U

大手不動産グループ6社による一括査定。
対応エリアは全国だが、都心・主要都市から外れると、対応できる不動産会社が少なくなるのが残念。
担当営業は(大手の余裕からか)あっさりした人柄が多く、物足りなく感じる売主も多い。

公式ページ → すまいValue

増加する水害は温暖化の影響?

2018年7月には、岡山県倉敷市真備町で、大規模な洪水被害がありました。

西日本を襲った豪雨は、洪水や崖崩れを引き起こし、200人以上が死亡、数十人が行方不明という36年ぶりの大災害となった。

中でも真備町は最も被害の大きかった地域で、倉敷市全体の死者数51人のほとんどを占めた。真備の4分の1以上が浸水、水の深さは最大で4.8メートルに及んだ。

岡山・真備町襲った洪水より

普段、人は水を上手に利用しているつもりでも、
ひとたび集中的に雨が降れば、人智を超えた猛威をふるいます。

水害の前では、人の力は無力に等しい・・・。

2014年8月に発生した、広島県広島市安佐地区の土砂災害など、大規模な災害が発生する度に、地球温暖化の影響かと言われます。

地球温暖化は、個人レベルで小さな貢献を積み上げていくこともできます。
しかし、その影響をどこまで食い止められるのかは、疑問です。

しかし、ハザードマップを確認することで自分自身と家族の安全を守ることは比較的簡単にできます。

ハザードマップとは?

府中市のハザードマップ

ハザードマップとは、被害予測地図とも呼ばれ、自然災害の被害を予測した地図です。

  • 河川氾濫
  • 土砂災害
  • 地震災害
  • 火山防災
  • 津波・高潮

上の画像は、府中市のハザードマップ。
多摩川沿いの低い土地が危険区域であるピンク色で表示されています。

ハザードマップの入手方法?

ハザードマップは、各市区町村ごとに作成、配布しています。
役所に出かける用事があれば、ついでに貰ってくると良いでしょう。

ネットでも閲覧することができますよ!

〇〇市 ハザードマップ
とお住いの市区町村を入力して検索してください。

【まとめ】ハザードマップは重要事項説明の資料

不動産売買の現場では、売買契約の前に必ず「重要事項説明」を行います。
そのときに、ハザードマップを買主にお渡しすることにしています。

ただし、契約書などと一緒に仕舞い込んでしまうお客様がほとんどです。
一度、契約関係の書類を取り出して、ハザードマップを確認してみてはいかがですか?

本気で家を売る人の不動産会社選び

提携する不動産会社数、No.1の不動産査定

  • 売却の得意な不動産屋が集まるサイト
  • より高い査定額を選べる
  • 比較するから分かりやすい
  • 高い査定額の根拠が分かる
  • 相性が合う営業さんに出会える

本気で高く売りたいならイエウール

【VIP待遇】バカにされない一括査定

「たった一社にしか頼まない」売主を不動産屋はバカにして囲い込む。

あえて、競争原理の働く「一括査定」で頼む売主を、不動産屋は「勉強している」と一目置きます。

HOME4Uは日本でもっとも長く続いている一括査定。

コラム
宅建士さやかの家を売る方法