不動産屋の選び方(家の売却)/嘘ばっかりの会社事情

家を売却するときに不動産屋ってどうやって選んでいますか?

  • 悪い不動産屋でないこと
  • 良い不動産屋であること

では、不動産屋の良し悪しを判断する基準ってなんですか?

わたし
わたし
不動産屋を選ぶのってケッコウ難しいんです!
不動産屋を選ぶ具体的な手順。

  1. 近隣の不動産屋をピックアップ
  2. ピックアップした不動産屋から絞り込みます
  3. 不動産の売却が得意な不動産屋か?
  4. ポータルサイトに物件掲載をしているか?
  5. ポスティングはしているか?
  6. 悪徳不動産屋でないか?

ひとつ注意です!

ここに紹介する内容は、家を売るときの「不動産屋の選び方」です。
不動産仲介でも、賃貸は別の選び方になります。ご容赦ください。

【損をする】知らずに売り出すの危険です

査定金額の比較だけじゃない!!
・高く売るノウハウ
・簡単な入力だけ
・無料で利用できる
・個人情報の取扱い安心

売れるNO.1営業が担当する。
【HOME4U】

家の売却が得意な不動産屋か?

基本的なことなんですが、不動産屋には二種類の業務があります。これは「賃貸(ちんたい)」と「売買(ばいばい)」ですね。

どちらも同じく住宅を扱っているんだから、同じ営業さんが賃貸・売買の両方を紹介してくれるんでしょ?と思われるかもしれません。しかし、そんなスーパーな営業さんは皆無です。売買営業は、賃貸業務が分かりません。(私もその一人ですが・・・)

多くの不動産屋は、ひとつの会社のなかに「賃貸部門」と「売買部門」をおいて相乗効果を狙っています。しかし、どの不動産屋にも得意不得意があって、賃貸が強い会社と、売買に強い会社があります。

家の売却を依頼するのに、賃貸に強い不動産屋に頼んでしまっては、なんか心細いですよね?

では、どんな不動産屋が売買に強いのでしょうか?

まず、分かりやすいのは会社の名前です。

  • ◯◯不動産販売
  • ◯◯住宅販売

このように社名に「販売」という単語がついていることで不動産売買に強いことが分かります。

例としては、「住友不動産販売」ですかね~大手としては・・・。

つぎに判断の基準となるのは、営業さんの人数比較です。

これは、調べたい不動産屋のホームページを覗いてください。スタッフ紹介というページがあります、ここで賃貸営業の人数と売買営業の人数を比べてください。

不動産の売買が得意で、力を入れている不動産屋は、例外なく売買営業の人数が多く在籍します。

ポータルサイトに物件掲載をしているか?

「なんか掘り出し物の家は売り出してませんか~?」
こんな感じで不動産屋に来店するお客さんは(最近では)いません!

ほとんどのお客様は、ネットで物件情報を細かくチェックして、内覧予約をしてから不動産屋に来ます。

だから不動産屋はインターネットに物件情報を掲載しています。

悪徳不動産屋
悪徳不動産屋
物件のネット掲載?
当然してますよ!

こう答える不動産営業は多いのですが、問題はどのサイトに掲載しているか?なんです。

超大手の不動産屋によくある勘違いですが、自社運営サイトに掲載して終了!
これでは、お客様は見てくれません。

見られていない物件情報は掲載してないのと同じですよ!

上記のような、不動産ポータルサイトを経由して一般ユーザーは物件を探します。だから、これらに物件掲載をしていないと見られる可能性がないんです。

※アットホームに物件を掲載すると、自動的にヤフー不動産にも掲載されます。ですから、どちらかをチェックすればいいですね!

どの不動産屋も、すべてのポータルサイトに物件を掲載しているわけではありません。
掲載するには、お金がかかります。(しかも安くない!)

どの不動産屋が、どのポータルサイトに掲載しているのか、各ポータルサイトをチェックしていきます。
これは時間がかかって、慣れないとかなり面倒です。

不動産一括査定を利用して、すべての不動産屋に「使っているポータルサイトはどこですか?」と聞いてしまうのもいいですね!

チラシのポスティングはしているか?

