【悩み】同じマンションで安く売り出している部屋がある場合は?

q1夫の転勤先が決まり、マンションの売却をしています。

地元の不動産屋に専任媒介を依頼して2ヶ月が経つのですが、同じ不動産屋から同じマンションが200万円も安く売り出されました。

専有面積の平米数はウチとほとんど一緒です。
ベランダの向き(主採光の方位)は同じですが、ウチが8階、あちらは12階です。(汗)

新築分譲時の価格表を引っ張り出して、二つの部屋を見比べてみても、やはり、あちらのお部屋のほうが160万円ほど高い値段がついていました。

どう考えてもウチにとって不利だと思います。同じマンションで安く売り出している部屋がある場合にはどうすればいいのでしょうか?

当サイトにお寄せいただいた、不動産売却に関する質問にお答えしています。

モノを買うとき「安くて、サポートが手厚いのは、どこか?」ひと通り調べてから購入するのが普通です。しかし、家を売るときには、いい加減に選んだ不動産屋の言いなりで損をする人が多い。
せめて3社でも、複数の不動産会社に相談すれば「勉強している売主だ」と営業の対応が違ってきます。不動産屋に一目置かれるには、一括査定経由が正解です。
イエウールHOME4UすまいValue
売却に熱意のある不動産会社が多く在籍する査定サイト。
提携する不動産会社の数が一番多く、準大手から地元の中小までラインナップが豊富。
なるべく早く売りたい・高く売りたいなど様々なニーズを叶える営業が見つかる

公式サイト → イエウール

準大手・中堅・地元中小までがバランスよく揃った不動産査定の老舗。
都心・地方の両方に強く、必ず複数の不動産会社が選べるのがHOME4Uのポイント。
18年間の運営・累計35万件超の査定実績は圧倒的。

公式サイト → HOME4U

大手不動産グループ6社による一括査定。
対応エリアは全国だが、都心・主要都市から外れると、対応できる不動産会社が少なくなるのが残念。
担当営業は(大手の余裕からか)あっさりした人柄が多く、物足りなく感じる売主も多い。

公式ページ → すまいValue

中古マンションは売主が自由に価格を決めていい

ご質問ありがとうございます♪

同じマンションが安く売り出されて心配されています。状況としてはちょっと厳しいですね。急いで売る必要がある場合はマンションの販売価格を下げる必要があるかもしれません。

販売価格について、不動産屋は根拠を示してアドバイスをすることができますが、最終的に販売価格を決定するのは所有者である売主です。

後から売り出したお部屋の売主さんには、それなりにお考えがあって、その販売価格になったはずです。もしくは、安くせざるを得ない事情があって、やむなくマンションを安く売り出しているのかもしれません。

マンションを安くせざるを得ない事情

  • 転勤・相続など、とにかく売却を急いでいる
  • 任意売却などの特殊な事情で安くせざるを得ない
  • お部屋の内装が傷んでいるがリフォームせず、その分を安くしている
  • 自殺や近隣トラブルなどの心理的瑕疵を抱えている

質問者さんを担当している不動産営業に尋ねてみるのが手っ取り早いように思います。違う業者であっても営業間で情報の共有はある程度あります。まして、今回のケースでは同じ不動産屋から売り出されているので、売主の事情を知らないほうが不自然です。

ファミマとセブンが隣り合わせにある理由

質問者様がご心配されている通り、価格面だけを比較すると不利なようにみえます。しかし、デメリットばかりではなく、競合する物件があるメリットも見逃せません。

コンビニエンスストアでも、ファミリーマートとセブンイレブンが隣り合わせであることがありませんか?

これ、利用するお客様の立場としては便利なことが多いです。単に昼食のお弁当を買うときにも、A店が売り切れならB店へ。食べ続けて飽きてしまったときには簡単に浮気することができます。

他に、コンタクトレンズの洗浄保存液とか、日焼け止めクリームなど。「どこでも必ず置いているとはいい難い」微妙な商品を買いに行くときには、二つの店舗が並んでいるコンビニに安心感があります。

競合物件とは差別化を・・

売り出した中古マンションも同じことがいえます。多くのお客様(買主)は、安い・高いといった絶対的な相場感はありません。いつでも比較することでハッキリするのです。

これで、あの部屋より200万円高いのか・・・。

二つの部屋を見比べた結果、こんな風に買主が感じてしまったら残念です。しかし、200万円の価値の差が買主に伝われば、意外にアッサリと成約になることもあります。

あっちの部屋は200万円安かったけど、この後もトラブルがいろいろ出てきそうだから、ちょっと高くても安心を買おう!

そもそも不動産は高い買い物なので、安くても不安の残る部屋を買う人は少ないです。

両者の違いをハッキリ知るために、先に書いたように担当者への聞き取りは絶対に必要だと考えます。相手の部屋が汚いから安くしたのであれば、こちらは徹底的にモノを減らしてキレイにすることで差別化ができます。

そんなことで200万円の差が埋まるのか心配かもしれませんね。
でも安心して下さい、本気で悩んでいる買主であれば「すこし安くなりませんか?」と価格交渉の打診があるはずです。200万円下げるのか、100万円だけ値下げに応じるのか、そのときに考えれば済むことです。

まとめ

質問された方も、転勤のためにマンションを売り急いでいらっしゃいますね。

お部屋のコンディションに差がなく、相手の部屋に心理的な瑕疵もないようであれば、相手より早く売るためには多少の値下げも必要かもしれません。

逆に、長く待てるようであれば、相手の部屋が売れるのを待つのは、高く売るための一つの手だと思います。

あなたの営業担当に相談して下さい。担当者はどう考えているのでしょう?

  • 価格を下げて売り出したい
  • 徹底的に差別化をして現在の価格で売る
  • 差別化はほどほどに100万円だけ値下げ

絶対的な正解はありません。あなたが担当者の説明に納得できるかどうかが重要だと考えます。

これまで、何度も言っていますが、
不動産の売却は、良い営業(担当)に出会えるかどうかにかかっています。

本気で家を売る人の不動産会社選び

提携する不動産会社数、No.1の不動産査定

  • 売却の得意な不動産屋が集まるサイト
  • より高い査定額を選べる
  • 比較するから分かりやすい
  • 高い査定額の根拠が分かる
  • 相性が合う営業さんに出会える

本気で高く売りたいならイエウール

【VIP待遇】バカにされない一括査定

「たった一社にしか頼まない」売主を不動産屋はバカにして囲い込む。

あえて、競争原理の働く「一括査定」で頼む売主を、不動産屋は「勉強している」と一目置きます。

HOME4Uは日本でもっとも長く続いている一括査定。

よくある質問
宅建士さやかの家を売る方法