売れないからという理由で不動産屋を替えてもOK?

売却中の不動産がなかなか売れない。
売り主さんにとってはキリキリするほど胃が痛い日々が続いているでしょう。

  • 一向に見込み客の見学がない
  • こちらから電話をしないと不動産屋からは連絡がない
  • しっかり営業をしてくれているのか
  • 途中から不動産屋を替えてもいいのか
  • 媒介契約書の有効期限はいつまでなのか
  • 広告費を請求されたりしないか
  • なんと言って断ればいいのか分からない

一度付き合い始めた不動産屋を断るのは、やっぱり抵抗がありますよね。

不動産を替えるメリットと心配に対する答えを紹介します。

モノを買うとき「安くて、サポートが手厚いのは、どこか?」ひと通り調べてから購入するのが普通です。しかし、家を売るときには、いい加減に選んだ不動産屋の言いなりで損をする人が多い。
せめて3社でも、複数の不動産会社に相談すれば「勉強している売主だ」と営業の対応が違ってきます。不動産屋に一目置かれるには、一括査定経由が正解です。
イエウールHOME4UすまいValue
売却に熱意のある不動産会社が多く在籍する査定サイト。
提携する不動産会社の数が一番多く、準大手から地元の中小までラインナップが豊富。
なるべく早く売りたい・高く売りたいなど様々なニーズを叶える営業が見つかる

公式サイト → イエウール

準大手・中堅・地元中小までがバランスよく揃った不動産査定の老舗。
都心・地方の両方に強く、必ず複数の不動産会社が選べるのがHOME4Uのポイント。
18年間の運営・累計35万件超の査定実績は圧倒的。

公式サイト → HOME4U

大手不動産グループ6社による一括査定。
対応エリアは全国だが、都心・主要都市から外れると、対応できる不動産会社が少なくなるのが残念。
担当営業は(大手の余裕からか)あっさりした人柄が多く、物足りなく感じる売主も多い。

公式ページ → すまいValue

3ヶ月が媒介契約の期限、不動産屋の見直しタイミング

不動産屋との付き合いは三ヶ月ごとに見直すことになっています。
これは、宅地建物取引業法(宅建業法)に明記されています。

(媒介契約)
第三十四条の二  宅地建物取引業者は、宅地又は建物の売買又は交換の媒介の契約(以下この条において「媒介契約」という。)を締結したときは、遅滞なく、次に掲げる事項を記載した書面を作成して記名押印し、依頼者にこれを交付しなければならない。
(中略)
3  依頼者が他の宅地建物取引業者に重ねて売買又は交換の媒介又は代理を依頼することを禁ずる媒介契約(以下「専任媒介契約」という。)の有効期間は、三月を超えることができない。これより長い期間を定めたときは、その期間は、三月とする。
4  前項の有効期間は、依頼者の申出により、更新することができる。ただし、更新の時から三月を超えることができない

以下省略
「宅地建物取引業法」より

宅地建物取引業法(たくちたてものとりひきぎょうほう)というのは、不動産屋をしばる法律です。

宅建業法に違反する宅建業者(不動産屋)は注意・処分がくだされます。
処分の内容は営業停止・免許取り消しです。

媒介契約というのが「売ってください」「はい、わかりました」という契約。
有効期限は長くても三ヶ月です、しかも更新は、依頼者(売り主)が申し出ないと更新できないことになっています。

不動産屋がゴネたらどうすればいい?

不動産屋は、お客様のことを甘く見ているところが多いです・・・。

「ウチは自動更新ですから・・」(不動産屋)
とドヤ顔で言ってきたら、どうするべきでしょうか。

こういう場合は「しかるべきところに相談しますけどいいですか?」と返答しましょう。
ちなみに、自動更新をする媒介契約は宅建業法違反です。

“しかるべきところ”とは、不動産トラブルの窓口です。

  • 東京都であれば「東京都都市整備局」
  • 神奈川県では「建設業課横浜駐在事務所(宅建指導担当)」
  • 埼玉県は「建築安全課」
  • 千葉県の場合「千葉県県土整備部」

宅建業者のトラブルに関する窓口は、都道府県が管轄します。

「◯◯県 不動産 トラブル」と検索すれば、管轄する部署と電話番号などが出てきます。

その場で電話をすると、不動産屋は震え上がります。(笑)

【解説】不動産屋のしつこい営業がすぐになくなる方法
しつこい不動産屋の営業行為をピタリと止めさせる方法、やんわりと断る方法を現役の不動産営業が解説します。

お手上げ

仮に、営業さんが「平気ですけど」みたいな顔をしていたら、「会社に帰って上司に相談してきなさい」と諭してください。
すぐに上司からお詫びの電話がかかることでしょう。

ただし、三ヶ月未満で、不動産屋を替えたい場合は、ちょっと待ってもいいのではないでしょうか。
私も、三ヶ月未満で断られるのは寂しすぎます。

不動産屋を替えても広告費は請求されない

不動産業は成功報酬で、契約が取れなければ売上なんてありません。

(報酬)
第四十六条  宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買、交換又は貸借の代理又は媒介に関して受けることのできる報酬の額は、国土交通大臣の定めるところによる。
2  宅地建物取引業者は、前項の額をこえて報酬を受けてはならない。

宅地建物取引業法より

ただ例外として、先(媒介の締結時)に、「広告費は金◯◯とする」などとして、契約書を交わしていた場合には、不動産屋は広告費を受け取ることができます。
あくまでも、例外です。広告費をとるとこなんてないですから現実的には。

あとづけで、「不動産屋を替えるんだったら、これまでかかった広告費を支払ってもらいましょう」なんて言われたら、どうするか分かりますね。

そうです、「しかるべきところに相談しますけどいいですか?」と返答します。

お手上げ

不動産屋の断り方

多少なりとも、不動産屋と信頼関係ができていたり、「頑張ってくれているのに悪いな・・・」という気持ちがあると、断りづらいですね実際には。

別の不動産屋に切り替える場合には、ヘンに嘘をつく必要はないです。
黙ったまま、他の不動産屋から売りだしたら、すぐに分かります。

不動産屋は、営業地域内でどんな物件が売りに出ているか常にチェックをしています。

  • なかなか結果が出ないから別の不動産屋にお願いします
  • 三ヶ月だけ別のところにお願いしてみるよ

不動産屋の断り方は、シンプルにこれでいいと思います。

ただ、「お客さんがいたら紹介してね」と付け加えておきましょう。

断られて肩の荷が下りる不動産屋

不動産屋にとって、売れない物件を担当し続けるのって、結構しんどいです。

本音を言うと、売り主さんに見限られることで肩の荷が下りることも少なくありません。

売り主さんだけが辛いのではなくて、不動産屋も同じように苦しんでいるかもしれません。

本気で家を売る人の不動産会社選び

提携する不動産会社数、No.1の不動産査定

  • 売却の得意な不動産屋が集まるサイト
  • より高い査定額を選べる
  • 比較するから分かりやすい
  • 高い査定額の根拠が分かる
  • 相性が合う営業さんに出会える

本気で高く売りたいならイエウール

【VIP待遇】バカにされない一括査定

「たった一社にしか頼まない」売主を不動産屋はバカにして囲い込む。

あえて、競争原理の働く「一括査定」で頼む売主を、不動産屋は「勉強している」と一目置きます。

HOME4Uは日本でもっとも長く続いている一括査定。

売れる不動産屋の探し方
宅建士さやかの家を売る方法