不動産屋が使う業界用語一覧

これまで、不動産の売買仲介に関するとりとめのない事を、思いつくままに書いてきました。でも振り返ってみて、ちょっと反省したんです、もしかして、読んでくださる方に伝わていなんじゃないかって?

そこで、不動産業界の専門用語というか業界用語というか、私たち不動産屋が普段使っている言葉をまとめて紹介しようと考えました。

ここに紹介するのは、不動産業界の中でも「売買仲介」部門で頻繁に使用される専門用語です。

随時、加筆をしていきますので長い目で見守って欲しいページです。

預かり・預かり物件

専任・専属専任媒介契約を締結した、売り出し物件のことを「預かる」とか「物件を預かる」といいます。

  • それは、弊社の預かり物件です。
  • 私の預かり物件も紹介お願いしますよ~

こんなふうに使います。

預かり物件は、一般媒介を結んだ物件では、使われません。あくまで単独で売り出す依頼をいただいた、専任・専属専任の物件を意味します。

案内ボーイ

「案内ボーイ」って、あんまり使われない不動産用語かもしれません。意味は「案内だけをする営業見習い」で、人を指す言葉です。

ウチの預かり物件を紹介してくれる業者が鍵を取りに来たんですけど、
その営業さん「名刺を持っていない」っていうんですけどどうしますか?

あ~ そうか、たぶん案内ボーイだろう!
業者に電話して確認がとれたら鍵を貸し出していいから。

紹介する物件の鍵を取りに行ったり、車でお客様を案内して回る係の新人営業を「案内ボーイ」と言うそうです。

もちろん、案内が終わったらお客様を営業所に連れて帰って、クロージング担当の営業さんに引き継ぐのでしょう。
ちなみにウチの会社には、そういう役割の人がいないので、聞いた話です。

物確(ぶっかく)・確認

物確(ぶっかく)・確認は、物件の確認という意味です。

物件確認は、他社の預かり物件に対して行われるもので、その物件が紹介可能なのかどうかを電話で確認する作業です。

わたし:確認お願いします。3丁目の◯×マンション3500万円、まだございますか?
業者:大丈夫です!ご紹介お願いします。
わたし:がんばります。

配属された初日に電話を取ったら、「確認お願いします」って突然言われてビックリしました。(汗)

研修では業界用語まで教えてくれないので、現場で慣れていくしかないのです。

話あり(はなしあり)

話あり(はなしあり)は、物件確認をしたときに返答される言葉です。

具体的なお客様との交渉が進んでいる物件で、他社の紹介を受け付けていない状態の物件を指します。

わたし:確認お願いします。3丁目の◯×マンション3500万円、まだございますか?
業者:その物件は「話あり」です。
わたし:そうですか、またお願いします。

当物(あてぶつ)・決め物(きめぶつ)

順序が逆ですが、決め物から説明します。

決め物は、紹介するお客様に(営業が)決めて欲しい物件のこと。
当物は、決め物を紹介する前に見せて引き立て役になってくれる物件のことです。

当物は、同じ価格帯・平米数なのに、決め物に比べて魅力のない物件が選ばれます。

先輩、私の預かり物件を当物(あてぶつ)に使わないでくださいよ~

仲手(ちゅうて)

仲手(ちゅうて)は「仲介手数料」のことです。略語ですね。

わたし:今日は午後から契約なんです。
上司:ちゃんと仲手の半金いただくんだぞ!
わたし:はい。

客付け(きゃくづけ)

客付けは、賃貸の現場でよく使われています、売買では使われることはありません。(たぶん)

賃貸物件に、入居者をつける(契約させる)ことを指す言葉です。

頑張って客付けします。

現調(げんちょう)

現調(げんちょう)は、「現地調査」の意味です。似たような言葉に物調(ぶっちょう)・物件調査があります。

不動産の販売活動前には、販売図面と呼ばれるチラシみたいなものをつくるのですが、図面に記載しなければいけない物件概要が決まっています。

現地での調査も必要ですし、分からなければ役所に行って調べたりもします。

営業:現調(げんちょう)に行ってきます。
上司:寄り道すんなよ!(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする