不動産屋が訪問査定をしたがる真の理由。

自宅のマンションや一戸建てを売却するとき、利用するのが「不動産の一括査定サービス」だと思います。

ポストに投函される(近隣)中古不動産のチラシをこまめにチェックしていれば、不動産の売却価格に(ある程度の)相場感を持っているかもしれません。
でも、実際に自宅である不動産にいくらの値がつくのか、公平な立場でプロに見て欲しいという気持ちがあるでしょう。

一括査定では「机上査定」といって、お部屋の状態を確認しないまま、ある程度の相場感で出した売り出し価格があります。
これに対して、訪問査定(内覧査定ともいう)といって、お部屋や建物の状態を実際に拝見してから査定する売り出し価格もあります。

不動産屋が訪問査定・内覧査定をしたがる本当の理由を説明します。

じつはお部屋の状態に興味が無い不動産屋

「実際にお部屋を拝見しないと正確な査定金額をお出しできません。」

このように不動産屋に言われて、しぶしぶ訪問査定を受け入れる方も多いのではないでしょうか。

しかし、不動産屋はそれほどお部屋の状態を気にしていません。とくに売却しようとする不動産がマンションである場合は、ほとんどお部屋の中を見なくても売り出し価格の見当がついています。

人が住んでいれば、お部屋や設備が傷んでいるのは当然だし、築年数によって経年劣化の度合いはだいたい想像がつきます。

マンションの場合、部屋番号が分かれば、東京カンテイというデータベースで、新築時の間取りを購入することができます。
お部屋の専有面積は、登記されている謄本を閲覧すれば正確に知ることができます。
また、過去の成約事例(売れた値段)をレインズで確認すれば、売り出し価格の予想がつきます。


では、なぜ不動産屋は訪問査定・内覧査定をしたがるのでしょうか。

この理由は、不動産屋が「所有者に直接会って話をする」のが目的だからです。

「お部屋の状態をチェックしたい」というのは不動産屋の口実に過ぎず、本当は「直接、所有者に会って話がしたい」。そして、あわよくば「その場で媒介契約を締結したい」というのが本当の狙いなのです。

媒介契約というのは、「あなたの会社(不動産屋)で売りだしてください」ということを約束する契約です。

訪問査定・内覧査定をうける所有者にとって、沢山の不動産屋を受け入れるのはストレス以外のなにものでもないでしょう。

だから、ちょっとでも感じのいい不動産営業が訪問査定・内覧査定にやって来ると「オタクの会社にお願いします」と簡単に媒介を決めてしまいます。

本当にこういうケースが多いので、不動産屋は他社よりも先に所有者に会って、媒介契約を結びたいのです。

 

売り出す不動産屋の見極め方

不動産の査定で分かる担当営業の見極め方でも紹介しましたが、不動産の売却をお願いするのは会社ではなく、人(担当者)で選ぶべきだというのが私の持論です。

同じものが一つとしてないと言われる不動産ですから、その(不動産)取引自体もレアケースのオンパレード。

経験の少ない不動産営業は少なからずミスをします。
ミスをして営業は成長するのですが、売り主さんとしては、所有する不動産の取引でミスは歓迎できないでしょう。

キャリアのある不動産営業には、(過去の失敗の数だけ)独自のノウハウがあると言っていいと思います。


先に記しましたが、面倒だからといって最初に来た感じの良さそうな不動産営業に任せてはいけません。一人会っただけでは、比較することができないからです。


不動産の営業なんてみんな同じだろ?
って思うかもしれませんが、能力の差は歴然としています。
ですから、訪問査定・内覧査定で腰を据えて不動産屋を選ぶ必要があるのです。

具体的には、いくつかの質問を事前に用意しておき、
査定に訪れた不動産営業の全員に質問するのがいいでしょう。

答えに正解はありませんが、具体的な事例で説明して、あなたが納得することができれば、それが正解だと思います。


訪問査定・内覧査定は、不動産売却の第一歩。
このステップをいい加減に通りすぎてしまうと、後に苦労することになります。

付き合う担当者を決めることはとっても大切なことだと思います。

 

訪問査定・内覧査定の注意点

実際にお部屋を見せていただかないと正確な査定金額をお出しできません。
こう言い切ってしまった手前、不動産屋は訪問査定・内覧査定で一通りお部屋の中を見て回ります。

まあ、実際にはお部屋のコンディションにそれほど興味がないんですけれどもね。

ただ、お部屋の掃除には人柄が表れるので、私たち不動産屋は自然に目が行きます。

一見、キレイに片付いているようでも、エアコンの上部や、コンセントカバーの上部にホコリが溜まっていたりすると、「普段から掃除はしない人だな!」と判断します。

また、本棚に並んでいる本のジャンルはチェックしてしまいますね。
スピリチュアル系な本が並んでいると身構えてしまうし、小難しい本が並んでいると面倒くさそうだと思います。

見せたくないもの・都合の悪いものは、訪問査定で見せる必要はないです。

私たち不動産屋もとくに見たくないですし・・・。

ただ、壁に大きな穴が空いていたりとか・・・、売却価格に大きく影響することは、事前に教えていただいたほうが、後でトラブルにならなくて済みます。

私がオススメする不動産査定。

不動産売却一括査定ランキング1位
あの6社のエース営業が担当する!

不動産会社、最大手の6社から、それぞれ売れるNO.1 営業が担当する査定サイト。

比べて分かる、販売実績・広告量・安心感!
エース営業が競い合う査定サイト すまいValue

すまいValueの評判・口コミをみる

すまいValueに参加するBIG6!

  • 住友不動産販売
  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 小田急不動産
  • 野村不動産アーバンネット
  • 三菱地所ハウスネット

card0531_2
  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?
入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった「管理人のプロフィール」を大公開!宅建士・さやかのプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする