売りだした不動産を値下げするタイミング

わたし
わたし
最初だけ、高い価格で家を売り始める理由は・・・
  • 意外な高値で売れることがある
  • 買主の価格交渉(値下げ)に対応するため
  • 他の不動産会社に負けない査定金額をつける

このような理由から、不動産の売り出し価格は高めに設定されます。
つまり、どこかで相場通りの価格に戻す、値下げしなければならないタイミングがあります。

【損する】比較しないで売り出すの危険

無料で高く売るノウハウ
・簡単な入力だけ
・個人情報の取扱い安心
・お好きな不動産会社を選べる

売れるエース営業が担当する。
【HOME4U】

売れる金額はしだいに下がっていくもの

短期間で家を売る方法

不動産は、一般的に少しずつ資産価値が下がっていくものです。

土地だけを見れば、毎年発表される、路線価・地価公示価格・基準地価を見れば一目瞭然で、大都市の商業地以外では、ほとんど値下がりしています。

また、建物は新築時がもっとも価値が高くて、年々評価額が下がっていきます。

土地も建物も時間の経過とともに値下がりしていくのですから、不動産の売却価格も下がるのが一般的と言えます。

【値下げタイミング】繁忙期を逃した・これから繁忙期

中古マンションが売れる時期

不動産には流通量が多くなる時期があります。
不動産仲介は1月~3月が繁忙期です。

中古マンションが売れる時期!値下げNGな時期!
中古マンションには、売りづらい時期があります。 売り出して1ヶ月間、案内がないことは珍しくありません。 わたし わざわざ売りづらい時期に 値下げする必要はありません 中古マンションが売れる時期は...

売りだした不動産の値段を下げなくてはいけないのは、この繁忙期の前後のタイミングです。

繁忙期の過ぎた4月には、お客様の数はガクンと減ってしまいます。
繁忙期に、その価格で決まらなかったのであれば、4月に値下げをするべきです。

逆に、繁忙期に突入しようとする12月も値下げの絶好のタイミングです。
お客様の多くなる時期に合わせて、魅力的な価格を提示して、しっかり売り切る戦略です。

これ以外のタイミングで、値下げをする合理的な理由は考えられません。

ローン返済中は支払い金利で損得を判断

売却中の不動産を住宅ローンで購入している人であれば、毎月かかっている金利にも注意を払う必要があるでしょう。

  • 借入金額:4,000万円
  • 返済年数:35年
  • 利  率:3%
  • 返済方式:元利均等返済方式
  • ボーナス:0
  • 経過年数:10年目

10年目の金利

ローンを支払いはじめて10年目くらいだと、利息はこれくらい支払っています。

一ヶ月の支払額は153,940円で、そのうち83,000が利息、元金の返済は70,000くらいです。

まだまだ、元金よりも利息の支払のほうが多いですね。元金の支払額が利息を上回るようになるのは、ローン開始から12年目の12月です。

売出し中の不動産が早く売れれば、その分、この金利を支払う必要がなくなってきます。

価格交渉をされたり、値下げを受け入れるのは癪にさわるかもしれません。しかし、毎月支払っている金利のことを考えると、損得が分かり合理的な判断ができるのではないでしょうか。

他にも、マンションならば毎月の管理費・修繕積立金もバカになりません。

わたし
わたし
多少の値下げならば応じたほうが、得になることもあります
大手の査定額を比べるなら

・三井のリハウス
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・小田急不動産
・三菱地所ハウスネット

大手6社の査定額を無料で比較【すまいValue】

プロフィール

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

家の販売価格の決め方
宅建士さやかの家を売る方法