共有名義の不動産を売却する注意点

q1現在、協議離婚の調停中なのですが、自宅を売却するかどうかで揉めています。

わたしとしては、家を売却してローンの残債をなくしてスッキリしたいのですが、別れる妻はその家に住み続けるつもりでいます。

こんなときには、どうすればよいのでしょうか?
ちなみに揉めている家は、夫婦の共有名義になっています。

当サイトにお寄せいただいた、不動産売却に関する質問にお答えしています。

【損する】比較しないで売り出すの危険

無料で高く売るノウハウ
・簡単な入力だけ
・個人情報の取扱い安心
・お好きな不動産会社を選べる

売れるエース営業が担当する。
【HOME4U】

共有者全員の同意がないと家は売れません

sales_lady0411

まず、物件が夫婦の共有名義であれば、お二人に売却の意志がなければ、家を売ることはできません。実務的に言うと、引き渡し後の所有権移転登記ができなくなっています。

わたしの知らないうちに勝手に売却された!

大事な家が、こんなことになったら困りますよね?
だから、所有者の意志がない限り不動産を売ることはできないのです。

これは共有者の持ち分の多寡に関係がありません。すこしでも権利を持っていれば共有者(所有者)の意志が反映されます。

離婚の場合と同じく、相続がらみで共有者が複数いる物件の売買も、同意がとれないと揉めます。

【解決方法】夫婦間で売買

売買

共有者全員の意思が(売却に)統一できないときは、どうすればいい?

旦那さんは売りたい、しかし共有者の奥様は住み続けたい、という場合、共有者同士で売買契約を行います。
旦那さんの共有持ち分を奥様に売却することで解決します。

ただし、問題になりそうなのは住宅ローンです。
ご質問にも「住宅ローンが残っている」とあります。

奥様が仕事をされていて、安定的な収入があれば住宅ローンの名義を付け替えることができるでしょう。
しかし、専業主婦で収入が不安定であれば、住宅ローンの審査が通りません。

実質的には、元夫から支払われる慰謝料や養育費などで住宅ローンの返済を続けることができたとしても、金融機関の審査には通らないと思います。

そのあたりのことも、よく話し合って進めてください。

訪問査定はコロナが危険!メールで机上査定

むやみに査定担当に会う「訪問査定」は危険。

簡単なフォームに入力して、査定額をメールで受け取る「机上査定」ならば、不動産営業に会うことを最低限に抑えることができるので安心です。

机上査定なら大手の査定額を無料で比較【すまいValue】

プロフィール

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

よくある質問
宅建士さやかの家を売る方法