急いで家を売る場合の注意点

今回は、急いで家を売るときの注意点をおさらいしたいと思います。

転勤・相続・離婚など、急いで家を売らなくてはいけない状況は、少なくありません。
急いでいるときに最優先すべき事項はなんといっても時間ですね。できれば高く売れてくれれば嬉しいのですが、急ぎの場合では価格はそこそこに抑えるべきだと考えます。

もし、期限までに家が売れなかった場合には、固定資産税やマンションの場合は管理費などの経費が余分にかかります。優先順位を守って売却活動を進めるのがよろしいかと思います。

一ヶ月以内なら売却は買い取りしかない?

じつは急いで家を売りたいんですが・・・。

私自身も、このように期限を決められて、家の売却を依頼された経験があります。

特に多いのが転勤ですね。
転勤は通勤ができない遠距離に引っ越すことになるので、期間内に売れなかった場合には厄介なことになります。売買契約・残金決済では売主本人が同席するのが普通なので、最低でも2回は、新幹線や飛行機などで戻って来なくてはなりません。

家を売る期間としての一ヶ月って、メッチャ短いです。
普通、家を買う人は住宅ローンを利用します。この住宅ローンの審査・実行手続きに一ヶ月がかかってしまうのです。

ですから、現金で購入するお客様(買主)でないと一ヶ月以内の売却は難しいと考えます。

一ヶ月以内と急ぎの売却が必要なら、不動産会社による買い取りが現実的でしょう。

不動産買取のメリット

  • 最短、一週間でも家の売却が完了する
  • 売却後のクレームがない(瑕疵担保免責)
  • 近所に知られずに売却ができる
  • 仲介手数料が不要

【参考】一ヶ月で家を売る方法

売り出し価格を安くして一般媒介を複数社と!

急ぎ3ヶ月以内で家を売りたい!

スピード感が大事で、しっかり準備をして取り掛からないと、販売開始から~引き渡しまで、どこかで引っかかったら不可能になります。

  1. 一括査定に申し込む
  2. 売却相場を知る
  3. 不動産営業を選定する
  4. 不動産屋と媒介契約を締結
  5. 不動産屋が売却準備(おおむね一週間)
  6. 家の整理整頓
  7. 見学(内覧・内見・案内)への対応
  8. 購入申し込み → 指値・価格交渉
  9. 不動産売買契約の締結
  10. 住宅ローン一括返済の準備
  11. 引っ越し・清掃と不具合の修繕
  12. 家の残金決済・引き渡し

3ヶ月間で家を売る方法より

急ぎ3ヶ月で家を売るってスケジュールとしては、かなりタイトです!

売り出し価格は、安めに設定したいところです。
「相場より安いから買わなきゃ!」と即決を促す金額でないといけません。

売却期間が長く取れれば、「そこに住む理由のある人」に行き着くのですが、3ヶ月間だと買主が現れるのを待っている余裕がありません。

販売価格を安く設定すると、売りやすくなります。しかし、専任媒介を結ぶと不動産屋の都合で両手成約を狙った「囲い込み」で他社が紹介できない場合があります。

わたし
「紹介したいお客様がいるのですが・・・」

近所のとある不動産屋
「その物件は、いま、話しが入っています」

わたし
「あの・・・、一ヶ月前の電話でも同じように言われたのですが・・・」

近所のとある不動産屋
「あ~すみません! その物件は契約予定でした」

わたし
「本当ですか?」

近所のとある不動産屋
「・・・・(空気読んでくれよ的な沈黙)」

そして、その後一ヶ月以上たってもレインズの掲載が続けられるので・・・、
売れていないんですよね・・・。

こんなことは、よくあります。

大手不動産業者の囲い込みを避ける方法より

ここは、一般媒介で多くの不動産会社で一斉に売り出してもらうのが、最も急ぎで売れる確率が高いと思います。でも、ただ沢山の不動産会社と一般媒介で売り出せばいいというのではなくて、ポイントは早い者勝ちの安い金額設定が大事です。

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却のコツ
宅建士 さやかをフォローする
不動産売却のコツ|家を早く・高く売る方法