住宅ローン返済中の家を売ることはできますか?

q1住宅ローン返済中の家を売却することはできますか?

約9年前に新築の分譲マンションを購入して、現在も住んでいます。
ところが、この9年間で収入がジリジリと下がってきて、このままいくと、いずれ住宅ローンの支払いが出来なくなると思います。(妻もパートをして支えてくれていますが、それでも厳しいです)

マンションには「このマンションを買いたいお客様がいます」というチラシがポスティングされていて、まだ多少の余力がある今のうちにマンションを売ってしまおうかと思い至りました。

不動産屋のチラシによると、マンションは思っているより値段が下がっていないようです。
いま売れば、ローンの残債を差し引いても500万円くらいは手元に残るのではと、捕らぬ狸の皮算用をしています。

そこで心配なのが、”住宅ローンが残っている家を売ることができるのか?”ということです。
家を売った後の手続きや、ローンの扱いがわからないので教えてください。

当サイトにお寄せいただいた、不動産売却に関する質問にお答えしています。

住宅ローン返済中の家でも売却は可能です

家を売りたい人が一番されているのは住宅ローンのことで、「ローンが残っているんですけど」と最初に相談されることがほとんどです。

大丈夫です!
住宅ローンを返済中のマンションでも問題なく売却することができます。

ローン返済中の家を売却するのは、珍しいことではありません。
住宅ローンは最長35年にも及びますから、ローン完済前に家を売却することのほうが多いのではないでしょうか?

ご質問いただいた内容を拝見すると、売却・ローン返済しても500万円ほど手残りがあるようですね。(仲介手数料の3%も計算に入っていますか?)

住宅ローンのある家の売却手順

  1. 住宅ローンの残債額を調べる(返済予定表・年末残高等証明書)
  2. 不動産一括査定で、売却相場を知る
  3. 不動産屋を選ぶ
  4. 売却を開始する
  5. 不動産売買契約の締結
  6. 残金決済・引渡し日の確定
  7. 金融機関に住宅ローン一括返済を依頼
  8. 残金決済・引き渡し
  9. 買主から受領した売却金でローンの一括変換
  10. 抵当権の抹消手続き
  11. 所有権移転登記

大事なポイントとしては、残金決済・引渡し日は決まったら、すぐに住宅ローン一括返済の手続きを依頼することですね。経験の浅い新人不動産営業は、このチェックを怠って決済できないことがあります。

売り出す不動産屋を決めたら、手続きについては、担当さんになんでも相談することができますので、心配なさらなくて良いかと思います。

少しずつ世帯収入が下がっていくこともあります。
そんなときに頼りになるのは不動産。

家は大切な資産ですから、厳しくなったら売ってお金に換えることができるのが、不動産を保有する大きなメリットです。

 
私のオススメする一括査定
大手を選ばない理由は、、、ない!

売却実績と販売のノウハウで安心の大手6社による不動産査定。
あなたの大切な資産を大手6社が査定&提案

コンプライアンスを重視する大手は個人情報の入力も安心
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・千葉・埼玉なら・・ソニー不動産

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

よくある質問不動産売却の手続き
宅建士 さやかをフォローする
家を高く売る方法