売りだした不動産を値下げするタイミング

売りだした不動産が値下げをしないで売却できたなら、苦労はありません。

むしろスムーズに売れると「本当はもっと高く売れたんじゃないか?」と疑ってしまうかも・・・。

  • 意外な高値で売れることもある
  • 買い主からの価格交渉(値下げ)の余地をつくる
  • 他の不動産会社に負けない査定金額をつける

このような理由から、不動産の売り出し価格は高めに設定されます。
つまり、どこかで値下げをしなければならないタイミングがあるということです。

売れる金額はしだいに下がっていくもの

短期間で家を売る方法

不動産は、一般的に少しずつ資産価値が下がっていくものです。

土地だけを見れば、毎年発表される、路線価・地価公示価格・基準地価を見れば一目瞭然で、大都市の商業地以外では、ほとんど値下がりしています。

また、建物は新築時がもっとも価値が高くて、年々評価額が下がっていきます。

土地も建物も時間の経過とともに値下がりしていくのですから、不動産の売却価格も下がるのが一般的と言えます。

売れる時期を逃したとき、売れる時期に突入するとき

中古マンションが売れる時期

不動産には流通量が多くなる時期があります。

中古マンションが売れる時期!売れないのは◯月!で紹介しましたが、1月~3月までが繁忙期と言えるでしょう。

売りだした不動産の値段を下げなくてはいけないのは、この繁忙期の前後のタイミングです。

繁忙期の過ぎた4月には、お客様の数はガクンと減ってしまいます。
繁忙期に、その価格で決まらなかったのであれば、4月に値下げをするべきです。

逆に、繁忙期に突入しようとする12月も値下げの絶好のタイミングです。
お客様の多くなる時期に合わせて、魅力的な価格を提示して、しっかり売り切る戦略です。

これ以外のタイミングで、売りだした不動産の値下げをしなければいけない合理的な理由は、あまり考えられません。

ローン返済中は支払い金利で損得を判断

売却中の不動産を住宅ローンで購入している人であれば、毎月かかっている金利にも注意を払う必要があるでしょう。

  • 借入金額:4,000万円
  • 返済年数:35年
  • 利  率:3%
  • 返済方式:元利均等返済方式
  • ボーナス:0
  • 経過年数:10年目

10年目の金利

ローンを支払いはじめて10年目くらいだと、利息はこれくらい支払っています。

一ヶ月の支払額は153,940円で、そのうち83,000が利息、元金の返済は70,000くらいです。

まだまだ、元金よりも利息の支払のほうが多いですね。元金の支払額が利息を上回るようになるのは、ローン開始から12年目の12月です。

売出し中の不動産が早く売れれば、その分、この金利を支払う必要がなくなってきます。

価格交渉をされたり、値下げを受け入れるのは癪にさわるかもしれません。しかし、毎月支払っている金利のことを考えると、損得が分かり合理的な判断ができるのではないでしょうか。

他にも、マンションならば毎月の管理費・修繕積立金もバカになりません。

多少の値下げならば応じたほうが、得になることもあるのです。

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却の基礎知識
宅建士 さやかをフォローする
不動産売却のコツ|家を早く・高く売る方法