マンション管理組合の役員・理事の任期中に売却できる?

q1半年ほど前に近所に一戸建てを購入して、ついに引っ越しの日取りが決まりました。

そこでいま住んでいるマンションの売却をしなければいけないのです。
問題なのが、私がマンションの管理組合の役員をしていて一年間の任期の半分も過ぎていないことです。

同じ管理組合の役員にも、まだ相談できていません。
管理組合の任期中に役員を放り出してマンションを売却するのは非常識でしょうか?

当サイトにお寄せいただいた、マンション売却に関する質問にお答えしています。

役員任期中のマンション売却も問題ありません

ご質問いただき、ありがとうございます。

マンションの管理組合の役員をされていらっしゃるのですね!
もちろん役員の任期中のマンション売却も可能です。

実際に私のお客様にも管理組合で理事長を務めながら売却をされた方がいらっしゃいました。

たしかに少し(他の役員の方に対して)肩身の狭い思いをされたみたいです。
しかし、マンションの資産価値を下げないよう、値下げ交渉に関して頑なに反対されました。

一度でも安い価格で成約してしまうと、一時的とは言えマンションの相場が下がってしまいかねません。最後まで理事長らしく、そんな心配をされていましたね。

売却と同時にマンションの組合員でなくなる

役員をされているならご存知でしょうが、マンションの売却をして、区分所有者でなくなると同時に、そのマンションの組合員でなくなり、議決権も失います。

当然ながら、管理組合の役員に残るわけにはいきませんね。

役員の任期中にマンションを売却した場合の措置については、他の役員が兼務するケースが多いと聞きます。ただ明確なルールはなくて、そのマンションしだい、というか、任期中の役員による話し合いで決めることから、その時々で違いがあるようです。

実務として、任期途中で役員が代わる場合に、マンション内の他の住民から新たに役員を見つけ任命するのは、とても困難でしょう。

お節介かもしれませんが、なるべく早く他の役員の方にマンション売却を伝えたほうがいいのではないでしょうか?

人づてに伝わるよりも、本人の口から伝えたほうが、誤解がないし誠意も伝わります。

私は、悪い知らせほど早くお知らせするように、日頃から心がけています。

他人の不動産を利用して稼ぐのが不動産屋。
誰に、どうやって売れば一番儲かるのか、いつも考えています。

ですから、「悪徳不動産屋に騙された!」なんて話が尽きませんね。

もうお分かりでしょうが、たった一つの不動産屋の意見を鵜呑みにするのは危険です。
「自分にしか相談していない」と知った不動産屋は、やりたい放題でしょう。

多くの不動産屋と知り合い、話を聞けばリスクが少なくなる。

しかも、大手・準大手・中堅・地元密着の中小とバランスよく、不動産会社をピックアップするのが賢明です。

不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

2つの一括査定を利用するのがスタンダードです。

私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は・・ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫なら・・

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県(プラス、大阪・兵庫)にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉と、大阪・兵庫の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

よくある質問
宅建士さやかをフォローする
宅建士さやかの家を売る方法