3ヶ月間で家を売る方法

家を売る人の多くは二つのタイプに分かれます。

  • すこしでも高く家を売りたい
  • なるべく早く家を売りたい

そしてもちろん、高く・早く家を売りたいと考えるのも普通ですね。
今回は3ヶ月で家を(早く)売るための具体的な方法を紹介します。

3ヶ月で家を売るべき人

  • 転勤が決まって転居を急ぐ
  • 相続により早く売却する必要がある
  • 離婚が決まって早く家を売りたい
  • 家の買い替えで売却期限が迫っている

なぜ、3か月なのか?
気になりますね!
売却期間を3ヶ月と区切った理由は、不動産屋と締結する媒介期限が3ヶ月で一区切りになっているからです。

ぶっちゃけ、3ヶ月売り出して反響の少なかった売却物件は、半年・一年と売れ残ることが多いです。

3ヶ月と決めてゴールから逆算する戦略

sand_clock1116
売れない不動産営業の特徴ですが、ただ漫然と案内をして売れないと「お客様に買う気がなかった」と諦めます。(上から目線でスミマセン)

同じように、これから家を売ろうという売主は、漠然と「早く売りたい」と思うより、3ヶ月以内に家を売る!と目標とする期限を定めたほうが成果につながります。

あのワタミ会長の渡邉美樹さんは「夢に日付けを!」と繰り返しおっしゃっています。

  • 死ぬまでに、あんなとこ行けたらいいな
  • いつか、こんなことできたらいいな

このような日付の入っていない夢は、きっと死ぬまで実現しないと渡邉美樹さんは考えています。

三ヶ月後には家の売却が終わって、新居での生活が始まる!
夢や目標に、具体的な日付や期限を定めると、やるべきことが分かります。

家の売却というゴールから逆算して戦略を立てるため、いつ・なにをすべきかが明確になるのです。

家を売り出すと、3ヶ月はあっという間です。
3ヶ月の販売スケジュールのモデルケースを示します。

3ヶ月で家を売るためのスケジュール

3ヶ月間で売主がすべきことは沢山あります。

  1. 一括査定に申し込む
  2. 売却相場を知る
  3. 不動産営業を選定する
  4. 不動産屋と媒介契約を締結
  5. 不動産屋が売却準備(おおむね一週間)
  6. 家の整理整頓
  7. 見学(内覧・内見・案内)への対応
  8. 購入申し込み → 指値・価格交渉
  9. 不動産売買契約の締結
  10. 住宅ローン一括返済の準備
  11. 引っ越し・清掃と不具合の修繕
  12. 家の残金決済・引き渡し

9.不動産売買契約締結から、
12.家の残金決済・引き渡し、
までに買主のローン審査により1ヶ月かかるのが普通です。

つまり、実質2ヶ月間で買主との売買契約を締結しなければならないことがわかります。

買主のローンが審査落ちすると1ヶ月が無駄に

売却期間中に、買い付けが入ったものの、買主がローンの審査に落ちると、ローン特約によって売買契約は白紙解除されます。

住宅ローンの審査中は「売り止め」となるので、買主がローンの審査に落ちると1ヶ月間が無駄になってしまいます。

ローン特約による白紙解除が起きると、3ヶ月間での家の売却は実質的に困難になるのがお分かりになるでしょう。

販売開始1ヶ月間が勝負

明るく映った室内写真
先に、はじめの3か月で反響が少ないと半年・一年と売れ残ると言いました。

不動産は、売り出しはじめのインパクトが大事です。物件の良し悪しはもちろん、整理整頓ができていて、キレイな室内写真が揃っていなければなりません。

明るく・広くみえる室内写真の撮り方【比較写真あり】
せっかくキレイに掃除しても、内覧がなければ、お部屋(家)を披露することができません。 お客様は、必ずインターネットで室内写真を確認して「この物件を見学したいのですが・・」と不動産屋に来店されます。 ドラマみたいに「いい家は売り出...

さらに言うと、高すぎない売り出し価格がもっとも重要です。
安く売り出せば多くの人が「買いたい!」と思いますが、高く売り出した場合には「そこに住む理由のある人」にしか家が売れません。

家の売り出し価格は悩ましいところですが、多くの不動産営業と話をして、信頼できるデータと助言を得て、あなた自身が決めなければいけません。

家が相場よりも高く売れる条件とは?
家を売却するからには、すこしでも高く売りたいという気持ちは、売主であれば当然で、健全な心理だと思います。 このページをご覧になった方は、一戸建てやマンションを相場よりも高く売るのが難しいと思っているかもしれません。しかし、相場...

買取保証なら確実に3ヶ月で売れる

3ヶ月で、確実に家を売却するなら、売却保証がオススメです!

買取保証とは?

相場通りに仲介で売り出して、
一定期間内に売却できなかった場合に、不動産会社に買い取ってもらうのが買取保証。

最終的な買取金額を事前に決め、保険をかけた上で高値売却を目指すことができる。
まさに、ホッペタをつねってみたくなる、夢の売却方法です。

買取保証・売却保証できる5つの不動産会社
マンションの売却を検討しています。売却理由が転勤なので、少し急ぎ目で売りたいと思います。 そこで、先日、不動産会社の営業さんに訪問査定をしていただきました。その不動産会社では「買取保証」という制度があると教えていただきました。 ...

買取保証制度のある、主な不動産会社を紹介します。

買取保証ができる不動産会社

  • 三井のリハウス(売却保証)
  • 東急リバブル(売却保証システム)
  • 住友不動産販売(売却保証)
  • 小田急不動産(買取保証制度)
  • 野村の仲介(買換保証)

売却保証ができる不動産会社が揃っている一括査定は「すまいValue
すまいValue!!

【まとめ】3か月で家を売る方法

3ヶ月以内に引き渡しまで完了する方法を以下にまとめます。

  • 売却の目標期間を定める
  • 売れる営業を選ぶ
  • 高くない販売価格を設定する
  • スタートダッシュが重要!
  • 整理整頓忘れずに
  • 買取保証なら確実に3ヶ月で売れる

わたしのオススメする不動産査定

大手と地元、エース営業が査定するHOME4U

一括査定は大手が中心だったり、逆に地元の小さな不動産屋だけのサイトばかり・・・。

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい

 
あります!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加するHOME4Uは、売れるNO.1営業を担当させます。

早く家を売る
宅建士さやかの家を売る方法