共有名義の不動産を売却する注意点

q1現在、協議離婚の調停中なのですが、自宅を売却するかどうかで揉めています。

わたしとしては、家を売却してローンの残債をなくしてスッキリしたいのですが、別れる妻はその家に住み続けるつもりでいます。

こんなときには、どうすればよいのでしょうか?
ちなみに揉めている家は、夫婦の共有名義になっています。

当サイトにお寄せいただいた、不動産売却に関する質問にお答えしています。

共有者全員の同意がないと家は売れません

sales_lady0411

まず、物件が夫婦の共有名義であれば、お二人に売却の意志がなければ、家を売ることはできません。実務的に言うと、引き渡し後の所有権移転登記ができなくなっています。

わたしの知らないうちに勝手に売却された!

大事な家が、こんなことになったら困りますよね?
だから、所有者の意志がない限り不動産を売ることはできないのです。

これは共有者の持ち分の多寡に関係がありません。すこしでも権利を持っていれば共有者(所有者)の意志が反映されます。

離婚の場合と同じく、相続がらみで共有者が複数いる物件の売買も、同意がとれないと揉めます。

夫婦間で売買を!

売買
共有物件の処分は、共有者同士で売買契約を行い、所有者を一人にしなければなりません。離婚される奥様が住み続けるのであれば、あなたが奥様に物件の共有持分を売却することになるでしょう。

このケースで問題になりそうなのは住宅ローンです。ご質問にも「住宅ローンが残っている」とあります。奥様が仕事をされていて、安定的な収入があれば住宅ローンの名義を付け替えることができるでしょう。

しかし、専業主婦で収入が不安定であれば、住宅ローンの審査が通りません。

実質的には、元夫から支払われる慰謝料や養育費などで住宅ローンの返済を続けることができたとしても、金融機関の審査には通らないと思います。

そのあたりのことも、よく話し合って進めてください。(ちなみに私は離婚問題とか詳しくありません)

他人の不動産を利用して稼ぐのが不動産屋。
誰に、どうやって売れば一番儲かるのか、いつも考えています。

ですから、「悪徳不動産屋に騙された!」なんて話が尽きませんね。

もうお分かりでしょうが、たった一つの不動産屋の意見を鵜呑みにするのは危険です。
「自分にしか相談していない」と知った不動産屋は、やりたい放題でしょう。

多くの不動産屋と知り合い、話を聞けばリスクが少なくなる。

しかも、大手・準大手・中堅・地元密着の中小とバランスよく、不動産会社をピックアップするのが賢明です。

不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

2つの一括査定を利用するのがスタンダードです。

私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は・・ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫なら・・

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県(プラス、大阪・兵庫)にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉と、大阪・兵庫の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

よくある質問
宅建士さやかをフォローする
宅建士さやかの家を売る方法