家売るオンナ、第4話の感想!女神の前髪を鷲掴みにする三軒家チーフ!!

ドラマ「家売るオンナ」観てますか?

私の勤務している営業所(不動産屋)では、ほとんどの人が観ています。
不動産屋は水曜が定休日のとこが多いので、業界関係者がたくさん観ているかもしれませんね。

「家売るオンナ」第4話も、見どころが盛り沢山!!

  • 三軒家チーフの婚活クッキングパーティー
  • 屋代課長と三軒家チーフのキスシーン
  • 庭野くんの恋心
  • 三軒家チーフのホームレス飲み会

でも、なんといっても三軒家チーフの「ずっと変わらないモチベーション」です。
これは、もちろん「家を売ること」です、三軒家チーフも婚活パーティーの自己紹介で言ってますから・・。

三軒家万智、30歳、趣味は家を売ることです!

仕事じゃなくて、趣味なんです♪

彼女(三軒家チーフ)、まわりに媚びてない。

料理は誰よりも手際がいいし、やるべきことはキチンと出来てる。

そして一人でも毅然と存在できる、さらに美人。

これ、婚活クッキングを主催する沢木さんが言った、三軒家チーフの評価です。
コレこそが、料理だけじゃなくて、家を売ることにも共通する三軒家チーフの強みだと思います。

さらに言うと、幸運の女神の前髪をワシヅカミにするのが三軒家チーフの真骨頂です。

家売るオンナ第4話

恋が走りだしたテーコー不動産新宿営業所

恋愛要素がジワジワでてきたのがいいですね~♪

三軒家チーフを同行して、婚活クッキングパーティーに出席した屋代課長が、三軒家チーフを気にしてチラチラ観ているところがカワイイです。

そして、まさかのキス!
目撃してしまった庭野くんの嫉妬もカワイイです。

幸運の女神の前髪を鷲掴み!

ホームレスに見えるおっちゃんが、お金持ちだと知っていたのか?という質問に三軒家チーフはこう答えます。

私は不動産屋です。

総資産ランキング上位者の顔くらい、頭に入っていて当然です!

モノが売れるときには、 動機 × 能力 が必要です。

アレが欲しい! どうしても欲しい!
と、購入の動機だけを高くすることができても、100%売ることはできません。

実際に購入する お金(能力)が備わっていないと、お客様は買うことができないのです。

だから、「どうしたら買いたくなるのか?」だけを追求しても仕方ないのです。同時に、その購入金額を支払える能力をもった人に行き当たらないといけません。

三軒家チーフの言うように「不動産屋なら当然出来てるか」というと、全然できていないのが普通です。
でも、高い物件を売りたいんだったら、こういう情熱を持っていないと叶いません。

たとえ一時的にできたとしても、それを維持していくのがメッチャ難しいです。
いつ使えるかわからない情報をコツコツ集める・覚える、これが三軒家チーフの営業の強みです。

幸運の女神は、前髪しかない

これは、レオナルド・ダ・ヴィンチの言葉だといいます。
幸運の女神が通りかかったら、サッと手を伸ばして、その前髪を鷲掴みにしないと、すぐに通りすぎてしまいます。

通り過ぎたあとで、後悔しても遅いんです。

象徴的な場面は、ホームレス風のおっちゃんが立ち去ったあとの、テーコー不動産新宿営業所です。

三軒家チーフは白州美加に「なんであの人と知り合いなの?」「すぐにその公園に連れて行きなさい!」と汚らしい身なりの女神の前髪を掴みにいっています。

アダチ王子は、おっちゃんの正体をネットで調べていました、じつは金持ちだったと・・・。でも、そのとき掴もうとしても後ろ髪はないんですよね!幸運の女神には・・・。

いつ現れるのか分からない女神を、信じて準備することができるか・できないか、って話ですね・・・。しっかり準備するから訪れる(幸運を引き寄せる)セレンディピティとも言えると思います。 → セレンディピティってなに?

彼女(三軒家チーフ)、まわりに媚びてない。

料理は誰よりも手際がいいし、やるべきことはキチンと出来てる。

そして一人でも毅然と存在できる、さらに美人。

  • まわりに媚びない
  • やりべきことをキチンとやり
  • 孤立しても毅然としている
  • 不動産屋はダメな営業が足を引っ張り合う慣習があります。
    ずっと変わらず前を向き続けることは、意外に難しいんです。

    屋代課長との因縁も明らかに?

    飲みの帰りにタクシーで、三軒家チーフと屋代課長との過去の因縁について明らかになりました。

    こんなことがあったんですね~!
    さすが三軒家チーフ、ネチッコイです!

    課長はダメではありません。

    7年前、月島の小さな不動産屋にいた時、
    麻布のマンションの一棟売却を、
    テーコー不動産の屋代という人と争って、負けました。

    私が負けたのは、ただ一度。課長にだけです。

    家売るオンナ

    家売るオンナ第5話の見どころ

    家売るオンナ、第5話の予告編、ご覧になりましたか?

    私(三軒家チーフ)を出しぬいて、庭野が売りました!

    って言ってますね、奮起して男になる庭野くんの姿が楽しみです。

    庭野(工藤阿須加)は勝ち気なフリージャーナリストの独身女性・日向詩文(ともさかりえ)を担当。一方万智(北川景子)は出版社の校閲部で働く地味な独身OL・草壁歩子(山田真歩)を担当する。

    女単(=女性単身客)の相次ぐ来店に「まだ若いのに何が悲しくて一人で家を買うのか」と噂する営業課メンバーたちを、万智は「独身者を結婚というゴールに向かう道半ばの中途半端な人間だとするのは間違っている!」と一蹴。

    その頃庭野は、万智そっくりの強気な詩文に振り回され、家探しは難航する。詩文がようやく気に入った物件は、万智の客・歩子が申し込みを進めようとしていた物件で…。しかも2人は同じ会社に務めており、犬猿の仲だと発覚。タイプの違う独身女2人が同じ部屋を巡って対立する!万智に仕切られっぱなしの庭野は、万智に勝ちたいと立ち上がり、詩文と歩子2人に自分が家を売ろうと決意するが…。果たして、独身女の家探しに出口は見えるのか!?

    家売るオンナ第5話

    他人の不動産を利用して稼ぐのが不動産屋。
    誰に、どうやって売れば一番儲かるのか、いつも考えています。

    ですから、「悪徳不動産屋に騙された!」なんて話が尽きませんね。

    もうお分かりでしょうが、たった一つの不動産屋の意見を鵜呑みにするのは危険です。
    「自分にしか相談していない」と知った不動産屋は、やりたい放題でしょう。

    多くの不動産屋と知り合い、話を聞けばリスクが少なくなる。

    しかも、大手・準大手・中堅・地元密着の中小とバランスよく、不動産会社をピックアップするのが賢明です。

    不動産一括査定なら、多くの査定額と根拠を、いっぺんにメールで受け取れます。

    2つの一括査定を利用するのがスタンダードです。

    私のオススメする一括査定
    大手を選ばない理由は・・ない!

    売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
    あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

    コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
    しかも無料!

    街の不動産屋は百万単位で損するかも?

    東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫なら・・

    あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

    • 一万円でも高く売りたい売主
    • 一万円でも安く買いたい買主

    利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

    ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

    唯一のデメリットは関東の一都三県(プラス、大阪・兵庫)にエリアが限定されていること。
    東京・神奈川・埼玉・千葉と、大阪・兵庫の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

    • 早く売却・高く売却は両立する?
    • 売れない不動産の共通点とは?
    • 値下げ交渉される本当の理由とは?

    入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

    さやかのプロフィール

    ドラマ「家売るオンナ」
    宅建士さやかをフォローする
    宅建士さやかの家を売る方法