ポストに投函される不動産のチラシって迷惑ですよね!
でも、意外にチラシは効果があります。

ポストに投函されたチラシ

毎日毎日、同じチラシを投げ込んでいく不動産屋は問題です・・・。
でも、週に一度とか、定期的に投函しにくる不動産屋は、売り出し物件の広告として安定感があります。

実際、遠方の不動産屋に売却を頼んでしまうと、ポスティングがなく、不安になる売主が多くいます。

「家を売却しようかな?」と思いはじめたら、一ヶ月くらい投函チラシを集めてみてはいかがですか?どの不動産屋の投函が多いかが分かります。

一生懸命、物件の紹介チラシを投函する不動産屋は、選択肢に入れる必要があると考えます。

悪徳不動産屋でないか?行政処分の有無をチェック

不動産取引は、ちゃんとしていないと消費者が多大な被害を被ります。だから、不動産屋を監督する国土交通省は悪徳不動産屋の情報を公開しています!(怖いですね~)

【国土交通省】都道府県知事が行った監督処分情報

negative0705

このサイトでは、都道府県ごとに、宅建業法に違反して処分を受けた業者名と処分の内容が記されています。

いくつかピックアップした近所の不動産屋の名前がないかチェックしてみましょう。

プレゼントが貰える査定サイトも!

あと100万円高く売る!不動産査定サイトの仕組みと一覧表
家の売却で最初のステップとなるのが売却査定。 高い値段で売り出して、いつまでも売れないと困る とはいえ、相場よりも安い値段で売れてしまったら損をする 不動産屋の売却一括査定って、どんなしくみ(仕組み)なのか? ...

【おまけ1】業者の更新回数をチェック

これも、不動産屋のホームページをチェックして分かる内容です。

不動産会社には、(営業許可の)免許の更新があります。つまり、長く営業している不動産屋ほど、更新回数が多いんです。

  • 東京都知事免許(1)第987654号 ◯◯不動産
  • 東京都知事免許(4)第123456号 △△不動産

真ん中のカッコの中の数字が更新回数、数が多いほうが古くから不動産業をしていることが分かります。

ただし、古くから営業していれば、それがいい不動産屋である証拠とは言い切れません。よっぽど悪いことをしないと、不動産屋(宅建業者)の免許が取り消されたりすることはありません。

ですから、これは「悪い不動産屋ではないこと」の目安として確認する程度だと思います。

【おまけ2】ネットの口コミはあてにならない!

あの駅前の不動産屋って評判はどうなんだろう?

  • ◯◯駅前不動産 評判
  • ◯◯駅前不動産 口コミ

こんなキーワードで検索して調べる方もいらっしゃいます。でも、たいていは書かれている内容にガッカリしますよね!

求めている情報(第三者による評価)が無かったり、あったとしても、その不動産屋のホームページに掲載された、「自作自演で、やらされ感満載」の褒めまくった内容で、不動産屋に都合のいいことしか書いていません。

こんな口コミでは、不動産屋を選ぶ基準にはなりませんね。

【おまけ3】成約実績はウソばっかり

不動産屋のチラシでよく見かける”成約実績”ってありますね!
あの広告は、不動産会社の営業が適当につくった数字です。(残念)

【当社成約実績一覧】

  • ◯◯マンション:23件
  • △△マンション:45件

コンプライアンスに厳しい大手不動産会社は、一定の基準で成約数をカウントしています。しかし、中小の不動産屋と言ったらヒドイもんです。「他社が10件だからウチは20件」みたいなノリです。

不動産屋が自社運営するホームページの内容はさらに悪いです。一度も売却されたことのないマンションが「成約実績」としてアップされていたりします。

不動産屋の選び方、まとめ

チェックして、絞り込んだ不動産屋は、実際に会って話を聞いてみるのがいいですね。

一括査定で多くの不動産屋に会って、同じ質問を全員にすると簡単にわかります。

  • 不動産売却の実績は?
  • 物件掲載をするポータルサイトは?
  • 売り物件のポスティングってしますか?
  • 行政処分とか受けてないですよね?
  • あなたは宅建士の資格持ってる?

宅建士の資格は、持っていなくても不動産会社で働けます。
でも、宅建士の資格を持ってないのに、不動産の取引に携わるのはどうなんでしょう?

宅建士の試験は難しいですけど、まじめに勉強すれば合格する試験です。

毎年不合格の人は、仕事に対する熱意がないと感じてしまうのは私だけでしょうか・・・。

街の不動産屋では300万円損をする!

・仲介の1・2・3位まとめて査定
年間成約11万件超の実力
・売却サポート・フォローがVIP待遇
・担当営業の宅建保有率96%以上
・大手なら個人情報の取り扱いも安心
・すぐ売らない!査定だけでもOK!
・住宅ローンが残っていても大丈夫!

査定額を無料で比較【すまいValue】

プロフィール

  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?

入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった、管理人のプロフィール!

さやかのプロフィール

売れる不動産屋の探し方
宅建士さやかの家を売る方法