不動産売却の種類、仲介と買い取り

不動産の売却には、「仲介」と「買い取り」二種類の方法があります。

仲介は、不動産屋が一般のお客様(購入希望者)との間に入って、文字通り仲介業務を行います。

買い取りは、不動産屋自身が買い手となって、その不動産を直接買い取ります。

仲介(媒介) 買い取り
売るひと あなた あなた
買うひと 一般のお客様 不動産業者
不動産屋 購入するお客様を探す 直接、購入
売却金額 相場で売却 相場より安い
売却期間 長い
(3ヶ月~1年?)
短い
(1週間~1ヶ月)
広告宣伝 必要 不要
仲介手数料 成約価格の3%+6万円
3,000万円で売却なら96万円
無料(タダ)
売却後のクレーム対応 必要(瑕疵担保責任) 不要
内緒で売却 難しい ご近所に知られない

買い取りのメリット

仲介に比べ、売却金額が安くなる印象が強い買い取りですが、もちろんメリットがあります。

一番のメリットは、時間を買えること。

いつ売れるのか?
いつ見学が来るのか?

ハラハラしながら、家の掃除を毎週する苦労や、
ローン・管理費(マンション)・税金などをいつまで払い続けるのか、
将来がまったく見通せないことは相当なストレスになります。

買い取りの場合には、「◯◯◯◯万円でしたら購入します」と買い取り業者(不動産屋)がハッキリ言ってくれるので、住み替えのスケジュールも立てやすくなります。

売り時を逃すと安くなる

不動産価格は、時間が経過すれば安くなってしまいます。

高値を夢見て、仲介で売り出してはみたものの、一向にお客様は現れず、
結局、2年間売れなくて「買い取り」をしてもらうとさらに安くなっていたという話はよく聞きます。

不動産買取のメリット

  • すぐに現金化できる
  • 離婚・相続など急ぎの売却にピッタリ
  • 住み替えの計画が立てやすい
  • 見学の煩わしさから解放
  • 仲介手数料がかからない
  • ローン・税金などに無駄がない
  • 売ったあとはクレームが一切ない
  • 仲介で長く売れない場合は安くなる

買い取りは仲介手数料がかからないので、意外に手元に残る金額が多いのも特徴です。一括査定だけではなく、買い取りも視野に入れて売却計画を立ててはいかがでしょうか?

私がオススメする不動産査定。

不動産売却一括査定ランキング1位
あの6社のエース営業が担当する!

不動産会社、最大手の6社から、それぞれ売れるNO.1 営業が担当する査定サイト。

比べて分かる、販売実績・広告量・安心感!
エース営業が競い合う査定サイト すまいValue

すまいValueの評判・口コミをみる

すまいValueに参加するBIG6!

  • 住友不動産販売
  • 三井のリハウス
  • 東急リバブル
  • 小田急不動産
  • 野村不動産アーバンネット
  • 三菱地所ハウスネット

card0531_2
  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?
入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった「管理人のプロフィール」を大公開!宅建士・さやかのプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする