家やマンションをすこし高く売る!簡単に実践できるポイント

売り出した家やマンションを、すこしでも高く売りたい!
この「すこし」がどの程度の金額なのかは、人によって違います。

もしこの「すこし高く」が50~90万円程度なら、売主さんにご協力いただければ簡単に高く売れる数字です。(大風呂敷を広げて大丈夫かしら・・・)

なぜなら、売主がちょっと努力して案内(内覧・内見)を工夫することで、買主からの価格交渉(値下げ要求)を回避できると考えられるからです。

簡単に実践できる、家やマンションをすこし高く売るポイントを紹介します。

やっぱり掃除は大事

これまで100回くらいは口にしてきたと思いますが、家を売却するときには整理整頓が大事です。

ホコリひとつ落ちていない店内、
キレイに磨き上げられた商品、
バシッとスーツを着こなした店員さんに、

「ちょっと安くしてほしいんだけど!」
こんなふうに言えませんよね・・・。

あなたが売ろうとする家を価格交渉させないとは、こういう姿勢のことを指しています。

普通に考えて、わざわざホコリが溜まっている商品を買おうというお客様はいませんよね。
靴を買うときにも、洋服を買うときだって、かわいいお店でキレイに展示してある商品を選ぶほうが気持ちよく買えます。

うっとりするくらいモノを減らしてください。

お客様は、家も欲しいんですけど、
本当の気持は、自分と家族の豊かな将来を夢見て家を買おうとしているんです。

お客様に夢を持たせてあげましょう。
そうすれば、「値下げして欲しい」なんて言われません。

全室の照明を点けてお迎え

マンションの部屋

お客様が見学にいらっしゃる前には、必ず全部屋の照明を点けて、お客様をお迎えしてください。

見た目の印象は一瞬で決まるといいます。
各部屋に案内され、照明をつけるまでの、その一瞬で「暗いな、思ったより狭いな」と思われては損ですね。

どうせ、全室を見て回るのですから、あらかじめ照明は点けておきましょう。

廊下も、階段も、トイレや、お風呂も全部です!

特に玄関の印象は大事です。
40Wとかシックな電灯ではなくて、60Wに替えれば、パッと華やいだ雰囲気を演出することができます。

案内前に窓を開けて換気を!

玄関を入ったときの、家の臭いが気になったことは誰にでもありますね。

売却物件の案内の順番

  • 玄関から入って
  • まずはリビングへ
  • リビングの日当たりや眺望を確認
  • 続いて各居室を見て回り
  • トイレ・お風呂・キッチンを確認
  • 最後にリビングに戻る

気持ちのいい風

リビングに心地よい風が感じられれば、清潔な室内をイメージさせることができます。
少し風を入れるくらいでいいので、家全体の換気をしてください。

売主は、ずっとその家に住んでいるので、臭いに気づかないことが多いです。
臭いが原因で変なイメージを持たれるより、簡単にできることは実践しましょう。

ペットと子どもは外へ

落ち着いてお客様(買主)に見学してもらうためには、小さなお子さんやペットは、できるだけ外に連れ出しておいたほうが良いでしょう。

ペットは臭いの問題もありますし、子どもは静かにしていられないことも多いですね。
子どもを静かにさせようと、テレビを観せたり、ゲームをやらせたりするのは逆効果です。

生活感は、お客様の「人生最大の買い物という夢」から醒まします。

マンションの売却に強い不動産屋が揃っている → マンションnaviの評判・口コミ

毎回、準備をするのは大変!
だから高く売れる

毎回毎回、案内のたびに徹底的に掃除をするのは大変です。
また15分前には換気して、5分前から全室の照明をつける。

でも、毎回しっかり準備してくださる売主も少ないので、やればそれだけで差別化ができます。

買主は、購入する家の価値を正確に判断して価格交渉をするのではありません。
なんとなく、値下げしてもらえたらラッキー!と思って購入希望額を買い付け書に記入します。

「安くしてもらえそう!」
こんな安易な空気感を排除すれば、厳しい指値が入ることはありません。

キチッとした売主には、値引き交渉ってしにくいものです。
そのためにも、しっかり準備して、万全の体制でお客様(買主)を迎えることが、売主にとって一番大事なことだと考えます。

 
私のオススメする一括査定
大手6社だけの安心感・圧倒的な販売力!

売却実績と販売のノウハウで安心の、日本最大手6社による不動産査定。
簡単な情報入力で、あなたの物件にピッタリの販売方法を大手6社が提案

コンプライアンスを重視する大手だから、個人情報の入力も安心。
販売実績・広告宣伝費も多い、大手6社の一括査定 すまいValue
しかも無料!

街の不動産屋は百万単位で損するかも?

東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!

あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?

  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

不動産売却のコツ
宅建士 さやかをフォローする
不動産売却のコツ|家を早く・高く売る方法