別居している夫が勝手に家を売却します

q1夫が突然「離婚をしたい」と言い出して、家を飛び出して別居を始めました。

現在、私と8歳になる娘は夫名義の家に住んでいます。
しかし、夫から「家を売却するから出て行ってくれ」と言われました。

私は、ハローワークに通い求職活動をしています。
しかし、これまでパートしかしていなかったので条件の良い仕事に就く自信がありません。

賃貸に引っ越そうにも、引越し費用もない状況でどうすれば良いのか途方に暮れています。

こんな事情・状況であっても、家を売却するために私たちは出ていかなくてはならないのでしょうか?

当サイトにお寄せいただいた、不動産売却に関する質問にお答えしています。

モメている物件の売却は難しい

なんかすごく大変そうな状況ですね。
どうしてこんなに夫婦関係がこじれてしまったのか、モヤモヤしてしまいます。

専業主婦でずっとやってこられたとのこと、
娘さんとご家庭にとってはプラスでしたが、
ご自身の就職には不利に働いているようですね。

いま売却しようとしている家は、ご主人の名義なので、残念ですが家を売却する権利はご主人にあります。

引き続き家に住み続けるためには、住宅ローンの一括返済か、ローンの借り換えが必要です。(もちろん所有権移転登記も!)

不動産の所有権登記がご主人になっていれば、住むことも、貸すことも、売ることも、自由にできる権利(所有権)はご主人にあるということ。(残念ですが)

ただし、ご主人が家を売ろうと思っても、あなたと娘さんの協力がないかぎり、なかなか家を売ることはできません。

誰だって、モメている物件をわざわざ購入しようとは思わないからです。

このことを盾にとって、ご主人から引越し費用を出してもらうことはできませんか?

なにかしら、解決の糸口がありそうですが・・・。

財産分与は査定額の差を利用して儲ける

いまご主人が売ろうとしている家は、ご結婚されてから購入して、住宅ローンを払っていますか。

名義はご主人だとしても、実質的に夫婦の共有財産であることが認められれば、離婚で売る家は財産分与の対象になります。婚姻期間中に夫婦が共同して築いた財産ということですね。

財産分与を受ける場合には、家の査定額を多く見積もった方が得になります。

不動産屋の提示する査定額は、じつはバラバラです。この査定金額の価格差を利用するのです。

不動産の一括査定サービスを利用すると、一度に6社の不動産会社から査定金額を提示されますが、査定額の高いところと安いところでは800万円くらい差があることも珍しくありません。

  1. A社・・・1,200万円
  2. B社・・・1,600万円
  3. C社・・・1,800万円
  4. D社・・・1,500万円
  5. E社・・・1,700万円
  6. F社・・・2,000万円

財産を分け与える立場であれば、当然1の1,200万円を、
財産を受け取る立場であるば、当然6の2,000万円を選ぶのがお得です。

離婚の財産分与で250万円得する不動産査定
離婚による財産分与で自宅の売却価格を調べることになりました。 担当の弁護士さんに「不動産屋さんにお願いして自宅の売却価格を調査してもらってください」ってサラッと言われたのですが、不動産屋さんに離婚と財産分与のことは話したほうが...

査定額に800万円も差があれば、夫婦で分け合っても400万円の差になります。

どの査定額を使うかで、結果がまったく変わってしまいますね。

不動産の一括査定サービスは、一度に5・6社の査定額を受け取ることができます。

しかも無料です。
上手に利用してください。

家の売却は一括査定から始めるのが確実で安全。
ひとつの不動産会社の意見だけを鵜呑みにするのは危険だからです。

たくさんの意見を聞けばリスクが少なくなる。
でも、何社も聞くのは面倒くさいし、営業されるのも心配。

不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

まずは、机上査定で多くの査定を取り寄せ、そのなかからじっくり選べばOKです。

無駄に偉そうだったり、上から目線なのではなく。
一緒に売り方を考えてくれるパートナー(営業さん)を探しましょう。

私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は・・ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

トラブル
宅建士 さやかをフォローする
宅建士さやかの家を売る方法