不動産をすぐに(早く)・確実に売る方法。

不動産の売却には大きく分けて二種類の方法があります。

  • 業者による買い取り
  • 仲介で買い主を探す

売り主から見た両者の違いは、買ってくれる相手が「買取専門のプロ」か「一般の個人」なのかの違いです。

一般の個人が購入する場合は、自分で住むために購入する人が多いですね、不動産会社は仲介で携わります。買い取り業者の場合は、建てなおしたり・リフォーム(リノベーション)して再販売します。

とにかく早く不動産を売却したい、すぐに家を売って現金化したい、◯月までに確実に売りたい、という方には不動産買取がおすすめです。

不動産売却の仲介・買い取りの違い

仲介と買い取りの違いを一覧表にまとめました。

売却価格と売れるまでのスピード感が違います。

買う人 売却額 売却期間 仲介手数料
仲 介 一般のお客様 高め 長い 必要
買い取り プロの業者 低め 短い 無料

じつは、仲介手数料がかからない(無料)というのも買い取りの大きなメリット。
2,500万円で自宅不動産を売った場合の仲介手数料は、874,800円(税込み)です。

不動産売却の費用、仲介手数料はいくらかかる?
不動産を売却するときに、かかる費用が以下の通りです。 仲介手数料(媒介した不動産業者へ) 収入印紙の代金(売買契約書に貼付) 住民票の取得 印鑑証明の取得 抵当権抹消費用(ローンがある場合) 費用のな...

じつは、中古住宅を仲介で売りだしても、なかなか買い手は見つかりません。

売り出し価格を安くすれば、そのぶん早くお客様が見つかります。しかし購入する方の、住宅ローンの申込や審査で、どんなに早くても一ヶ月以上はかかってしまいます。

売りたい不動産をすぐに現金化できるのが買い取りの最大の魅力といえます。

買い叩かれない!オークション形式で最高額で売却

不動産の買い取りと聞くと「安く買い叩かれるのではないか?」と心配になるかもしれません。

たしかに買い取り業者が一社だけの場合では、その業者の言い値になってしまいます。しかし、複数の買い取り業者がオークション形式で入札し、最高額を提示した業者に売ることができるサービスが登場しました。

買い取りオークション「さてオク」 → https://sateoku.jp/

不動産を買いたい業者が複数で入札をすると、自然に競争原理が働いて、値段がつり上がっていきますね。

売り手にとっては喜ばしいことですし、市場経済としても健全だといえます。

買取査定は、こんな人におすすめ!

とにかく早く・確実に売れるのが、買取査定のメリットです。

「時は金なり」と言いますが、時間を買うことができるのが買い取り査定で、次のような方にお薦めができます。

  • 住宅ローンの支払いが厳しい
  • 相続で不動産を早く現金化しないといけない
  • 次に住む家のローンが始まりダブルローンになってしまう
  • 離婚のため早く不動産を処分したい
  • ご近所に内緒で引っ越しをしたい
 
私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は、、、ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

家を高く売る方法
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法