ソニー不動産のデメリット?首都圏にエリアを限定!

売却のパートナーに、ソニー不動産を選ぶときのデメリットって何でしょうか?

インターネット上の評判では「ソニー不動産は営業力が弱い」と書かれていることが多いようです。

他には、関東の一都三県に営業エリアを限定していることが、ソニー不動産のデメリットと言えるでしょう。

紙媒体のチラシがインターネットに置き換わり、全国のどこからでもお客様が来るようになったとは言え、やはり得意な地域を持っておくほうが不動産屋としての強みがあると考えます。

むやみにエリアを拡張せず、選択と集中で経営の効率化を図るソニー不動産の戦略に迫りたいと思います。

営業力が弱いって噂は本当?

よく耳にするソニー不動産のデメリットで、「営業力がイマイチなんじゃないか?」と言うものがありますが、私の個人的な感想として、それは間違っていると思います。

もちろん私はソニー不動産に勤めているわけでもないので詳しいことは知りえません。でも、同業の知り合いが一人、ソニー不動産に転職したんです。

その人は、準大手と言える不動産会社に新卒で入社、約10年の仲介営業のキャリアを引っさげてソニー不動産に転職しました。

ソニー不動産に転職して、ガンガン売って、稼ぎまくってるのかな?と思っていたのですが、その人曰く「頑張っても、なかなか営業成績で上位に行くのが難しい」って悔しがっていました。

その人と同じように、他社で経験を積んだ仲介営業がソニー不動産には多くいて、しのぎを削っているようです。

ソニー不動産の評判から分かる、家が高く売れる秘密とは?
片手仲介やエージェント制など、他の不動産屋がやりたがらなかったことを、なぜソニー不動産がするのか? 少し、意地悪な見方をすれば「ソニー不動産は後発組」だから、大手や老舗の不動産会社と同じやり方をしていたら、勝ち目はありません。...

 

全国展開できないのはデメリット?

紙媒体のチラシも効果がないわけではありませんが、不動産の広告はインターネット掲載が主戦場になりました。

ネットでの物件の見せ方、写真の撮り方、キャッチコピーの書き方など不動産会社はインターネット広告を研究しています。

「わざわざ全国各地に支店を出店しなくてもいいのだから、ソニー不動産も全国展開すればいいのに」と考えがちですね。

不動産屋が、遠隔地の媒介を頼まれると、実は意外に大変なんです。物件の写真を撮る・物件の調査をする・案内があれば同行する・契約時にも同席する・引き渡しも同席する。

たった一つの売買契約のために、何度も物件に足を運ぶ必要があります。もちろん交通費もかかりますし、なによりバカバカしいのは時間の浪費でしょう。

しかも、首都圏から離れるほど物件価格は安くなるのが一般的です。
不動産屋の報酬は仲介手数料。取り引きされる物件価格が下がれば仲介手数料も少なくなるのです。

つまり、ソニー不動産は全国展開できないのではなくて、ウマミがないからしないだけなのではないでしょうか?

ガッチリ儲けることができて、時間的なコストも最小限に抑えることができる首都圏で、しっかり足場を固めるのがソニー不動産の戦略です。

高く売れた、の声が多数のソニー不動産

私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

ソニー不動産
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法