更地の売却査定には時間がかかる理由

結論から先に申し上げますと、更地の売却査定には多少時間がかかります。

「ちゃっちゃと値段を出してよ!」

売主さんの気持ちとして、「不動産屋なのにまだ時間がかかるのか?」という感じだと思います。


いい加減な査定額を提出するわけにはいきませんので、査定額の根拠となる数字を収集する必要があるのです。

また、そもそも更地の査定方法が分からないという不動産屋も多いのです。

困りますね。
計算機

建物がない更地のほうが圧倒的に売りやすい

所有する土地を売却するときに、古家を取り壊(解体)して更地にするかどうか、という悩みがありますね。

更地にすると固定資産税が高くなるという税法上の背景があります。

しかし、不動産屋としては「古屋付きの土地」よりも「更地」の方が圧倒的に売りやすいといえます。

  • 更地のほうが広く見える
  • 古家が汚らしく見えて不利
  • 買い主が解体費用を節約できる
  • 地中の埋設物を確認しやすい

上記のように、土地を早く売るため、高く売るためには更地にしておくのが有利で、不動産屋としてはありがたいのです。


唯一、更地にはせずに建物を残しておくべきなのは、調整区域内の土地です。

調整区域内の土地は、原則として家などの建物を建てることができません。
現況で家が建っているのであれば、それは「既存宅地」と呼ばれるものです。もしかすると、再建築(建て替え)ができる可能性があります。

取り壊す前に(仮に)建築確認を通してみると、建築確認が通るかどうかで、再建築が可能か不可なのかが分かります。
建築ができない調整区域内の土地は二束三文ですが、再建築が可能となれば宅地並みの価格が期待できます。

更地の売却には二種類の査定価格がある

更地に限ったことではありませんが、土地には二種類の売却査定価格があります。

  • 建築関連業者に売却する価格
  • 一般の買い主に売る価格

建築関連業者に売却するほうが、早く売れますが、価格は安くなりがちです。
反対に、一般のお客様に売れば、時間がかかる代わりに、高く売れる可能性があります。

不動産会社として、更地の売却査定をするときには、二種類の価格を売主さんに提案することになります。
ただ、建売業者などの関係者には概算金額を事前に打診することになるため、マンションなどに比べて査定に時間がかかってしまうのが事実です。

更地の売却実績が意外に少ない不動産屋は多い

無料で更地の価格を査定するサービスにも書きましたが、一口に不動産屋と言ってもその種類は多様です。

賃貸専門業者には、更地(土地)の売却査定を依頼しても無駄でしょう。

不動産業界のなかでも「宅建業者(たっけんぎょうしゃ)」というのが売買や賃貸の媒介(一般的には仲介)を行なう、いわゆる不動産屋です。
ただ、宅建業者と言っても毛色が様々なのです。

たとえば「アパマンショップ」という不動産屋の看板を見ると、アパートとマンションを取り扱っている事がわかります。
売買の仲介業もしていますが、8割がた賃貸の仲介業がメインです。

また、「◯◯地所」とか「◯◯土地」などという名前がついた不動産屋は、賃貸業もやっていますが、土地の売買を専門でやっていることが少なくありません。

他には「◯◯企画」なんていう不動産屋もみかけますね、こういう宅建業者は、その土地の地主に張り付いてアパート・マンションの設計や建築、もちろん売買も賃貸もやっているケースが多いです、何でも屋ですね。

「◯◯設計」なども宅建業者では、よくあります。もともとは建物の設計をメインにやっていたのでしょう。賃貸業務には詳しくなくても、土地や建物の売買にはノウハウがあったりするので侮れない存在です。

ざっと、思いつくままに挙げていきましたが、どこが更地(土地)の売買に強い不動産屋なのかが分かりにくいというのが実情です。

更地の売却には一括査定が便利

不動産業界の営業は、やや面倒くさい人が多いのも特徴です。
だから、一軒一軒、足を棒のようにして不動産屋を訪ねて歩くのは、時間がかかって大変です。

なかには、「この前の更地、ぜひ売ってください」と執拗に営業電話をかけてくる宅建業者も少なくありません。

最近、不動産の売却はインターネットによる一括査定が主流です。

私の勤める不動産会社でも、売り出し案件の7割以上が一括査定を経由した物件になっています。

  • 専門外の業者からは査定金額が届かない
  • しつこい営業電話がかかってこない
  • 査定金額の提示されたなかから選ぶ自由がある
  • すべての宅建業者を断っても構わない
  • 更地を売りださなくてもOK

一括査定は、更地の売却を検討している売主さんにとってメリットが多いです。

不動産業者にとっては、一括査定経由のお客様とは、良い意味でドライにお付き合いをすることができます。

私がオススメする不動産査定。

不動産売却一括査定ランキング1位
エース営業が査定するHOME4U

  • 大手不動産会社の安心感も大事だし・・・
  • 地元に強い不動産屋の意見も聞いてみたい
ありますよ!
大手不動産会社と地元不動産屋の両方が参加する査定サイト「HOME4U」 

優秀なライバル会社が多いので、不動産会社は売れるNO.1営業を担当させます。
HOME4U(ホームフォーユー)の評判・口コミ
  • 対応地域:全国
  • 査定料金:無料
  • 個人情報の管理が厳しい
  • 厳選された900社!!悪徳業者は排除
不動産売却一括査定ランキング2位
東京・神奈川・埼玉・千葉ならソニー不動産!


あなたの担当営業が、お客様(買い主)も同時に担当するって、ヘンじゃないですか?
  • 一万円でも高く売りたい売主
  • 一万円でも安く買いたい買主

利害が相反する両者を、同時に仲介することは、双方代理の恐れがあるのでアメリカでは禁止されています。(日本では今のところOK)

ソニー不動産は、両手取り引きを禁止し、売主の利益を最優先させる不動産会社です。

唯一のデメリットは関東の一都三県にエリアが限定されていること。
東京・神奈川・埼玉・千葉の売却物件は、「ソニー不動産」を強くオススメします。

ソニー不動産の評判・口コミをみる
  • 対応地域:東京・埼玉・千葉・神奈川
  • 利用料金:無料査定
  • 不動産種別:マンション・戸建て・土地

card0531_2
  • 早く売却・高く売却は両立する?
  • 売れない不動産の共通点とは?
  • 値下げ交渉される本当の理由とは?
入社から半年間、家がまったく売れなかった不動産営業が、お客様から聞いた◯◯をキッカケに、たった3ヶ月でトップセールスに変わった「管理人のプロフィール」を大公開!宅建士・さやかのプロフィール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする