既存住宅売買かし保険で中古住宅の売却が安心に!

「既存住宅売買かし(瑕疵)保険」という新しい制度が2012年に誕生しました。
既存住宅売買かし保険は、中古住宅の流通を促進するため、国土交通省の肝いりでつくられた制度。

瑕疵(かし)とは、一般の言葉で「傷」や「欠陥」という意味です。

安価な中古住宅を購入したいけど、購入した後に住宅に欠陥があったら困る・・・。

「既存住宅売買かし保険」を利用することで、最長5年間に渡り、購入した住宅の「補修費用」「調査費用」「転居・仮住まいの費用」を保障するものです。

既存住宅売買かし保険は売主・買主・宅建業者の誰でも申し込める

「既存住宅売買かし保険」は売主・買主・宅建業者の誰でも申し込むことが可能です。

この三者は、それぞれに心配ごとを抱えているからです。

申し込める人 心配ごと
売主 売却した後の家で不具合などで、補修費を請求されないか?
買主 購入後の不具合が心配。3ヶ月以降に瑕疵が見つかったらどうする?
宅建業者
(不動産屋)
隠れたる瑕疵がないか?
仲介を担当した責任

この心配ごとが解決できる。三者の全員に「既存住宅売買かし保険」のメリットがあります。

既存住宅売買かし保険の保険料はいくら?

「既存住宅売買かし保険」の保険料は、保険加入する団体によって費用が違います。

ざっくりとした目安ですが、建物診断の費用を含め、保険上限額1,000万円のコースで10万円程度です。

既存住宅売買かし保険の支払対象

既存住宅売買瑕疵保険の支払い対象となる部分と、事例を紹介します。

保険対象部分 保険金を支払う場合 保険金の支払い事例
構造耐力上主要な部分 耐力性能を満たさない場合 建築基準法レベルの構造耐力性能を満たさない
雨水の侵入を防止する部分 防水性能を満たさない 雨漏りが発生した場合
給排水管 有すべき性能を満たさない 水漏れ・逆勾配
給排水設備・電気設備 機能が失われた場合 設備の機能停止

 

既存住宅売買かし保険のメリット

「既存住宅売買かし保険」には、売主・買主・不動産屋にとって、メリットがあります。

「既存住宅売買かし保険」売主のメリット

  • 売却後の瑕疵担保責任の不安がなくなる
  • 「既存住宅売買かし保険」加入で競合物件より売れやすくなる
  • 瑕疵担保責任の免責による価格下落を防げる

「既存住宅売買かし保険」買主のメリット

  • 一般的な不動産仲介の瑕疵担保責任期間3ヶ月を超えて保証を受けられる
  • 保険契約前に、隠れたる瑕疵の事前調査を受けているので安心

「既存住宅売買かし保険」不動産屋のメリット

  • 「既存住宅売買かし保険」の付保で売りやすくなる
  • 他の不動産屋との違いを打ち出すことができる
 
私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は、、、ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却の基礎知識
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法