壁のひび・破れは補修してから売った方がいいですか?

q1マンションの売却をしたいのですが心配事があります。

たぶん地震の影響だと思うのですが、
壁にヒビが入ったように、壁紙が縦方向にズレて(破れて)います。

場所は子供部屋の窓の近くです。

マンションを売り出す前に、この壁紙は張り替えたほうがいいでしょうか?

マンションは築15年で新築分譲で購入しました。まだ住んでいます。

当サイトにお寄せいただいた、不動産売却に関する質問にお答えしています。

ひび割れの原因は石膏ボードの暴れ

どの程度の壁紙のひび割れなのか、分かりかねるので返答が難しいです・・・。(汗)
(上の写真は質問者様からいただいたものではありません。)

ただ、地震で壁紙にひびが入ることは、決して珍しいことではありません。

コンクリート壁に直接、壁紙を張ることは少なく、大抵はコンクリートと壁紙の間には石膏ボードが張ってあります。
【コンクリート → 石膏ボード → 壁紙】

地震で壁紙にヒビが入ったのであれば、2枚の石膏ボードが暴れて、つなぎ目部分の壁紙にヒビが入ったものと思われます。

まずは担当営業に相談

おそらく、質問を下さった方は、このようなことを心配されていますね。
買主が建物の安全面に不安を持つのでは?

住宅営業として、一定の経験を積んでいる営業が担当すれば、壁紙のひび割れについて、説明することができるので、心配することはありません。

ただし、売却後に引き渡してから、ひび割れを買主が発見した場合は、モメる可能性もあります。

後のクレームを防ぎ、自分自身を守るために、まずは担当営業に相談することをオススメします。

基本的には、ひび割れの状態で売り出してかまわないと考えます。ただし、内覧したお客様の反応が悪かったり、売主自身が気になるようでしたら、クロスの張り替え補修を検討してはいかがでしょうか。

 
私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は、、、ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

よくある質問
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法