不動産売却の種類、仲介と買い取り

不動産の売却には、「仲介」と「買い取り」二種類の方法があります。

仲介は、不動産屋が一般のお客様(購入希望者)との間に入って、文字通り仲介業務を行います。

買い取りは、不動産屋自身が買い手となって、その不動産を直接買い取ります。

仲介(媒介) 買い取り
売るひと あなた あなた
買うひと 一般のお客様 不動産業者
不動産屋 購入するお客様を探す 直接、購入
売却金額 相場で売却 相場より安い
売却期間 長い
(3ヶ月~1年?)
短い
(1週間~1ヶ月)
広告宣伝 必要 不要
仲介手数料 成約価格の3%+6万円
3,000万円で売却なら96万円
無料(タダ)
売却後のクレーム対応 必要(瑕疵担保責任) 不要
内緒で売却 難しい ご近所に知られない

買い取りのメリット

仲介に比べ、売却金額が安くなる印象が強い買い取りですが、もちろんメリットがあります。

一番のメリットは、時間を買えること。

いつ売れるのか?
いつ見学が来るのか?

ハラハラしながら、家の掃除を毎週する苦労や、
ローン・管理費(マンション)・税金などをいつまで払い続けるのか、
将来がまったく見通せないことは相当なストレスになります。

買い取りの場合には、「◯◯◯◯万円でしたら購入します」と買い取り業者(不動産屋)がハッキリ言ってくれるので、住み替えのスケジュールも立てやすくなります。

売り時を逃すと安くなる

不動産価格は、時間が経過すれば安くなってしまいます。

高値を夢見て、仲介で売り出してはみたものの、一向にお客様は現れず、
結局、2年間売れなくて「買い取り」をしてもらうとさらに安くなっていたという話はよく聞きます。

不動産買取のメリット

  • すぐに現金化できる
  • 離婚・相続など急ぎの売却にピッタリ
  • 住み替えの計画が立てやすい
  • 見学の煩わしさから解放
  • 仲介手数料がかからない
  • ローン・税金などに無駄がない
  • 売ったあとはクレームが一切ない
  • 仲介で長く売れない場合は安くなる

買い取りは仲介手数料がかからないので、意外に手元に残る金額が多いのも特徴です。一括査定だけではなく、買い取りも視野に入れて売却計画を立ててはいかがでしょうか?


私がオススメする不動産査定。

不動産売却一括査定ランキング1位
エース営業が査定するHOME4U

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい
ありますよ!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加する査定サイト「HOME4U」 

優秀なライバル会社が多いので、不動産会社は売れるNO.1営業を担当させます。
HOME4U(ホームフォーユー)の評判・口コミ
  • 対応地域:全国
  • 査定料金:無料
  • 個人情報の管理が厳しい
  • 厳選された550社で悪徳業者は排除
  • 査定利用者数は日本最多の550万人
不動産売却一括査定ランキング2位
東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!


あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

ソニー不動産の評判・口コミをみる
  • 対応地域:東京・埼玉・千葉・神奈川
  • 利用料金:無料査定
  • 不動産種別:マンション・戸建て・土地
card0531_2
  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?
入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった「管理人のプロフィール」を大公開!宅建士・さやかのプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする